スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さざれ石。洲本城の石の百面相

こんにちは。


ここは淡路島の洲本城。てへっ。


洲本城より見た洲本市。

1526年。安宅治興が構築し、後に脇坂安治が石積を設けた洲本城。

江戸期は、阿波蜂須賀藩から筆頭家老の稲田さんが城代としてやって来ましたが、その時は麓に政庁を行う「下の城」を作り、ここ「上の城」は棄却。


脇坂時代の様々な石積を観察出来ます。


にゅるん、としていたり、


ばしっとしていたり、


切り出したものの、残念ながら放置されていたり。


残念石、と言います。


大きさ比較。


防御に高さ不足と思ったのか、約4m拡張。
脇坂時代初期は、戦国の緊張感がばりばりです。


新築、増築、改築。


大手側(表玄関)の大石段。

この辺りは脇坂時代後期に改築しているのだとか。

誰か通らないかなーっと待っていたら、チェーンソーを手にした人が来て心底びっくり。
洲本城のお手入れをされてる方でした(;^_^A


大手側。石段を上った正面。玄関に魔除け。

搦手側(裏口)にもあります。


大手側。中に入ると

日本最古の模擬天守。必死に踏ん張ってます。

天守台の石積は

関ヶ原後の改築といわれ、角は「算木積」、面は穴太積。


東の丸では坂に合わせて斜めに上ってます。

東の丸は脇坂時代初期のもので、石積の高さも低く、本丸付近の石積とは様相が異なります。


一番古いと言われる部分。


ところで洲本城を歩いていると、真ん丸の石がころころ転がってるのですが。山の上なのに。


洲本城の石積に用いられている石の多くが「さざれ石」。


洲本城のある三熊山一帯の岩には、さざれ石が多く見られます。
石積は現場調達したようで。

さざれ石。
「学術的には『石灰質角礫岩』などとよばれる。石灰岩が雨水で溶解して生じた、粘着力の強い乳状液が少しずつ小石を凝結していき、石灰質の作用によってコンクリート状に固まってできる。」(wikipediaより)


君が代のさざれ石は、この固まったものではなく、小石のこと。


帰りに洲本八幡神社にお参り。


ごめんよー。


いつも応援いただきありがとうございます。洲本城はいろいろな石のお顔が楽しめるところ。ここも、「淡路島にも天空の城があったのだ」と売り出し中。竹田城のように手遅れになる前に、対策をとっておいて欲しいなぁと思うのです。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは~♪
残念石可愛いですねー(。^p〇q^。)プッ
これ、最高です!!

No title

こんばんは、kotodayoriです。

洲本にこのような城があったと、初めて知りました。(何回か行っていましたが)

またいろいろなところを紹介してください。
よろしくお願いします。

(すみません、リンクがうまく貼れていなかっとことに昨日気が付きました。貼りなおしました。今まで大変失礼いたしました)

まり姫様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。
歩いていて、なんか視線を感じましたの。
残念くんが、じぃーっと私を見つめていました。ふふふふ。

kotodayori様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

洲本温泉街からよく見える山が、城のある三熊山です。
上の城が使われていた当時は、木々はなかったでしょうから、よく見えたでしょうね。

城跡まで車で上がることが出来るので、巨大な石積群をぜひ。
大阪城や二条城とはまた趣の異なる、荒々しい石垣はとても素晴らしいです。

リンクの件ですが、あ、よかった・・・嫌われてしまったかしら、と思ってました。改めまして、よろしくお願い申し上げます。

No title

色んな石垣があって楽しい♪

よく昔の日本家屋って、建ぺい率ガン無視+やたらめったらチマチマ増改築でカオスになってるのがあるじゃないですか^^

なんだか、それ思い出して面白かった♪
狛ちゃは赤ソックスがお似合い♪

ぽちぽちぽちぽちーーーー

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

そうなんですよー。色んな石垣があって、楽しめるとこですのよー。
脇坂君の、あたふたあたふたした足跡が残っていて、むふふ、です。

カオスの家屋かぁ。
洲本城のように敷地があればどんどん増改築できるんでしょうねー。
ばしっと縄張りしてから建てたというより、とにかく作れー!って感じやったんでしょね。

狛チャ、改めてよく見たら、阿ちゃんが微妙に男の子でした。
そして忘れてたけど、この子、でっかい。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。