お社の牛くん特集。

こんにちは。


うし。今のわたくし。


琵琶湖の北端、菅浦集落に鎮座する須賀神社。


淳仁天皇のお墓と伝わる舟形御陵があり、今も土足厳禁。


舟形御陵の巨大さ。

この須賀神社の境内社の天満神社に、こちらの牛くん。


しゃっきりしてください。

菅浦集落の「惣」と須賀神社についてはこちら→→→→
「菅浦文書」で知る「惣」。自治の菅浦
淡路廃帝淳仁天皇をお祀りし弔い続ける菅浦の地。
淡路廃帝は須賀神社の舟型御陵に眠るのか。湖北の菅浦。



京都府長岡京市の長岡天満宮。


すみません。他力本願です。


ぷりちーな牛くん。


ねじねじ尻尾。エジプト風なご容姿。


抱っこはご容赦。


天満宮は牛くんだらけ。

長岡天満宮の記事はこちら→→→→
長岡天満宮で道真好きな牛さんにご挨拶。もぉー。


三重県尾鷲市九鬼町の九木神社。


わはははは。


コロ助は大漁の御礼。


お持ちになりました。小銭ですが。


いけませんことよ。それはゆユスリタカリってやつです。


ない袖は振れません。

九木神社の記事はこちら→→→→
九鬼水軍の故郷九木神社。隠れ住んだ尾鷲市九鬼町。



三重県南牟婁郡紀宝町の牛鼻神社。


本殿がうしのお鼻の形をしているわけではありません。


後ろより変な視線を感じませんか。


はぁ。すんません。

牛鼻神社の記事はこちら→→→→
牛鼻神社。紀州最古の社。ぴゃー狛犬。



滋賀県蒲生郡日野町の馬見岡綿向神社。


なんでしょう。


おや。こんな所に入れられて。


・・・見なかったことに。



いつも応援いただきありがとうございます。牛くんもいろいろな子がいました。つぶらな瞳の子やら、がっつりと視線を合わせてくる馬見岡綿向神社の人やら。ぼってりしたたるたるの須賀神社の牛くんにしんぱしぃ。ぐーたら最高。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

牛も色々ですね^^
角や尻尾も それぞれで、ドナドナがリフレインしそうな可憐タイプから、地獄アニメの牛頭さんみたいなマッチョ系まで。

そういえば二対いるところは、雄雌あるのかな?(==)
地元には天満宮がないので、牛像を生で見たことがないんです^^;
こうして一同に揃うと壮観ですね^^
ポチポチポチ~~

※大河・・・・イケメン祭りで一年楽しく視聴できそうです^^
熱弁振るう大沢たかおさん(小田村役)が、(また)タイムスリップしたJIN先生に見えて困った^^;

No title

おばんですばーい(・ω・)ノ

こんなに境内に牛が横たわっているとは、、
やはり、ぐーたらくんが最高です☆
背中に紋をつけていつようですから、名家の出なのでしょうね^^

境内に牛といったら、長野・善光寺で見たくらいかなぁ~。

時乃★栞様

こんばんは。大河ご覧になりましたのねー!
私、あきません。幕末は全く頭に入らずで。赤い彗星が絵本読んでると思って、そっちばっかで。
あとは、北大路欣也様ー。お父さんやけどもっ。

仁さんにしか見えない人とか。ううう。楽しみ。

牛くん。
狛犬くんのようにいろんなお子がおりました。
九木神社は祭神が道真なので、狛みたいにいてますねー。
雌雄は・・・腹が見えなくて残念。

天満さんは、長岡天満宮と九木神社だけで、あとは境内社です。
撫でてーって子は、頭がテカってます。

そうか。天満宮がご不在ですか。
あ、でも、ほら、天然のもーもーさんがいっぱい・・・だめかしら?

須磨に、ちょっとー、これ、どないなってんの?って子がいますので、また行ってきますねー。

パシるわよー!です。

piglet01様

おばんですばぁい♪早く寝ようとしても無理なので、だらだらしとります。

ぐーたら君が背負ってるのは、梅の花です。
東風吹かば匂いおこせよ梅の花 主なしとて春を忘るな、です。

ぐーたら君は道真様から戴いたようです。
潰さないように背中にくっつけて大事にしてるつもりなのです。

境内にもーもーさん。天満宮とか天満神社なら、大概はてろーんっといるかと。ぜひぜひお参りあそばして。

No title

こんにちは。

ぺたんとした牛さん、
「なーんもしたないねん…」って聞こえてきそうで、
和んでしまいました(*^_^*)

No title

こんばんは。

土足厳禁って、じゃあどうやって見れば(拝観すれば)宜しいんでしょう?
あの建物の内部には入っても良いんでしょうか?
それとも、周りを裸足で歩くんでしょうか??
それにしても、牛さんのいる神社って多いんですね。
驚き。

そうそう、「花燃ゆ」観ましたよ。
シャアの声を知らないので、何とも言えない私。
少年の頃の声でもないし、ファンの方にはシャアだってわかるんでしょうね。
ネットの世界で大騒ぎになっているのも読んで、嬉しいやら驚くやらです♪

宙海様

こんばんは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

仕事始めの本日。「なーんもしたないねん…」
ぽけーっとしているうちに時間が過ぎました。やれやれよれよれ。
月曜日から開始ってのがさらに追い討ち。あああ。

イライラしないで、牛くんのように我が道をいこう。そうします。

万見仙千代様

こんばんは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

土足厳禁。参道つきあたって手水所に、下駄箱がありまして。
そこからスリッパ(健康サンダルのような、濡れても大丈夫なアレ)をお借りして、本殿へ続く階段を上がります。
例えスリッパがすっ飛んでいこうとも、石を踏んで痛かろうとも。

牛くんも、狛犬ほどではないですが、こっそりとあちこちにいました。
だるーんっとしていて、実は好きでして。

池田秀一様のお声は一声聞いてすぐに、あっひょーんっと腰砕けでございます。赤い彗星が絵本を読み聞かせしてるようで。
ただ、池田秀一さんは役柄を演じるときとナレーターとは違うものだと仰ってましたね。それがまたツボなので。

万見仙千代様、少年の声やったら、それはそれで腰砕けになりまする。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼