クリスマスツリーはいつ片付ける?顕現節まで待つの。

こんにちは。


素朴な疑問。クリスマスツリーはいつ片付けるのか。


だって季節のものにはそれぞれのお片付け時が。

そこで少しキリスト教の節句について。

イエスの誕生日・クリスマス(降誕祭)当日の前後にはそれぞれ待降節と降誕節があります。

待降節は、降誕祭前の4週間(日本では11月30日間近の土曜の夜から)。

特別なカレンダー(アドベントカレンダー。ビンゴのように一日ずつ穴をあける形が多く、お菓子が潜ませてあったりする楽しいもの)で指折り数えます。

日曜毎にアドベントリースに飾ったろうそくを灯します。

4本全てに灯したら、降誕祭。


イエスの誕生日。



東方の三人の博士は、イエスの誕生時にはまだ「ベツレヘムの星」に導かれて旅の最中。



途中でヘロデ王に「ユダヤの王はどこでせう?」と聞くおっちょこちょいな三人組。
自分以外の王が生まれたのかとヘロデ王があせり、ベツレヘム中の2歳以下の男子が皆殺しになるオチ。


彼等がたどり着くまで数日。


東方の三人の博士がベツレヘムのイエスのもとにたどり着き、イエスの誕生を祝った1月6日を記念して「顕現節」(エピファニー)といいます。


三人組が乳香、沈薬、黄金を捧げたときをもって「イエスが公に現れた」、つまり「主の公現」の日。キリスト教においては節目の日。

救世主が現れ、世界に救いがもたらされたことを感謝する期間「降誕祭」(12月24日日没後)から「顕現節」(エピファニー)前日までが「降誕節」です。


従って、1月6日「顕現節」が過ぎてからクリスマスツリーを片付けるのです。

しかし、師走には大掃除をして新年を迎える準備をする日本においては。

お正月に親戚が集まったりお客様が来たりしたときにクリスマスツリーがあるのはちょっと恥ずかしい。


年越し蕎麦食べて、紅白見る頃にはうっすらと酔ってるし。


除夜の鐘の頃には酔い潰れてるし。

鐘がひとつ、鐘がふたぁつ・・・Zzz


同行者に「奈良漬が歩いてる」と言われようとも根性振り絞って初詣。お神酒で迎え酒。

お寺や公共放送や神社やと、ちょいと多忙である日本ではどうするのか。

ちゃっちゃと片付ければそれでいいですよ、日本には日本の文化があるのですもの、って神父様が言ってました。


いつも応援いただきありがとうございます。神父様のお言葉は元も子もないお話になってしまいますが、年末年始の日本の習慣から考えれば至極ごもっとも。キリスト教には本来クリスマスツリーを飾る規定はなく、ドイツの樹木信仰を取り入れた習慣が19世紀以降に北ヨーロッパに広まったものですから、そこは臨機応変ってことでしょう。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。

リクエスト戴いた画像の説明は続きで。
「クリスマスツリー」彦根のcafe de crie
「雛人形」兵庫県たつの市
「クリスマスモニュメント」阪急うめだ店
「あひゃ狛犬」和歌山県東牟婁郡串本町の潮岬本之宮神社
「夜明けの風景」同上橋杭岩
「だるまさん」大阪府箕面市の勝尾寺
「ぬかづく少年」滋賀県日野の馬見岡綿向神社「桜井の別れ」像
「ちゅんちゅん3羽」滋賀県長浜市豊公園
「蕎麦」滋賀県西浅井町水の駅あぢかまの里
「鐘」和歌山県那智勝浦の阿弥陀寺「亡者のひとつ鐘」
「神社」熊野那智大社の本殿
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

はいはい。
今朝1番に片づけました。
だって邪魔なんだもの。

ここでキリッと向きを変え、お正月に向かってゴー!
昔、流行ってた格闘技番組を懐かしみつつ年越しそばをいただいたら、初詣に行かなくちゃねぇ。

万見仙千代様

こんにちは。年末のご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

ですよねー。真っ先に邪魔になりますもんねー。
クリスマスが終わるのは悲しくても、すぐにお年玉が来るから、子供の頃は楽しかったなぁ。

近所のスーパー、昨夜はクリスマスケーキの横に鏡餅が山積みでした。
なんて気忙しいっ。

ほうですねぇ、格闘技を見ると、あー、大晦日だなーって思ってました。
大晦日だけ夜更かしさせてもらえて、大人の気分。
大人になったら、飲み過ぎて気絶しておりますが。。。

今年もあとわずか。息切れしないよにお互い頑張りましょー。

No title

つねまるさん、こんばんわー

108も煩悩を取り揃えているほど闊達でないので、調べてみましたよん。
易者に聞いてみたかって? 違いますよ。

煩悩の根源は「貪欲」、「瞋恚」、「愚痴」だとか。
貪欲と愚痴は殆ど持ち合わせていないけど、自分の意にあわない場合は面白くないことが多いので、私の場合は38の煩悩があることが判明しました。
つねまるさんは多才ですから、108越えですかぁ~

piglet01様

こんばんはーだがね。年末のご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

おおおー!ありがとうございます。
ふむふむ。私は貪欲な金の亡者で、愚痴ばっかし言って頭と手が動かず、シンニにとらわれ毎日ぶりぶりして・・・ぎゃー。

やはり108個の煩悩をちびちびと数えておきます。るるる。
piglet01様は38ですか。ちょうど眠くなる一番辛いところかしらー。
ぴょんぴょんずに慰めてもらいましょー!


「(平)経正」の能楽に、経正の亡霊が修羅道に堕ちた苦しみを述べつつ舞う場面があります。

戦いは火を散らして。瞋恚の猛火(みょうか)は雨となって。
身にかかれば。払う剣(つるぎ)は。他を悩まし我と身を切る。

能楽には仏教用語がみっちりと出てくるので、何が何やらさっぱりわからんのですが、簡潔に教えていただくと分かりやすいですねー。

死んでも苦しい仏教の世界。やっぱ、人間は原子で出来ている物体、と考える方がらくちんだー。っと、寺社巡りしておいて無責任。へへ。

トリビア~ン(@@)

今日は(も)目からウロコの話でございました^^
(でもってアクセスもサクサク繋がっております♪)
なんですかね~こちらが時々重いんです。
わっちの体重(接続)でしょうか(((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル

子供の頃はイベントの盛り上がりだけ見て、
イブが降誕祭だと勘違いして覚えてたオバカです。
日本各地12月に入るとイルミ合戦?が始まるので、
待降節クエストは何となくクリアしてる気がしないでもない。

日本では完全に商業イベントが主になっているので、
こうして本来の話を聞くのは良いことだな~と思います^-^

除夜の鐘は絶妙にリラクゼーション効果が^^;
根性なしなので自宅で皆さまが順番に鳴らしている音を有り難く拝聴してるんですが、
108数え終わるまで起きていられた試しなしです^^;

ぽちぽちぽち

時乃★栞様

こんにちは。年末のご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

よかったー、繋がって。寂しかったですわ。
わっちのビールっ腹の体重がのっかってるから、さぞかし重たかろうと・・・。

教会の暦は日没が区切りなので、細かいこと言うと、日本のイブは当日になったりするんで。あながち間違いではないようで。
サンタさんが来ればそれでいい、のだ。はははー。

イルミ合戦、すごいですよね。住宅地に突然レストラン登場?ってびっくりします。

除夜の鐘の音は公共放送で聞いて過ごしてきました。最近は紅白の結果を待たずにつぶれておりますが。
あれは、ひつじさんを数えるよりも強力な睡眠導入剤ですねぇ。ぱたんぎゅー。

さっきから急に扁桃腺が腫れてきまして。焼酎が飲み込めない・・・これは新手の拷問です。

時乃★栞様にはお健やかにお過ごしになれるようお祈りしてます。
北の大地で食べたあまーいお赤飯を思い出しつつ。

No title

つねまる様こんばんは!

イエスの誕生を祝った1月6日を記念して「顕現節」(エピファニー)、はじめて知りました!!

なんとまあ、日本の十二月のあわただしい
ことでしょうか?
ばたばたクリスマス→お正月準備。
家のツリーは、25日の夜、片付けましたが
年賀状は手をつけてない。
恐ろしいです。
ほんとどうしましょ~ww

ゆず様

年末のご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

エピファニーの次はイエスの処刑、そして一番のお祝い事の復活祭・イースターになりますの。ゆで卵にカラーリングするお祭り(?)

天皇誕生日でお休みで、クリスマスで大掃除で餅つきして仕事納めして、お正月。年賀状は、あきらめております。みんなー、ごめんね!です。

ほんとにせかせかした日本の師走ですよね。何かを諦めないと間に合いません。

さーて、大掃除、諦めよっかな!!
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼