FC2ブログ

もりりんと蘭丸の森さんち物語。信長協奏曲最終回と高野山。

こんにちは。



信長様の墓所前。

ドラマ信長協奏曲、面白かったです。
官兵衛に続き最終回だなんて、寂しいなぁ。


織田信長墓所。

もりりんの最期に泣きました。

もりりんとは、森可成(よしなり)。
六男三女の子だくさん。六男内訳は可隆、長可、蘭丸、坊丸、力丸、千丸。


1523(大永3)年尾張国葉栗郡蓮台(現岐阜県羽島郡笠松町)生まれ。
信長が家督相続する頃からずーっとお仕えしてきたもりりん。

柴田勝家と共に勝竜寺城の戦いなどでは先鋒を務めます。

宇佐山城(近江坂本の辺り。比叡山延暦寺のふもと)において浅井長政・朝倉義景の連合軍に石山本願寺法主顕如の要請を受けた延暦寺の僧兵も加わった3万の軍勢を1000の軍で一旦は撃退するものの、織田信治(信長弟)、近江の国人青地茂綱、長男・可隆と共に討死。

跡を、次男・長可(1558年生)が継ぎます。


「鬼武蔵」と呼ばれるほど頑張って、信濃国川中島に20万石を獲得。
弟の蘭丸くんも父兄の治めた美濃国金山に6万石を与えられました。

しかし、そこへ起きた本能寺の変。



弟の蘭丸(1565年生)・坊丸(1566年生)・力丸(1567年生)くんは、信長の小姓としてお勤めしており、1582(天正10年)本能寺で信長様と討死。

この時長可は、領地におり、無事。

川中島といえば、かつて武田信玄と上杉謙信がバチバチしたところ。
嫌な予感がします。



長可は本能寺の変後、領国の一揆勢の不穏な動きや上杉景勝の攻勢を危惧。
川中島の所領を捨てて蘭丸の領国であった金山に退きます。

危惧した通り空地となった川中島は侵攻してきた上杉の手に渡り(天正壬午の乱)、長可は失領。

金山の蘭丸の遺領を引き継ぎ再起を図ります。


父も兄も失った長可は森家の存続に必死になります。

が、長可は小牧・長久手の戦いで、つねちゃんこと池田恒興と共に討死。


ひとり残ったのは、末弟の千丸(1570年生)。長じて忠政。


本能寺の変当時、母と安土におりました。
二人は森家と親交の深い甲賀の伴惟安の手引きによって政情不安定な安土から脱出。


甲賀の伴惟安の所領に匿われます。
兄の長可によって迎えの使者が出され、領地である金山へ帰りました。

しかし、長可は小牧・長久手の戦いで討死。

長可は遺言書で忠政について「あとつぎ候事、いやにて候」と書いていたものの、秀吉は忠政に金山7万石を継がせます。


忠政は、家督を継いで真っ先に恩人である甲賀の伴惟安・惟利親子等の甲賀衆を正式に森家の家臣に迎えます。

その後、秀吉に従い「羽柴右近大夫忠政」の名乗りを許され各地で転戦。
秀吉死去後関ヶ原の戦い半年前に、かつて兄・長可の領地であった信濃国川中島13万7,500石へ加増転封となります。

入領後、まず、天正壬午の乱の際に兄の長可を裏切った高坂昌元の一門をわざわざ探し出して磔に架けました。

弟はちゃんと見ていたのだ。
許せないもんは、許さないのだ。

関ヶ原の戦い前。石田三成が大阪方にお誘いのため忠政を訪問。

「家康に付きます」と宣言。羽柴を捨て、本姓の森に戻します。


三成は怒り心頭。真田昌幸に宛てた書状の上で「忠政との遺恨格別」「秀頼様を騙し領地を掠め取った」などと名指しで批判するほど。

関ヶ原最中は、真田への抑えとして領地で踏ん張り、関ヶ原後は領地据え置き。

関ヶ原後「右近検地」を行い重税を課した結果、領地全土で大規模な一揆発生。

ブラック忠政、発動。
規律に逆らうもんは許さないのだ。

一揆を徹底的に叩き潰し、一揆衆を鳥打峠で数百人単位で磔に架けて処刑。
善光寺「千人塚」には忠政に処刑された犠牲者の氏名が赤字で刻まれているといいます。

1603(慶長8)年、小早川秀秋の死去により小早川家が無嗣改易。
忠政は美作一国18万6,500石(津山藩)へ加増転封。

森家の美作入封に際しては、元小早川家臣や元宇喜多秀家の家臣の浪人や在地土豪らが反発。3000人もの人々が播磨・因幡国境付近を固め入国を拒否。美作国人一揆です。

ブラック忠政、発動。

せずに、今度は調略作戦。交戦なく美作へ入ります。
無論お仕置きはあり。遅くに森家に従った者には士分を剥奪し帰農する事を強制。

家臣内のもめ事いざこざは何度も起きたものの、家中の押さえとして叔父の森可政親子(江戸幕府旗本)を5,000石と3,000石の所領と執政職の権限をもって迎えます。

以降、もめ事はおさまりました。

めでたしめでたし。



とはいかず、津山藩主森家は三代で改易。
しかし、「聞こえおぼしき家柄」の森家は、御家再興を許されます。

赤穂藩2万石、三日月藩1万石、新見藩(森氏親族、関氏)1万8千石として幕末。明治維新を迎えます。


いつも応援いただきありがとうございます。苛烈なところはあるけれど、兄ちゃんを裏切った高坂と統治に逆らった者への厳しい対応の裏には忠政なりの考えがあるように思えます。信長協奏曲の最後に、「来年12月映画化!」の文字。途端にぷしゅーっと凹みました。続きは映画館で!っての、やめて下さい・・・。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

兄者は嫌いじゃ

らんまるを名乗っておりますが、兄じゃの長可はブラックなので馴染めません(笑)
以下はブラック長可の非人道的な悪行三昧。

①武田攻めの褒美として川中島四郡の海津城主となった四月、景勝配下の芋川親正が一向一揆衆8000人を扇動して森領に攻め込むが敗退。廃城となった大倉城に一揆衆の老若男女が籠城するも「撫で切り」で殲滅。首二千を信長に届けて戦勝報告。(ま、首謀者の芋川親正が一番悪い奴だが・・)

②本能寺の変を聞いて美濃へ撤退する際に、信濃国人衆の反抗を警戒し海津城で預かっていた国人どもの人質を連れて松本へ脱出。安全圏に着いたとたんに全ての人実を殺害。何も殺さんでもいいものを・・・(涙)

なので小牧長久手の合戦での長可の討死を聞いた信濃国人衆は「ざまあ味噌漬け沢庵ポリポリ」と言ったとか云わないとか。

それにしてもせっかく藤木直人が友情出演したのに斬り殺しちゃまずいでしょ・・(汗)
続きは「映画で」は、落ち目のフジのいつもの暴挙でございます(爆)
松永弾正新太、ツボですなあー。

No title

某逸話ブログの影響でブラック兄弟のイメージが強いんです^^;
家族の事情は判らないけど、何だか兄弟不仲っぽい感じですよね。
三成さんが「忠政は味方のはず(`・ω・´)キリッ」って思い込みが三成たるゆえんだろうと思います。

でも、こういう目算ミスって誰でもあると思う。
教科書に載る規模の戦に負けると、単なる見込み違いが日本中に知られちゃうという恐ろしさΣ(´Д`;)ヒィッ

信長協奏曲が終わってダブルパンチです(´・д・`)
「来年12月映画化!」トリプルパンチです(´;ω;`)ウッ

田舎の地方都市の単館なんで、ハリウッドからド級なのが配給されたら「サブロークン」まで予算が回らん可能性大です。

いまは「ごちそうさん」の総集編見てました。
さっきからお腹が空いてます(爆

ぽちぽちぽち~

らんまるせんせ

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

ひとぉつ、人の世 生き血をすすり。
ふたぁつ、不埒な悪行三昧。

ひいい。かわいいらんまるせんせ、いや、らんまるくんの兄上はブラックだったのですねぇ。
過激な対応は一向衆だったからでしょうか。老若男女を撫で斬りとは、そんなでは領地は治まらなかっただろうに。だから一目散に退去したのかしら。

なるほど。忠政が磔にしたのは、ツカミだったのか。
余計、あかんような気がしますが。

信濃での森長可はとんでもなく悪人ですねぇ。そりゃ、討死ニュースに「ざまあ味噌らせおやきで乾杯」になりますわ。

つくづく、人間ってもんは様々な角度から見ないとわからんもんですねぇ。ありがとうございます。

松永弾正新太♪間合いが絶妙な面白ヤクザさんでしたねー。周りのキャラが濃くて楽しかったです。家康くんも・・・。
友情出演はドラマ限定なのかなぁ。映画はきっと行かないので、見なかったことに。

時乃★栞様

連続コメントありがとうございます(^_^)v

森さんち、長可と蘭丸くんのイメージ先行で、兄ちゃんの苦労話ばかり気にしておりましたの。
よく頑張ったねーっと思っていたら、とんでもねぇブラックだったご様子。つくづく多方面から見ないとわからんもんですね。

兄弟の仲はさらにわからんですねぇ。
長可からしたら、末っ子には色々と思うところがあるでしょうし。

>三成さんが「忠政は味方のはず(`・ω・´)キリッ」って思い込みが三成たるゆえんだろうと思います。

そうそう。そうなんですよねぇ。純粋培養過ぎて。
三成、残念なとこが一番肝心な所だったり。何事もなく算盤とにらめっこしてれば、有能な子なのに。
目立つところでミスしちゃったねぇ。

教科書に載る規模の有名人になると、必死の言い訳ラブレターまで晒されますもんね。ふふふ。

映画化かぁ。忘れよう。信長協奏曲はドラマできれいに終わり、っと。

今日は録画放置してた「のぼうの城」見てました。
野村萬斎先生の動きに食いついておりました。さすが狂言師は座ってる姿勢からして違います。

No title

こんばんは。

ああ、面白かった!
鳥打峠の数百人規模の処刑、さっそく地図を見ると、上信越道のトンネル近くにある峠なんですね。
それにしても数百人って・・・
阿鼻叫喚だったんでしょう。

森長可さんは、どうして忠政さんに跡を継がせるのが嫌だったんでしょう。
というより、長可さんには男子はいなかったのかしら。
↓を読んだら、なるほど兄弟仲が悪かったかもなんですね。

「聞こえおぼしき家柄」
そうですよねぇ。
蘭丸さまだけでも、他の家の数十倍のネームバリューだし。
あれやこれや調べたくなって、また本を読むのが後回しになりそうです(笑)

No title

つねまるさまこんばんは~
大河が終わってしもうて、官兵衛ロスにおちいっとります~
信長協奏曲は見てなかったのですが
Twitterで、続きは映画というのが
ショックな呟きが多かったです。

信長や光秀のお墓、すすご~~い!!

No title

つねまるさん、おばんですばーい♪

信長さんの墓所が小さすぎます!
あるだけでもいいほうなのかな?

森可成さんは、老獪な家康さんに見事にやられていますね。
発案はよかったのでしょうが、家康さんが烈火のごとく`・ω・´のでしょうかねぇ˃⌂˂

長久手はもう一度いかなくちゃと思っていますがゃ。
チャリで廻ったほうがいいがね?

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。つたない記事を熟読いただき、恐縮しております。

忠政の鳥打峠の処刑に驚いていましたら、らんまるせんせのコメントでは長可兄ちゃんの非道っぷりを教えていただき、びっくりしております。
森兄弟は何やら信濃地域ではとても非道な事を連発していたようですね・・・。
蘭丸くんも独立したら苛烈な人になってたのでしょうか。

兄弟の仲は、きっと他人には分からない色々な事が重なっていたんでしょうね。早くに父を亡くして気負う兄と、末っ子。ううむ。何となくわかるような・・・。

調べたいこと知りたいことが連鎖反応を起こして、床に散らばる本の大半は未読です。それなのにまた今日も、本屋で購入したり、押し入れから引っ張り出したり。本だけは、捨てられないのですよねぇ。困りました。

ゆず様

こんにちは。年末のご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

そう、まさに官兵衛ロスどす。
最後の数回がとても楽しかっただけに、特に。

続きは映画館で!と言われても、来年の師走まで覚えてないし、熱も冷めるし。残念ですわ。

信長と光秀と三成と、その他多数の戦国武将さんちが立ち並ぶ奥の院は、圧巻ですよー。真冬は凍死しそうですけど・・・おほほ。

piglet01様

おばんですばぁ~い。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

信長の墓所は、高野山との関係から「ない!」と思われていたものが、1970年に発見されました。
信長の家臣が高野山に寺を構えていたので、そのご縁のようですが、ずーーっと密かに他の墓所に紛れておりました。

老獪な家康には、そんじょそこらの人間では無理ですよねぇ。
でも、よく続いたと思うのです。森さんち、頑張りました。

長久手の古戦場だけならケッタでオケーだと思います。
長久手古戦場近く、名古屋市名東区の名東郵便局付近は柴田勝家の出身地です。

小牧長久手の戦いがテーマなら、足をのばして小牧の田縣神社にもぜひお立ち寄り下さいませ。どえらいもんが見えます。お祭りも有名です。犬山の大縣神社とセットで、ぜひ。ただし、画像付き記事にはできぃせんがね。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼