洲本八幡の金天閣。蜂須賀家の御殿です。淡路島。

こんにちは。


淡路島。


洲本市のマスコット、ポン太。


洲本八幡神社。


山門前の男前な狛くん。


柔らかそうなしっぽ。むふん。


ここから山の上にある古い方の洲本城が見えます。
ろまんてすとな吽ちゃんですねぇ。


におい嗅いでるだけかい。


失礼しちゃうわっ。



【由緒】
伝・淳仁天皇の創祀。

◇淳仁天皇(733年- 765年)

在位:758年9月7日 ‐764年11月6日
古文書では廃帝(はいたい)または淡路廃帝(あわじはいたい)。
諱は大炊、践祚前は大炊王。
天武天皇の皇子である舎人親王の七男(3歳で父と死別)。

「孝謙上皇・道鏡 VS 淳仁天皇・仲麻呂」

結果として淳仁天皇・仲麻呂が政争に破れ、天皇は淡路島へ流されました。


淡路島で他界し、淡路島に葬られた淳仁天皇。

淡路廃帝の記事はこちら→→→
淡路廃帝淳仁天皇と母の当麻氏




驚かさないで下さい。ぶさかわ阿くん。


見つけてしまった。


かわいい。

【創建】
990年。
「奇瑞を授けられた」という淡路国国司代・藤原成家(定家の同母兄)により、当国の安寧と繁栄を願い「淡路州神」と称え創建されました。

【祭神】
誉田別尊(応神天皇)、神功皇后(応神天皇母)、ヒメノカミ、クラオカミ(龍神)


無理です。


けちですが、なにか。


文化六己年五月吉日。石工は、伊右衛門 長全。


なんとこの子達、にひゃくちゃい。と、ちょっと。


1526年。熊野水軍の頭領の安宅治興が洲本城築城。

→安宅冬康→信康→清康

1581年。秀吉の淡路攻略。

仙石秀久(高野山へ追放)→脇坂安治→阿波徳島藩蜂須賀家の所領となります。

淡路島は、蜂須賀家家老の稲田さんが治めます。

ここ、洲本八幡神社は、藩主蜂須賀氏、家老稲田氏の祈願所となりました。


春秋の祭りの際には寺社奉行が遣わされる程の崇敬を受けました。


そして、洲本城は。


蜂須賀くんの徳島藩になった後は、山の上の戦うための城は不要となり、山の下に造られた洲本城(洲本御殿)で政務をとります。


現在は、資料館や裁判所が建っている下の洲本城です。


そして洲本八幡神社の境内には。


金天閣。
1641年に徳島藩主蜂須賀忠英(ただてる)が、三熊山山麓の洲本城内に建てた洲本御殿の一部。

洲本御殿の大部分は明治維新後に取り壊されましたが、この玄関と書院だけが移築され残りました。

江戸時代初期の書院造の建築物として貴重。

数度の移築で改変の跡はあるものの、内部は当時のまま。
黒漆塗の折り上げ格天井に金箔が施されていることから、金天閣。


それは違うでしょ。


蜂須賀くん。

私と同じく愛知県出身の蜂須賀くんには、とても親近感がもりもりです。


いつも応援いただきありがとうございます。明日から三連休なので、どこ行こーかしら?と思いつつ、朝になればぐーたらしてそうな予感がします。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

遅くなりましたが・・・

明けましておめでとうございます。
年初から飛ばしてますね~~~

つねまるさん独特の目線で
今年も旅の解説よろしく。
いつも楽しみにしています(^^♪

No title

こんばんは。

淡路島、稲田家と聞くと稲田騒動を思い起こします。
といっても、船山馨さんの「お登勢」で知ったんだけど。
稲田の家臣たちは、蝦夷地の静内に流された(開拓を命ぜられた)んですよね。
とっても懐かしい事を思い出させてもらいました。
蜂須賀さんちと稲田さんちは、仲が悪かったんですね。

No title

ポン太・・・昔、隣が飼ってたワンコの名前です^^
(※由来~子犬の時に狸そっくり顔だったのでジブリの平成狸合戦のポン太からパクリ)

狛犬~~~いいいいいいいい(・∀・)イイ!
例えて言うなら、俳優の蟹江敬三さまのような 川* ̄д ̄*川ポッ 
(※好きな俳優ですので褒め言葉です~蟹江ファン様すいません^^;)

下の赤いソックス?履いてる狛ちゃま萌え萌えです♪
良い子が揃ってますのね~(人´∀`).☆.。.:*・

祈願所って、良く聞くけど具体的に何をしているのか、実は知らない^^;

ぽちぽちぽちぽち~~~~~

No title

おばんですばーい♪

蜂須賀さん、色々な合戦に参加している人ですよねー
まむしの道三にも仕えていたのかな?

金天閣はよく残っていますね!
書院造は多く残っていますが、蜂くんの書院も立派です☆

まつよいぐさ様

こんにちは。本年もよろしくお願い申し上げます。

年初から飛ばしていまーす。ぶーん。
要領が悪くて、まるっと書けていないものが大量に滞留中。

むふーん♪っと笑いながらてくてくしてますので、一緒に「むふーん」していただけたら幸甚に存じます。

まつよいぐさ様の知性的な記事には程遠く。
るるる~(T_T)

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

さすがです~。そうなんですよ、稲田騒動なんです。
蜂須賀家と稲田家のお話はそこへいずれ着地させようと思っているんですが。いつになるのかしら…。

お登勢さんの像やお話に関連する場所巡りも、充実してますよー。

映画「北の零年」も、稲田騒動でしたー。
ぽけーっとするために通っていた淡路島が、途端に史跡の宝庫に見えた瞬間。

ポン太の立っている洲本の港から、北海道へ出発したそうです。

>蜂須賀さんちと稲田さんちは、仲が悪かったんですね。

稲田さんちは、陪臣ではあるけれど淡路国一国を治めている領主ですものー。プライドがあったんでしょうね。

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。
あらぁ。子犬の時に狸そっくりだなんて、かわいい子に育ったでしょうね。ああ、わんこをぎゅーっとしたいなー。

ここの狛犬ず、いいでしょ。蟹江さんかぁ。なるほどー。筋肉質な表情とか、確かに蟹江系♪

赤い靴下の二人は、ほんとにびっくりしましたわ。フレンチブルドックに似た狛犬がいようとは。
体に模様をつけてもらったり、しっぽがそれぞれ異なっていたり、とても誠実にお仕事をこなす石工さんのようですねー。

piglet01様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

蜂須賀くんの合戦履歴はよく知らなくってー。
振り向けば常に蜂須賀くん。そんなイメージで。

内部は金ピカピカらしいのですが、非公開らしく。
写真で満足してきましたー。

No title

こんばんは。
ポン太くんもかわいいですが
微妙~な男の子さん にひゃくちゃいちょっと
なんですねー!!
いいお顔してますね~!!
男前狛さまも素敵です!!目の保養になりました!! ウフ!

おきまちあき様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。
お返事が遅くなりました。ごめんなさい。

微妙な男子に比べ、ポン太は、立派に男の子です!モザイクなしで載せました!

にひゃくとたくさんしゃい、の狛犬、若づくりでしょ。
こんなにきれいな姿、ずっと残してほしいなーっと。

権兵衛秀久

現代版サラリーマンの悲哀を戦国時代に移し替えた「センゴク」って漫画で一躍有名になった仙石秀久ですが、コイツが実に「悪いヤツ」(笑)

秀吉の名代の軍監(いくさめつけ)として九州攻めを行い十津川の戦いで島津軍の「釣り野伏せ」の計略に引っ掛かり惨敗。この戦で長宗我部の倅は戦死しオヤジは狂人に変貌。本人は責任逃れで真っ先に領国に逃げ帰り改易。当たり前体操(笑)

ゴマすり秀久は頼みもしないのに小田原の役で家康さんにしがみついて「エロ本好き」をネタに恫喝して小諸城主として大名に復帰。
この時の活躍を秀吉に称されて「箱根の仙石原」のネーミングライツ権を獲得し今日に至る。

小諸では築城工事の過酷さで逃亡する領民が続出し何ヶ所かが無人となり廃村となる。

秀忠に媚び売って上田藩へ転封。

「2015年、生き残ったモンが勝ちや・・・」

らんまるせんせ

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。縦横無尽のご活躍がまぶしいです。

いくさに負けて~おうちに帰ったら~、改易っ♪あたりまえたいそぉ~♪
上司に媚びて~ユスってみたら~、ぼろ儲け♪あたりまえたいそぉ~♪

こわっ。わるっ。

長曽我部元親はお気の毒な晩年でしたねぇ。
高知城を見てイラッとしますが。
高野山奥の院の山内家をスルーしてたりもします。八つ当たりですけどー。

標識も手入れもされてない巨大な五輪塔が立ち並んでいる一画をよーく見たら、仙石さんちでしたの。やはり嫌われてたのかなー。

家康のエロ本ネタ、すごいですね。せんせ、どんな本なのですか?

えー。箱根の仙石原、センゴクなのですか。あらぁ。あらやだ。千石ばりの広さがある原「千石原」だと思ってました。うわぁ。なんか、嫌だなぁ。ザ・戦国武将の処世術ですねぇ。

途中でついていけなくなって読んでなくて。ふむ。探してきまーす。

2015年も、のんびりゆっくりしてたら生き残ることはできないでしょね。やだなぁ。
ドッチボールの時の、かさこそと隅っこで逃げていても最後まで生き残る人みたいに、こっそりいきたいなー。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼