興願寺と丈六寺。徳島藩主蜂須賀家墓所と重臣達。徳島県。

こんにちは。


高野山奥の院ではありません。

ここは。


徳島県徳島市丈六町丈領32にある、丈六寺。


二日酔いも酔っぱらいに違いありません。


「阿波の法隆寺」と呼ばれるほど、文化財の多い丈六寺。
室町時代の三門が迎えてくれます。

室町時代中期。
阿波国・三河国・讃岐国の守護大名である細川成之が中興開山。
伽藍を整備しました。


その後、蜂須賀家政が娘・辰姫の供養のために方丈を再建し寄進。


もう一度。高野山奥の院ではありません。

蜂須賀家の重臣達の墓所が多く、その五輪塔の規模は高野山奥の院での大名級。


淡路洲本城代を代々勤めた稲田家。初代家老の稲田種元の供養塔。


丈六寺近くの八幡神社へ。

甘える狛犬。


どうでしょう?


あなたもですか。


たまらん。


徳島藩25万石の藩主、蜂須賀家。


これは高野山奥の院の蜂須賀家墓所。

初代藩主の至鎮から転封なく徳島藩を治め続けた蜂須賀家。

家祖・正勝から、13代斉裕までの歴代藩主の墓所は菩提寺である興願寺にあります。


歴代藩主の他に、殉死した家臣や家督相続前に他界した嫡男等も祀られています。


圧巻です。


初代藩主の至鎮(よししげ)の墓所。


幼少の頃の至鎮の付人、民沢右衛門可三の墓所。

1620年に至鎮がわずか35歳の若さで他界した後、ここ興願寺の墓守となります。

そして、1624年。至鎮の命日に至鎮の墓の前で殉死。


ずっと殿のおそばにいるの。

じぃーん。

じぃーん。っとしながら、鳴門スカイラインを走り。



再び淡路島を縦断して大阪に戻りました。


いつも応援いただきありがとうございます。丈六寺では高野山奥の院のように主だった方の供養塔や墓所に標識があり、また夢中になってしまいました。丈六寺で長曽我部元親が起こした黒事件はまた後程。怖かった。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。お邪魔します。
方六寺さん 酔っ払い立ち入り禁止なのでございますね。(・・って書かれてなくてもいけませんよね) 本日のあひゃ、あひんの狛犬さまもかわゆうございます。
昨日のおみかんネックレスの狛犬さま方も皆様ステキでございました!! 食べかけでも欲しいデス~! 

蜂須賀家墓所 相当広そうですね。
次回のお話も楽しみにしております。

No title

おばんですばーい(^o^)ノ

さすが転封もなく藩を納め続けた蜂須加さんちの墓所ですね。
公園みたいにきれいです♪

大きな杉の木が林立する加賀百万石の前田さんちの墓所より整備されています。

帰りは横風は大丈夫でしたか。
あぶない、あぶないですから・・・。

(*ノ・ω・)ノ 殿ォオオオオォォォォ

すごい立派ですね~ゎーィ♪ヽ(*´∀`)ノ

こちらの狛犬はフォルムだけでなく枯れ具合までパーフェクト!!▲・×・▲彡
あぁ~首の角度に誘われる~喉をコショコショしたい~(人´∀`).☆.。.:*・

四国は、ちょっと他の土地と違いますよね^^
化けるのはキツネよりも狸だし。
逸話の仏像がガンツの如く戦うし。

眼福眼福~ぽちぽちぽちぽち!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

おきまちあき様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

旅先二日目以降は常に二日酔い。おいしい狛犬と大好きな人物が生きた土地におらもおるぞー!って感慨が私の酒の友です。

近所の酒屋で売っていても、現地で飲むとうまさ百倍。

どうやら徳島市の狛犬くんは、あごを撫でてほしいようです。

連休中は強風で、みかんすら、風にたなびいてました。
うきうきしながら撮影してると、ご近所の方々がお声かけして下さり、鼻の穴全開でいかにこの子が可愛いかを力説。おほほほ。

蜂須賀家墓所。
地域住民の方々の憩いの場となっておりました。わんことか、お子ちゃまとか、んまぁ、自由奔放。むーん。

piglet01様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。只今読み逃げることが多く、申し訳ございません。

蜂須賀家、ずーっと治めたまではいいんですが、近世があれなので。
しかし、徳島市の方々は無下にすることもなく大切にされていて、よかったよかったです。

帰りもですねぇ。海沿いの道に波が被る程度には強風で。
あの、何でしたっけ、鯉のぼりのてっぺんにあるみたいな布が真横になっていまして。

なかなかシュールな帰り道でございました。

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

見てきたよー!です。
殉死を禁ず!と言われても一途な想いを遂げた家臣(近ければ近いほど鼻血)の墓が近くに侍っている姿に大萌えです。

石を撫でる不審者あり、と、通報されないようにしなければ。
わんこ好きにはたまらん徳島市の狛犬ずです。

四国は、独立した文化と畿内からの文化とが混在してるんでしょうかねぇ。見慣れた狛ずや、どこかで見た仏像とかも居たり。

すかーっと忘れていた細川や長曽我部が割り込んできたり。
ポイントは山と川かなぁ。分断されて別のお土地よ、って感じで。

秘密の内緒様

こらー。それ、見たがなー!んもう、この子ったら。ほんまに好きなのね。私も大好きですわよ!
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼