諏訪神社の狛犬ぱらだいす。蜂須賀家はわんこ好き?

こんにちは。


美形なのに不運な狐兄弟。


ちびっこ狛犬の群れ。


まだおった狛犬。

徳島市の諏訪神社。蜂須賀家政が創建したのよ、というお話をかっ飛ばしてもいいくらい、ここは楽しいお社。


やっと辿り着いた諏訪神社。

徳島市周辺は、鎌倉時代より伊予国地頭の河野氏が支配。
室町時代に細川頼之が四国地方にあった南朝方の勢力を討ち、現在の徳島城のある城山に小城を築きました。


ちょっと大柄な狛犬ズ。

頼之はこの辺りを中国の渭水に例え、この地を渭津、山を渭山と名付けたといいます。


どうしようかなー。

戦国時代、阿波の地は群雄割拠の時代となりますが、1582年(天正10年)、土佐国の長宗我部元親が侵攻し阿波が平定されました。


しめ縄飾りすら風にたなびく強風。

1585年(天正13年)、豊臣秀吉の四国征伐に勲功のあった蜂須賀家政(蜂須賀正勝の子)が阿波国18万6000石を賜り、徳島に入封。


がんばれー。

当初は徳島市西部の一宮城に入城しますが、山城故に不便。
入封早々に平山城の徳島城を築造し、翌年完成。

徳島藩主蜂須賀家は移封なく明治維新を迎えます。


この鳥さんのような三角のお顔、徳島の狛犬くんの特徴らしく。


手袋してマフラーぐるぐるにしてても、寒い。


好きと言いつつ、かーちゃんを踏んづけておりますが。


ふふふ。

1585(天正13)年。徳島藩主蜂須賀家政が豊臣秀吉の命により徳島城を築城した際に、創祀されたと伝わる諏訪神社。

「渭津五社」の随一と称され、蜂須賀家の崇敬を受けます。


奥に「渭津五社随一」の額。

「渭津五社」とは、もと渭津(渭山、猪山、城山、等と称す)にあった5社。現在残るのは諏訪神社、伊勢祠、住吉社、龍王宮、弁天社の4社。



祭神は、建御名方神(たけみなかたのかみ)。

建御名方神は神(じん)氏の祖神。
神氏の後裔である諏訪氏、他田氏、保科氏などの諏訪神党の氏神。


拝殿内部の奉納画。


本殿だけ真っ赤。

長野県諏訪市の諏訪大社を始め、全国の諏訪神社に祀られている建御名方神。

「関より東の軍神、鹿島、香取、諏訪の宮」(『梁塵秘抄』)とあるように軍神として知られ、また農耕神、狩猟神、風の神として信仰されています。


神紋の鎌。

神紋の鎌は、建御名方神が信濃国諏訪を領有するにあたり、「山国はイバラを切り開くが如しだぜ、べいべー」と、ぶーぶー言いながら鎌を用いたという故事によるもの。


丁寧に申したつもりなんですが。




絶景かなー。



諏訪神社は、藩主蜂須賀家の崇敬篤く、社殿の修理造営等は全て藩費で行われました。よかったよかった。



さぁて。帰ろっと。


せっかく石橋があるのだから、渡ってみましょ。


んまっ、まだ、おったー!


わんこさんなのに、八頭身。


みよーな色気のある狛犬くんです。


むっちり。


どうだっ。むちっ。


ここは諏訪神社の末社、事代主神社なのでした。

おや。お隣にまだお社があります。

天神社さん。


うおーう。おちびちゃんがおったー!

かわいいなー。徳島の狛犬くんって。


私もちびちゃんに会えて嬉しいぜ、べいべー♪

とても幸せな気分の諏訪神社でした。


さて質問です。

諏訪神社には、狛犬ズは何組いたでしょーか?


いつも応援いただきありがとうございます。狛犬くんに会いたくなったら諏訪神社へ是非。摂社末社にまでわんわんてんこ盛りでした。あ、美形狐兄弟も忘れないでねー。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。

狛犬くん、何組?の正解は、下の《続きをよむ》をポチっと。
正解は、



















狛犬11組♪



狐兄弟2組♪

でしたー。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは~☆

こちらの諏訪神社さんはほんと狛犬さんがたくさん居ますねΣ(・ω・ノ)ノ

様々な表情の狛犬さんが居まして、
とても賑やかで良い感じです♪

狛犬に注連縄というのも珍しいですね~

七森様

こんにちは。いつもお世話になっております。ご多忙の中、コメントいただきありがとうございます。

諏訪神社さんにこんなにいるとは思わず、とても楽しく過ごして参りました。
みんな少しずつ表情も体つきも異なっているけれど、何だか幸せそうな子ばかり。幸先良いスタートでした。

狛犬に注連縄。賑やかなお飾りをつけてもらって、笑っておりますねー。

No title

こんなに狛ちゃがいる神社は初めて^^

車よりビッグサイズを、どうやって運んだのか^^;
赤い車は、シャア・・じゃなくてつねまる様専用ですか?^^

お尻も尻尾の巻き具合もナデナデしたい~~
南国とはいえ、寒そうな風ですね^^

ぽちぽちぽち~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

諏訪というと、長野の諏訪大社を思い出します。
諏訪湖もあって夏には大きな花火大会もあるんですよ~
この諏訪神社は諏訪大社の子供みたいなものなのですかね~

No title

お邪魔しました。
うわーーっ、どーしよーごっちゃになって数えられない~!!
・・と思ってたら正解付きだったんですね~ホッ!
みなさま本当に個性豊かでカワユイですねー
高台で強風浴びながらも長い歳月ずっとお守りしてる姿が僭越ながらも健気に見えてしまい。。ウッと来てしまいます~

No title

こんにちわ。

私が単純過ぎるのか、狛犬はとにかく多ければ多いほどテンションが上がりますよねー!

時乃★栞様

ここんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

こんなに狛ちゃ( 〃▽〃)幸せになる神社ですよね。
赤い彗星様専用車は、残念ながらオールドタイプの私のもんではなく。
うまい具合にいたんで、ラッキーでしたー。

時乃★栞様、ものすごく運ぶのを気にされてますねー。
さては、どこぞに奉納予定とかー?ふふ。

おしりと尻尾は、なで回したくなりました。がまん。
このもったりしたシルエット、たまりません。がまん。

徳島は南国f(^_^)?うーむ。北の大地よりは、南国♪かなぁ。
四国でなら、土佐高知が南国かなー。

ちょうど山の影になったのと、かなりの強風で、んまぁー寒かったこと。手水でも失礼して指先だけ、ちょろっと。へへへ。

にゃんこ様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。その後体調はいかがでしょうか?政宗くんと、まったりされてますか?

そうなんですよね、諏訪といえば、諏訪大社。
とぉーーーーーい記憶しかないのですが、すごく荘厳だったような。
時々、ぶしゅーーっと吹き出す温泉があったような…。

諏訪湖の花火大会ですか!うわぁ、いいなぁ。行ってみたいなぁ。
遠いなぁ…(T_T)

そうですね、きっとこども。
花火大会、しないかなぁ。火事になるかなぁ。

でもこちらには狛犬ランドがありまする♪

No title

こんにちは~♪
太閤秀吉も蜂須賀家も愛知出身なのに津島神社がないですね~(笑)
熱田神宮とまではいわないけど、せめて自分が住んでいた地域の神社くらいは~~( ´゚ω゚`):;*.':;ブッ

おきまちあき様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

ぽ。

いつも狛犬ズをおほめいただきありがとうございます( 〃▽〃)
よく似た顔の子達が並ぶのではなく、十匹十色でとても楽しいお社で。

高台の強風、すごかったです。いろんなもんがブッ飛んでいきました。るるる。

そうなんです。健気なお子達の並ぶほっこりする諏訪神社でした。
まだおったー!っと言いつつ、顔は爆笑。うふふふ。

yuki様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

いやいや。

狛犬の数とテンションは、比例しますとも。

正面の巨大なおっさん&おばはん狛犬に始まり、美形狐兄弟から細々と並ぶ狛犬ランドは、本殿に到着する頃にはおかしなテンションになってましたよー。おほほほ。

まり姫様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。
お仕事、落ち着かれまして?

なんというか、ですなぁ。愛知は戦国武将を輩出したのに、みんなもれなく故郷を忘れ。そんなに嫌か?っと思うのですよねぇ。

津島神社もあったさんも、ないのだなぁ。
お寺は住職さんごと連れてきてるのは菩提寺の関係でしょうけど、神様も連れてきたっていいじゃん?っと思いますね。ぶう。

No title

おばんでござる~♪

あのー、つかぬことをお尋ねもうしますが、鹿介くんの右腕・立原久綱は
上月城が墜ちた後に蜂須加さんを頼り阿波の渭津に居住したそうですが、
立原さんを見かけなかったですねー

まさか10番目の狛さんになったとか、地元の人たちは言っていなかった
でしょうかのー。
けっこう気合が入っている狛さんのようですから・・・。

No title

こんばんは。

徳島にも諏訪神社があるんですね。
諏訪神社って、本当にたくさん勧請されてるんだ。
御柱はあるのかしら。
諏訪神社=鎌 の意味が初めて分かりました。

ところで、狛犬さん達、注連縄、橙を飾られているのが多いですね。
私が良く見ていないだけなのか、関西の狛犬さん達の特徴なのか。
今度、良く見てみますね。
諏訪大社、来年が御柱祭なんですよ。
死者が出ても構わずに続けられる御柱祭。
その歴史に、とっても興味があるんです。

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。
毎日の家事、お疲れ様でございます。私も布団が干したいです。

諏訪神社、多いですね。それだけ力のある神様なのでしょうねー。
御柱はさすがになかったです。蜂須賀家政が建立する前は別の場所にあったようなので、その時はあったのかなぁ。

鎌を見たら、諏訪神社?と思うのは、初めて神紋というものを意識したのがどこか他所の諏訪神社だったもので。
なんだか力強くて好きです。

あ、橙は、訪問したのが成人の日を含む連休だったので、まだ松ノ内だったからかと思います。注連縄も新しくなっておりましたし。

かわいかったです。だいだい。
・・・万見仙千代様のコメントで、あ、ミカンじゃなかったー!っと気づきました。やってしまった・・・(T△T)

お。諏訪大社、来年が御柱祭ですか!
中日新聞のトップに画像付きで載っていたのは見た記憶があるのですが、やはり現地で見たいなぁー。
御柱って、立っているだけで、ぞくぞくします。歴史、気になります。

来年の万見仙千代様のブログを楽しみにしてまっす♪

piglet01様

おばんですばぁ~い♪いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

鹿くんの右腕は恥ずかしがって姿を見せてくれなかったですばい。
鳥居前のお団子屋さんに化けてたのかしら?
酢じゃなくて、すだちの酸味を効かせた巻き寿司が美味しかったですのよ。

ものすごーく気合の入った狛犬ズの中に紛れていたのかなぁ。
はっ。もしや、しょぼぼんってしてる美形狐弟に化けてたのかしらー!?

しかし、立原久綱くん。ほほう。気になりますねぇ。
何ですか、また徳島へ行け、と?うふふふふ。

内緒様

ふぁいっ♪
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼