スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松平家の墓所。高野山奥の院。

こんにちは。


今日も懲りずに高野山奥の院。



家康は「徳川」を自身の子孫の中でも将軍家、御三家(後に御三卿も)の嫡流にしか認めませんでした。

代わりに「松平」の姓が家康の血を引く親藩の多くの家で用いられます。
従って徳川家が繁栄するにつれ松平を称する家は増え続けました。



1668年より肥前島原藩主。6万石。

家祖は松平第3代信光の七男忠景の次男・忠定。

十八松平のひとつ、深溝松平家。1524年より深溝城主。

深溝城は愛知県額田郡幸田町深溝。
愛知県幡豆郡吉良荘の吉良氏(元禄赤穂事件の吉良さんち)と徳川家康との戦いの拠点。

4代家忠は家康の関東へのお引越に伴い武蔵忍藩1万石。
1600(慶長5)年、伏見城の戦いにおいて、守将・鳥居元忠の副将格として伏見城で籠城、討死。

家忠の子・忠利は、関ヶ原後に三河深溝藩1万石へ旧領復帰。その後転々として、1668年より島原藩主。



1642年より讃岐高松藩主。12万石。

徳川御三家水戸徳川家の支系で、親藩・御連枝のひとつ。

家祖は水戸藩初代徳川頼房の長男松平頼重。
水戸藩は同母弟の光圀が第2代藩主。

頼重は長男ですが、何かの理由で認知されず、光圀が世嗣に決定した後に幕府へ届出されました。

水戸藩は第2代光圀の後、松平頼重の次男が第3代藩主徳川綱條に。
高松藩は初代頼重の後、光圀の長男が第2代藩主松平頼常に。

和三盆と塩が名産。

高野山奥の院には、他に丹波篠山の松平家、下総佐倉松平家、伊予松山松平(久松)家の墓所もあります。


いつも応援いただきありがとうございます。本日、健診で。ちゃりら~♪鼻から胃カメラ~♪をして参りましたー。ものすんごい形相をした後でお医者さんの問診を受けるのが恥ずかしかったです。落武者みたいな頭になってたし。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんわ~♪

コメントというより、いつも勉強させて貰っています^^
ありがとうございます!

松平さんは多すぎて、区別がぜんぜんつきません><

高野山には何時間滞在されたのでしょうか。
恐るべき情報量です☆

No title

謙信・・・もとい、検診お疲れ様です^^

松平姓・・・自分が不勉強なのでピンと来ない姓です。
徳川さんちのジモティ姓だっけ?って感じで^^;

テレビや時代小説で「有名すぎる武将」だと、調べる気が全く起きないという、不届者です。
(リサーチ無用の逸話を見るのは好き♪)

お疲れでしょうから、美味しいもの食べて、ゆったり休んでください^^
ぽちぽちぽち~

piglet01様

おばんばい。おら、おばんですばいっ。

いやいや。

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。心に染みます。じーん。

松平さんは、ねえ。家康が頑張ってくれたおかげやん?っと、膨大な数の供養塔に溺れつつ思うのでした。

高野山奥の院で半日おりました。
本屋に籠ったりファミマでカフェしたり、般若湯や胡麻豆腐や麩饅頭や笹寿司をショッピングした時間を除いたら、墓所巡りには正味二時間くらいかしら。

7時半頃到着して、奥の院をうろついて、高野龍神スカイラインでランチして道中で何ヵ所かポケーっとしてもチェックイン前に龍神温泉に着きましたよー。(伽藍は見てません。)

観光案内所で販売している奥の院墓所地図を見て歩けば、遭難することなくお参りできますよー。

暑苦しい記事にいつもお付き合いいただきありがとうございます。

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

健診が謙信なら楽しいのになー。

愛知県東部の松平郷が家康のジモピー松平家のもとになった土地なんですが。
この辺りの五平餅はわらじの形で八丁味噌で。もー、たまりませんっ。
木曽の五平餅はお団子形のクルミ味噌。

あ、関係なかった。

有名すぎる武将のオタ話は好物です。横の繋がりに悶えますよねー。
一緒に酒を飲んだ時にこんなことあったよー、とか。

胃カメラは胃レントゲンよりは後が楽なのですが・・・検査のために組織を取られてチクチクしました。
お優しいお言葉、ありがとうございます。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。