黒田家墓所。高野山奥の院。

こんにちは。



高野山奥の院。


巨木立ち並ぶ奥の院。


中の橋。


御廟橋。これより奥は今も空海が住んでいる聖域。


かんべえくん、いよいよ最終回。寂しいな。


官兵衛の仕えた豊臣家墓所


黒田家の宿坊は、正智院。

永久年間(1113-7)に、学僧教覚正智坊により開基。
高野八傑の1人の道範大徳が中興。

黒田家・島津家の帰信が厚かったお寺。
本尊は阿弥陀如来。
国宝文館詞林、不動明王、五銛鈴その他仏像、仏画・典籍を多数所蔵。



筑前・黒田家墓所。

外様。52万3千百石→47万3千余石。
黒田家も複数の墓所があります。


筑前・黒田家墓所


筑前・黒田家墓所

関ヶ原で長政が頑張っても、外様は外様。
徳川へのお気遣いなのか、お大師様への信仰心が厚いのか。

シンプルでも重厚な黒田家墓所なのでした。


いつも応援いただきありがとうございます。楽しかった大河「軍師官兵衛」もいよいよ最終回。寂しいなぁ。高野山奥の院の黒田家墓所は、結城秀康や岡崎本田家の近くにどっしりと立っています。周りと比べると一際大きく威圧感がありました。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。

おまけ

加賀・前田家墓所を書いてる時に気づいたもうひとつの黒田家墓所。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

つねまるさーん、おばんですばーい♪

そうか、官兵衛さん最終回なんですね。
さいごは見なくちゃ!

そう、長政さんは徳川家にビッタリと寄り付いていたんですね。
家康さんを祀る日光東照宮の大鳥居は、長政さんの寄進でした。

真冬の高野山は素人はムリじゃないの。
凍ってしまいそう・・・。

どの時期が、いちばんいいのでしょう・・・。

piglet01様

おはよですばぁい。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

そうです、いよいよ最終回。九州の関ヶ原をもっとねったりとやってほしかったなー。見て下さいねー♪

>そう、長政さんは徳川家にビッタリと寄り付いていたんですね。
>家康さんを祀る日光東照宮の大鳥居は、長政さんの寄進でした。

ビッタリと寄り付くこと、藤堂高虎の如し。
もり(或は、ぼり。母里)くんは、秀忠から「毛利さん」と聞き&書き間違えられ、あ、もう、毛利にしとこ、っとなるほどビッタリ。

日光東照宮、いいなぁ。いいなぁ。
でかい鳥居も見たいなぁ。そうですか、長政の寄進ですかぁ。
・・・フライパンみたいな形をしているのかしら。ふふ。

真冬の高野山、マイナス13度。ふふふ。
真冬の奥の院で、遭難。しゃれになりませんねー。

寺社で人がいっぱいだと凹む私なので、前提は人がいないこと。
んまぁ、素敵な紅葉♪っとかは除外致しまして。

初春か晩秋、季節外れがおすすめです。

団体さんが襲ってくる前にぜひ散策を。
週末は、え?ここ、高野山やんね?って程度に混みます。
駐車場は満車だと考えた方が無難です。

信長協奏曲も仕舞いじゃ

勘兵衛は今日でホタルのヒカリ、偽物だって恒ちゃんバレた信長協奏曲は明日で終い。どんなラストになるのか楽しみだが、年明けに見るドラマが2ホンも亡くなる無くなるのは寂しい。残るは「マツコ有吉の怒り新党」だけです・・(涙)

早すぎる冬将軍の奇襲攻撃に遭い、雪と氷攻めでは何処へも行けず今年は店仕舞いでございます(笑)

最終回

今日でクロカンともお別れだと思うと  (゜-Å) ホロリ

どうせなら韓流の時代ものドラマみたいに、二年くらいの尺でやってほしかったわ~

一年目で播磨史をタップリプリ 川* ̄д ̄*川ポッ 
二年目で九州史をシッポリポリ 川* ̄д ̄*川ポッ 

真冬の高野山って雪は降るのかな?(←基本が地理音痴)
黒田家の墓所って高野山に二つあるんですか?( ゚д゚)ンマッ!!

大河に萌える想いを込めてポチポチポチ

らんまるせんせ

こんにちは。読後逃亡ばかりで失礼しております。

仰っていた通り、信濃の城攻めは短期集中なんですね。一日に何ヵ所もクリアされるお気持ちがよくわかりました。

雪と氷の大王様となっているご様子。
そろそろ肝が悲鳴をあげているのではございませんか。ふふふ。

偽物に命はかけられませんっぷーっと言われた信長くん、どう後始末をつけるんでしょう。楽しみですが、ほんまに寂しいです。
もりりんご最期の回は涙涙でした。るるる。

コスプレ物と言われようとも、時代もののない日々は退屈なもので。ローカル局のお昼の再再再放送の録画の大岡越前などで日々をやり過ごし、夕方は忍たまでほっこり、ですわ。おほほ。

最低気温が5度を下回った時点で冬ごもり開始でございます。
今日も鍋と焼酎がうまいです。へへへ。

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

そう。播磨と九州をじっくりしてほしかったですねぇ。
九州で四苦八苦したり、もっともっとねったりとしたら、あんな人もこんな人も出てきて、うほうほだったのになぁ。

真冬の高野山は、「山」なので標高が高く、マイナス十数度になります。関西地区では仰天の気温です。

黒田家墓所、多分三ヶ所です。一ヶ所を取りこぼしました(T_T)

最終回は、寂しいなぁ。九州の関ヶ原で盛り上がってるんだから、その後の処理のあれこれをやってくれー。(きかん坊の宗茂が見たいだけ)

No title

こんばんは。
官兵衛、終わっちゃいましたね。
ああだこうだと言いながら、結局最後まで見通してしまいました。
大阪の陣があっという間で肩透かし食らっちゃった。

正智院、色々見たけどHPとか無いのね。
宿坊にHPを求める方が間違ってるか。
宿坊に泊まって、美味しい精進料理を味わうのが夢なんだけど、お勤めもしなくちゃいけないのね。
この罰当たりめが!!って弘法大師様に怒られそう。

それにしても、高野山奥の院って空気まで違う(だろう)感じがしますね。
これじゃ、魑魅魍魎が跋扈してても不思議じゃない感じを受けました。

話は違いますが、らんまるさん、リンクを貼らせていただいても宜しいでしょうか。

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

ううう。終わってしまいました(T_T)
何だかんだと文句を言いつつ、せめて九州の関ヶ原がちびっと出たので嬉しくて。きかん坊の立花宗茂とかずるっこ鍋島をやれー!名前だけかい!っと悶絶しておりました。

大阪の陣は、再来年にたーっぷり、ですよね。
鬼が笑おうとも、楽しみです。

大阪の陣は今年と来年が400年ってことで、大阪城を盛り上げようとしてます。何の記念なんだか。でも、なんかしてると吸い寄せられるお馬鹿な私でございます。おほほ。


>正智院、色々見たけどHPとか無いのね。
>宿坊にHPを求める方が間違ってるか。
>宿坊に泊まって、美味しい精進料理を味わうのが夢なんだけど、お勤めもしなくちゃいけないのね。
>この罰当たりめが!!って弘法大師様に怒られそう。

あ。すみません。宿坊特集のようなところでしか見当たらないのですよね。
綺麗なHPをお持ちの宿坊さんもありますが、人の印象は千差万別。宿坊選びはご贔屓の方のお宿を探してお泊まりになるのが一番幸せな事と存じます。宿泊しなければ拝見出来ないものが多く、迷いに迷うところです。

お勤めは任意と仰るところが多いのですが、実際に泊まるとハイテンショーンになり、せっせとお勤めに参加してしまうのです。だって、好きな人の泊まってたお宿ですよー。ほほほほ。

ただ、宿坊は修業中の若人が「お飲み物は?」と、お世話して下さるので、普段がご乱行の身には精神的に苦行でございました。

奥の院は、一歩踏み入れるとパキーンっとする空気です。これは、伽藍はお金のにほい~っとほざき、パワースポットってものに否定的な自身でも、ごめん下さいませ、と思うものがありました。

昼間は霊宝館や伽藍のあちこちを巡って高野山という存在の重みを感じとり、宿坊で萌えつつ精進料理を堪能し、翌早朝に奥の院を巡るのがおすすめです。

精進料理、とても美味しくてお腹が一杯になります。下拵えってすごい大事!と思いました。

PS
わたくし・・・つねまる、でござる(汗)

No title

おはようございます、つねまるさん。
まあまあ、私としたことが何という無礼な真似をしてしまったんでしょう。
伏してお詫び申し上げまする <(_ _)>
らんまるさまとつねまるさま、頭がワヤワヤでございます。
申し訳ございませんでした。

万見仙千代様

いえいえ、万見仙千代様、らんまるせんせと混同いただいて光栄です。
私のことは、

常に丸い、と。お思い下さいませ。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼