イエス・キリスト誕生物語と日本初のクリスマス

こんにちは。

今日はクリスマスイブ。


そして明日はクリスマス。ふ。

クリスマスとは、イエス・キリストの降誕祭。
いわば全世界規模のお誕生日会。



イエスが固有名詞、キリストは「救い主」。
よって、「イエス・キリスト」で「救い主イエス」。

イエスの降誕は新訳聖書の『マタイによる福音書』と『ルカによる福音書』のみに記述がありますが、「12月25日」とは記されておりません。古くからの冬至祭の日を誕生日としたというのが有力説。

母はヨゼフの婚約者マリア。
生まれた場所は、ユダヤの町、ベツレヘム。

処女のまま懐妊したマリア。ヨゼフ、パニック・・・には、ならず。

そこはちゃんと天使ガブリエルが事前に告知しています。


様々な洋画家が描く「受胎告知」はこの場面。
処女マリアは、♂によらず、聖霊により身籠ったのです。

「マリアとヨゼフの子であるイエスは神から遣わされた救い主、キリスト」ということで。


生まれた子、イエスは飼い葉桶に寝かされます。(正確にはこの時、馬は不在)

これは、ヨゼフとマリアが旅の途中で、宿が満室だったので家畜小屋に宿泊していたため。


イエスの降誕を天使が羊飼いにお知らせ(ルカによる福音書)。

イエスは自分を「私は善き羊飼いである」と語っています。
羊飼い(イエスや聖職者)は羊(信徒)を導くもの。

よって、羊飼いの持つ杖は、困難な状況にある信徒を助けるシンボルとして、司教様が持つ司教杖に取り入れられています。



東方の三人の博士は、ぺかーっと輝く星により「ユダヤの王が生まれた」と知り、星に導かれて旅をします(マタイによる福音書)。

途中でユダヤのヘロデ王に「ユダヤ人達の王はどこで生まれたの?」と尋ねます。

ヘロデ王にしてみれば、「俺以外の王って誰や!?」
三人の博士に、その居所が判明次第教えるよう指示。

そんな事があった後も、星に向かっててくてくてく。
ようやく立ち止まった星。その真下が、イエスの居場所。

東方の三博士は、イエスに「乳香(にゅうこう)、没薬(もつやく)、黄金」を贈り物として捧げます。

そして、ヘロデ王には夢のお告げにより、何も知らせず帰国。
後になってヘロデ王は自分の王座を脅かす者を探し出すためベツレヘム周囲の2歳以下の男子を皆殺しに。ひゃー。

ヨゼフ達は天使のお告げにより事前にエジプトへ脱出しており、助かったのでした。


クリスマスツリーのてっぺんの星が、東方の三人の博士を導いた星。「ベツレヘムの星」といいます。
飾りつけは自由に楽しんでも、てっぺんの星は忘れないでね。

東方の三博士がイエスに捧げた「乳香(にゅうこう)、没薬(もつやく)、黄金」。

乳香は、神に捧げるお香。
イエスの時代の前、紀元前のエジプトの墳墓からも埋葬品として出土。

没薬は、お香の他に、殺菌作用があるため鎮静薬、鎮痛薬としても使用。
ミイラ作成時には遺体の防腐処理のために使用されています。
聖書では聖なる所を清めるために使用するなど、頻出。

黄金は、ゴールド。

以上の登場人物達を人形で表現したものが、クリスマスの時期にはカトリック教会等で飾られています。


(wikipediaより)

中央にヨゼフとマリア、飼葉桶の中のイエス。
三人の博士with乳香・没薬・黄金や、羊飼いの姿、天使。



日本の最初のクリスマスは、1552(天文21)年。
周防国山口で、イエズス会宣教師コスメ・デ・トーレス等が、日本人信徒を招いて行った降誕祭のミサ。

トーレスはフランシスコ・ザビエルと共に日本に来ました。
ザビエルの離日後も日本に残り、ザビエルと同じように日本文化を尊重しつつ畿内・山口・豊後・肥前などを転々としつつ布教。

1570年、天草志岐(熊本県天草郡)で死去。

しかし、その後はキリスト教が禁じられたため、隠れキリシタン以外では明治の初頭になるまで全くクリスマスのミサは行われませんでした。

明治以降は、クリスマス商戦にまっしぐら。現在に至る、です。


(カトリック高槻教会の高山右近像。じゅてーむ風)

クリスマスミサは誰でも参加出来る教会が多いので、一度体験されてはいかがでしょう?

あ、私はクリスチャンではございません。宗教への勧誘は致しません。


いつも応援いただきありがとうございます。教会のミサに参加して迎えるクリスマス。初詣みたいなものでしょうか。今年のサンタさんは何をくれるのかしら。楽しみですわっ。おほほほ(涙)
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます。

あっ これはもしかして
阪急うめだのリサガスですか?
やっぱり、かわいい~~

世の中、クリスマスムード一色ですね。
クリスマスソングを聞くと
気持ちがあわわわ、、
年末の気ぜわしさが、余計にあおられて
いる気がするのは、私だけかしらん!?

高槻の教会に行って
右近様に会いた~~い

遅ればせながら

こんにちは。お邪魔いたします。
キリスト生誕の話 むかーし読みましたが忘れかけてて またまたこちらで勉強させていただきました!! 行った事ないですがクリスマスミサ 荘厳で独特の雰囲気あるようですね。恥ずかしながら私はいつも世俗のドンチャン組でございます~

遅ればせながら
信長協奏曲、(この話は昨日で終わってました~?_(^^;)ゞ)
えー!!ここで終わるのぉぉ~?・・と思わせといて
どーせ続編やるんだろと思ったら映画乞うご期待!っつうことだったんですね~映画は行かないだろうなと・・
またまた遅ればせながら 見損なった軍師官兵衛最終回 関東では31日再放送だそうで、大晦日は官兵衛様!でございます!!
どーでもえー話でお邪魔しました~すみませんm(__)m

No title

こんにちわ。

いつもお世話になります。

クリスマスイブ!
世界各国の人に お誕生日を祝ってもらえるキリストさんはいいなぁー。
だけど キリストさんのために祝っている人って日本では半分くらいなのかな!?
なんて 妄想を膨らませながら読ませてもらいましたぁ♪


つねまるさんのクリスマスが 素敵な日になりますように☆☆☆

(・・我が家はクリスマスも・・変わりない1日デス♪)





No title

あらー‼︎
ここもXmasだらけですね〜☆〜(ゝ。∂)
merry Christmas‼️
happy Xmas\(^o^)/

ゆず様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

ぴんぽーん♪阪急梅田のリサガスです。ふふ。
でも、去年のなの・・・f(^_^)
今年はこの前にびったりとおちびちゃん達がいて、写真撮れず。
毎年、こんな感じのものが何面もあって、かわいいんですよー。

街に出たら、クリスマス一色でしたわ。
おばちゃんはせっせとお買い物に励んで参りました。

クリスマスソングは、ちゃっちゃと働け!ほら早く!と急かすソングなのですわ。
あー、もう。仕事は同じなのに、今月は実勤時間が少ないから、んもー、ぎゅーぎゅーです。きいっ。

高槻の教会、右近像が光っております。内部もとても素敵な教会なんですよ。うふふ。

おきまちあき様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

いつもは西洋の形式美を見るような教会のミサですが、クリスマスはいつもよりちょいと明かりを落としてキャンドルの灯火だけでミサをしたり、とてもいいものですよー。
聖歌やパイプオルガンの生演奏がさらに盛り上げてくれます。

そしてミサの後は、世俗へ突進。

今年は仕事。終わらないからやーめたっと。

>遅ればせながら
>信長協奏曲、(この話は昨日で終わってました~?_(^^;)ゞ)

いいえ、エンドレスで受け付けております。
映画になっても、来年の師走まで覚えてないですもん。
もっと早く上映するんやと思ってたのになー。

官兵衛の最終回で一年を締めくくるのですね。素敵な大晦日です!

嫁子様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。先日のほごいぬミーティングもご盛会だったご様子。ほんとに頭が下がります。

もう祝って欲しくない自分の誕生日でありまする。

お釈迦様の誕生日は割とそれを目的にお祝いする方が多いと思いますが、クリスマスは、ねー。トリをむさぼり、ケーキを頬張り、ワインをがぶ飲みして、翌日後悔するための日、のような。おほほ。

だいこっくん様と嫁子様と、甘えん坊銀ちゃんでほっこり、が、一番幸せじゃないですか。

銀ちゃんにも、赤いサンタさんが赤い糸を運んでくれますようにお祈りしてます。メリクリです♪

まり姫様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。雪は少しは溶けました?えらいことになってましたねー。

今日、まり姫様のところにお邪魔して、ありゃ、イブの話、やられちったーっと思っておりました。
さすがにクリスマスに高野山もどうかと思い、たまには世間の楽しい気分にのっかってみました。

まり姫様に神のご加護がありますように。メリクリです。

No title

Happy Christmasばーい♪

おぉ、そこにおられしはジュストさま。
右近さんといえば、小田原攻めで右近さんの陣中で氏郷と忠興の3人で牛鍋を食べたとか・・・。
一番いいときだったんだろうなぁ~

今日の記事は高野山に比べれると、つねまるさんがハイカラさんにみえまーす '∀`○

Merry Christmas!

piglet01様

メリーはっぴぃクリスマスですばぁい♪
いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。励みになります。

はーい、ジュスト様でございますよー。
小田原攻めで食べた牛鍋、砂糖なんて持ってないだろうから、塩っ辛い味付けだったでしょねー。味噌味かなー。
仲良し三人組、利休さんのいない隙に何をするやら。

こんなこぼれ話、大好物です。

ハイカラですか?えへへー。だんな、灘の生原酒ですが、どーぞどーぞ。

神父様に各種仏教、日本の神々、イスラム教等のあらゆる宗教、学問としての聖書、を習ったのですが、その神父様がとてもリベラル。仏様はありがたいね、八百万の神々なんてすごいね、昔の日本人は何でそう考えたのかしらね、とおっしゃるような方でして。それが結構、今も頭に焼き付いております。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼