スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和歌山県南部の狛犬ず。むぅーんの巻。

こんにちは。

今回は和歌山県南部、熊野の狛犬、吽ちゃんず。


熊野三山、熊野速玉大社。ぷりっけつ。


いじけた。


熊野三山、熊野那智大社に隣接する青岸渡寺仁王門の子。


熊野三山、熊野本宮大社。キャシャーンがやらねば誰がやる。


鯨の町、太地町の飛鳥神社。熊野本宮大社と兄弟か?


串本町田原の木葉神社。参道くん。


那智勝浦町の宇久井神社。


新宮市の天御中主神社。ワレワレハコマイヌナノダ。
あたまニノセテルノハうんぴーデハナイゾヨ。


串本町の潮岬本之宮神社。むっちむち。たまらん。

そして、一番印象深かった子。


串本町田原の木葉神社。


いつも応援いただきありがとうございます。和歌山県南部は、まるっこい子やら楽しい子やら、ぶっ・・・っと吹き出して笑顔にしてくれる狛犬ずが多かったです。阿吽の「吽」って、へのじ形のお口じゃないんだなー。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

つねまるさん、こんばんは!

狛犬もこう比べて見ると、実にいろんな表情のものがあるのですね。
可愛いものからイカツイ顔まで(笑)
とても面白い記事です(#^.^#)

今年はブログへの訪問ありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。
良いお年を~(^_^)/~

No title

和歌山エントリーお疲れ様です^^/

個人的COCO1番は「那智勝浦町の宇久井神社。ムフって顔がナイスの狛ちゃま」

なんか、こう・・・昭和の芸人さんに、こんな感じの顔の方がいた気がするんです。
喉元まで出てきてるけど誰か思い出せない・・・みたいな気分。
つまり「懐かしい匂い」がする「心和むフォルム」でございました^^

ぽちぽちぽち

No title

つねまる様
はじめてコメントします純野と申します。
毎回楽しみに読ませていただいてます。

本筋とは関係ないんですけど、
「むぅーん」って、あの“いがらしみきお”
先生の「むぅーん」でしょうか?
純野一益

しずか様

こんにちは。年末のご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

一人ずつ出すとわからないのですが、並べたら百面相でした。
むっちむちな子が好物です。
しずか様もかわいい子とたくさんお会いになってるのでしょうねー。
関西はお座りが多いのですが、よそでは立っている子もいるようで。

こちらこそ、ご訪問に感謝致しております。

来年もよろしくお願い申し上げます。
良いお年をお迎えくださいませ。

時乃★栞様

こんにちは。年末のご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

あかん。CoCo壱、行きたくなります。
宇久井神社のまるっこ、初めはなんじゃこらー!でしたが、見つめるうちに、ぎゅーっとしたくなり。

>なんか、こう・・・昭和の芸人さんに、こんな感じの顔の方がいた気がするんです。
>喉元まで出てきてるけど誰か思い出せない・・・みたいな気分。

はい。私も誰や誰やー?っと悩み、出てきた答えが

坂上二郎。

確か、萩本欽一とコンビしてたような。口の辺りが特に似てる感じがします。すっきり。

純野一益様

こんにちは。年末のご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。
はじめまして、つねまるです。
毎回楽しんでいただいているとのこと、心より御礼申し上げます。
嬉しいです。

いがらしみきお先生、おおお!あの、ぼのぼの、の、いがらしみきお先生ですね。懐かしいなぁ。
ちょっと意識はしておりませんでしたが、以前に目にした言葉や画像が頭に残ったのでしょうか。

鋭いご指摘に、あたふたあたふた、です。

今年もあとわずかでございます。
穏やかな年末となりますよう心よりお祈り申し上げます。

No title

こんばんは。

狛犬、ここへ来て本当に個性があるって分かりました。
面白いものですね♪
青岸渡寺、無理やり海に押し出されてしまう恐ろしい話を思い出しちゃった(汗)
井上靖の「補陀落渡海記」でしたぁ。
狛犬君、「おっと、その渡海 ちょっと待ったぁー」 って言ってるのかな。

万見仙千代様

こんにちは。年末のご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

そうなんですよー。わんこに個性があるように、狛犬にも個性がありすぎるほどありますね。
お社に行って、狛犬不在だとすごく凹みます。

あ。井上靖の「補陀落渡海記」は、那智山の麓にある「補陀落寺」が舞台になっておりまして。
青岸渡寺の「渡」の文字から、こちらが渡海したお寺かしら?っと私も思いましたが違ってましたーf(^_^)

補陀落寺は、今は海辺から離れていますが、当時はお寺の目の前まで海だったとか。

補陀落への航海に使った船が再現されてます。
正座しないと乗れない狭さで、窓もありません。
外から釘を打ち付けた話を思い出して、再現されたものなのに、背中がぞわわーっとしました。

狛犬はその背後の那智山に鎮座する熊野那智大社のお隣にある青岸渡寺から、「はーい、行っておいでー」と叫んでおります。
青岸渡寺は、西国三十三箇所巡りの第一番札所なので、巡礼の方々でとても賑わっていました。

No title

こんばんはです。
風邪回復されましたでしょうか?
どうぞお大事に。
狛犬さま三昧させていただけ\(^o^)/の年末でございます! 
個人的には何故かカッパ顔(すみません~)の
狛犬さまに惹かれてしまい
那智勝浦町宇久井神社さまの方もそれ系と言っていいのかわかりませんが・・ 私的にはかわゆくてたまりません~
あれ?木葉神社さんの狛犬さんのお顔、忘れてたらすみません~きっと素敵なんだろうと・・つねまるさんブログ辿らせていただきます!

No title

1年、楽しい歴史ブログをありがとうございます!
私は今日でブログ納めです、来年もどうぞよろしくお願い致します。良いお年をお過ごしくださいね(´▽`)

おきまちあき様

こんにちは。年末のご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

おかげさまで風邪はアルコール消毒致しまして復活ですww

かっぱ狛犬、愛敬ありますよねー。頭を撫でて♪っと言われてるようて。んもー、撫でまくりっ。

宇久井神社の狛犬は、全身がかわいくてたまらんです。
横顔も後ろ姿も。

あ、ごめんなさい。木葉神社はブログ未掲載です。
もたもたしてるので、山のようにいろんなものが待機中。
狛犬だけはちょこちょこと出して喋ってもらってます。

木葉神社の二人はとても良い姿なので、追々書いていこうと思います。
気長にお待ちいただけましたら幸いに存じます・・・。

にゃんこ様

こんにちは。年末のご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

こちらこそ、古民家や建築のお勉強や、かわいい政宗くん達を拝見してとても楽しかったです。

来年も何卒よろしくお願い申し上げます。
にゃんこ様も良いお年をお迎えくださいませ。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。