四方の海と日本初の「第九」全曲演奏。板東俘虜収容所。

こんにちは。


カイゼル髭さん、こんにちは。


ドイツ人俘虜達が暮らした鳴門市の板東俘虜収容所。


義勇兵が多かったため、彼等の技術を生かした収容所の生活。


収容所の食事がお口に合わず、ソーセージやチーズ、パン等を自作。


ドイツ皇帝の誕生日やクリスマスには、ドイツの歌を合唱し、皆でわいわい。お酒もオケー。

他には、ドイツ人俘虜が編集者となり新聞を発行。
ドイツの戦況や日本の状況や文化等を記事にしました。

また、楽器を演奏する技術を持った俘虜達による「へルマン・ハウゼン楽団」が結成されます。



彼等により、ベートーベンの交響曲第9番が、ここ、板東俘虜収容所において日本で初めて全曲演奏されました。

ソプラノはいませんので、男声で置き換えて演奏。

映画「バルトの楽園」では地域住民を招待していましたが、実際は収容所内でのささやかな演奏会だったといいます。




【ドイツ敗戦と松江所長の言葉】

1918年。ドイツの敗戦が板東俘虜収容所にも伝わります。

収容所でひたすら自国の勝利を祈っていた俘虜達。
動揺は激しく、将校も兵士も、ドイツ人としての誇りを失いかけます。

1919年。パリ講和会議。6月28日、ヴェルサイユ条約締結。


松江所長がドイツ人俘虜達に語った言葉。

「諸君。私はまず今次大戦に戦死を遂げた敵味方の勇士に対して哀悼の意を表したい。

もとい。

いま敵味方と申したが、これは誤りである。

去る6月28日調印の瞬間をもって、我々は敵味方の区別がなくなったのであった。
同時にその瞬間において、諸君はゲファンゲネ(俘虜)ではなくなった。
ドイツ国民の一人一人であり、一個の自由なる人間になったのである。(中略)

さて、諸君が懐かしい祖国へ送還される日も、そう遠くではないと思うが、既に諸君が想像されているように、敗戦国の国民生活は古今東西を問わずみじめなものである。

私は幼少期において、そのことを肝に銘じ、心魂に徹して知っている。
それゆえ、帰国後の諸君の辛労を思うと、今から胸の痛む思いである。(中略)

どうぞ諸君はそのことをしっかり念頭において、困難にもめげず、祖国復興に尽力してもらいたい。」




徐々に帰国するドイツ人俘虜達。

松江の「命令遵守に感謝する」との言葉に、クルト・マイスナー(通訳・日本語講師)が答えます。


「貴方が示された寛容と博愛と仁慈の精神を我々は決して忘れません。
そしてもし、我々より不幸な人々に会えば、貴方に示された精神で挑む事でしょう。

『四方の海みな兄弟なり』という言葉を我々は貴方と共に思い出すでしょう。」



このクルト・マイスナーの言葉の持つ意味。


「四方の海」は、明治天皇の御製。
欧米列強がアジアを侵略し、ロシアが日本を虎視眈々と狙っている時代に詠まれた歌。

四方の海 みな同朋(はらから)と 思ふ世に
など波風の 立ちさわぐらむ


(四方の海はみな同胞(兄弟)と思うこの世になぜ波風が立ち、騒ぎが起こるのであろう)


【ドイツ人達の残したもの】


 1919年8月に収容所の片隅に作られた慰霊碑。

収容所で亡くなった11名の仲間を弔うため、帰国前にドイツ人俘虜達が建立。



板東俘虜収容所の近くの大麻比古神社の境内にある「ドイツ橋」。

1919年4月初旬。ドイツ人俘虜たちが地域住民との親交の記念として建築。2ヶ月で完成。

川床の土台を強固にして、セメントを一切使わずに寸分の狂いなく積み上げられた石橋は、100年程が経過しても微動だにしておりません。



建築には、地元から相応の建築費が出されることになっていましたが、ドイツ人俘虜達はそれを固辞。

何故?

ドイツ人俘虜曰く

「松江大佐が、我々俘虜に創造の喜びと働く意欲を駆り立ててくれたことこそが最大の報酬です。」


1920年4月。収容所閉鎖。



【松江の息子が語る「父の性格」】

所長の松江豊寿は1922年に陸軍少将。
同年12月。会津若松市の市長に就任。

約3年間勤め、白虎隊の慰霊碑を整備するなど地元会津のために尽力。

そして。

1982(昭和57)年。87歳で永眠。


松江の息子さんは語ります。

「(収容所所長であった父のことを)、アウシュビッツやソンミ村事件に比べて、ヒューマニズムという言葉でいう人もありますが、ヒューマニズムというような今日的な言葉よりも、「武士の情け」という言葉のほうが、一番ぴったりしているように思います。

父は武士らしい厳しさと、強い正義感をもつ反面、人間を全面的に信頼し、情にはひどくもろいところがありました。」



■アウシュビッツ
第2次世界大戦のナチスドイツがユダヤ人の虐殺を行った収容所。

■ソンミ村事件
ベトナム戦争中のアメリカ軍人よる非武装民間人の虐殺事件。



収容所跡地に建つ赤十字の石碑。
なんか違和感がある。後付け感が拭いきれない。


ヒューマニズムとは、西欧における人道的・博愛的な人間中心主義。


しかし、外来語を借りずとも、日本では「武士の情け」という言葉で、その美徳を表現できるのです。



いつも応援いただきありがとうございます。松江所長の息子さんの言葉にあるように、横文字で表現するとニュアンスが異なってしまう松江の胸の内にあったもの。それに「四方の海」の歌で返したクルト・マイスナー。考えさせられることが多い板東俘虜収容所なのでした。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ぐっと来た

涙こらえて読みました。
ええ、今仕事ちうです…。

会津もよいところなので是非おいでくださいまし。
さかした、冬の会津度高いです。

No title

徳島にこんな場所があるとは!?
施設が数多く残っているんですね。
橋、さすがしっかりしてる!!

収容地跡に赤十字ゆかりの地とは、、、、

さかした様

こんにちは。

普段は文章少な目なのですが、今回はやはり書きたくて。

>涙こらえて読みました。
>ええ、今仕事ちうです…。

そうかそうか。涙こらえて読んで下さってとても感謝しております。
んまっ。お仕事ちうにー。ありがとー。


>会津もよいところなので是非おいでくださいまし。
>さかした、冬の会津度高いです。

会津ねぇ、行きたいのだけど、なんか泣きべそかきながら見学しそうで。冬の会津、どんなところなのかなー。羨ましいな。

ゆず様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

そうなんですよー。徳島にこんな場所があるんですよー。
静かな静かな里に、昔はドイツ人俘虜収容所。
そこで行われていたのは、俘虜達が穏やかに暮らせるように心を砕く会津の松江所長や地元の人々とドイツ人達との穏やかな文化的で理性的な交流。

施設は映画のロケセットの建物と、当時の建物の基礎や慰霊碑。
橋、ほんまにしっかりしてました。

赤十字の石碑は、いささかこじつけてきた気がしてますが。
どこにでも食らいつくわねーと。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

No title

こんばんは。

またまた懐かしい事が!
明治天皇の御製
「四方の海 みな同胞・・・・」
これ、私の小学校の校歌に使われていたんですよ。
♪四方の海 みな同胞と 永久に(とこしえに)~♪  
もう、懐かしいったらないわ。
北海道でも1,2を競う古い学校だったのに、無念にも廃校になってしまった我が母校。
明治帝の歌を詠み込んでいると聞いてはいたけれど、こんなお歌だったんですね。
本当に勉強になります。

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

お、おおお。万見仙千代様の歌声が聞こえてきますぅ~♪

最新の校歌には軽い歌詞が多いように甲子園の校歌斉唱を見ると思うのですよ。

万見仙千代様の学校はとても歴史があり、また、こう、志高く創立された素晴らしい小学校だったのですね。

廃校、ほんまに無念なこととお察し申し上げます。
でも、歌は歌い継がれて残るもの。校歌も万見仙千代様方が残して下さいませね。

「四方の海 みな同胞・・・・」

明治天皇がこう詠っているのに、なぜ暴走。愚か者の(自主規制)。

何と言いますか、日本にずーーーっと伝わってきた大切な根幹を、自ら廃棄させた愚かさには怒りがこみ上げて参ります。
そんな史蹟探訪の旅は割と鬱憤がたまるのでございます。

流すことなく、真摯に読んでいただいている万見仙千代様。素敵な方と出会うことができてほんとに、嬉しいです。これからも色々と教えて下さいませ。

(´;ω;`)ウッ

武士の情け。

「おもてなし」と同じ、日本人の精神(こころ)を表す最高の言葉だと思います。

ぽちぽちぽち~~~~~眼から汗がぁぁ

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

武士の情け。そうですよねー。
ただ、微妙にニュアンスが変わってきているような気がします。

改めてお勉強しないと駄目だなぁ。

会津のお話も、スポッと忘れてるし。

私は背中に冷たい汗が。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼