徳川四天王と外様大名の墓所。高野山奥の院を考える。

こんにちは。



高野山奥の院には、徳川四天王もいます。


榊原康政。地味である。


本多忠勝。地味である。


酒井忠次の酒井家墓所。出羽庄内17万石。どっしりである。


井伊さんちは廟所があります。

譜代を二つ。


江州膳所・本多俊次墓所。酒井忠次の孫。奥様は立花宗茂の養女。


三河岡崎・本田家墓所。

みんな、こじんまりとしております。
それに比べ、外様大名の墓所はどうでしょう?
目立つ墓所をピックアップ。


加賀・前田家墓所。外様。加賀百万石様。
前田家には他に利長とその妻、利治の墓所があります。


秋田・佐竹家墓所。外様。20万5,800石。


奥州・相馬家墓所。外様(後に譜代)6万石。


奥州・南部家墓所。外様。10万石→幕末20万石。


奥州・最上家墓所。外様。57万石→改易→近江蒲生5千石。


奥州仙台・伊達家墓所。外様。62万石。


信州・諏訪家墓所。外様。3万石。


伊予宇和島・伊達家墓所。外様。10万石→7万石。


山口・毛利家墓所。外様。表高65万8千石。


周防岩国・吉川家墓所。外様。3万石(表高)→6万石(実高)


薩摩・島津家墓所。外様。77万石(変遷あり)。


島津家三代。


薩摩・島津家が建立した供養碑。琉球石。


日向飫肥・伊東家墓所。外様。5万7千石。


肥前平戸・松浦家墓所。外様。6万1千石。


但馬出石・仙石家墓所。外様。5万8千石→3万石。


外様大名は、石高が少なくても大きく立派な墓所がとても多い。

高野山奥の院には、平安時代以降の墓石・供養塔が10万基以上。
徳川時代以降から急に増した事が礎石の年代から判明しております。

ここから読めるのは、幕府が外様大名にお金を使わせ、財力を削ぐ政策の一環として高野山奥の院に墓所を建てさせたということ。

高野山には、墓石にするような剥き出しの岩場はなく。
供養塔等に使用した石は、四国、山陽、瀬戸内海、近畿地方から運ばれたもの。

運搬にも制作にも多額のお金がかかったでしょうねぇ。


のんきにお散歩している場合ではござらん。ここも競争社会。


いつも応援いただきありがとうございます。高野山奥の院に立ち並ぶ戦国大名の墓所ですが、なぜ遠方のおうちがこんなに立派なものを?と、とても不思議でしたの。今は雪景色かもしれない高野山。冬に行くのも味わい深いでしょねぇ。と、こたつでぬくぬくしながら言ってみるだけです。寒いの嫌です。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

つねまるさん、こんばんわー♪

又佐さん、もーりさんの墓所はおおきいね~。
見栄をはったのではなく、お金を浪費させられたのですか。

天下普請も大変だったろうに、こんなところまで・・・。

ところで、今は誰が管理しているのだろう。
永代管理は、とうに底をついただろうに・・・。

No title

この「お返事する、こうやくん」が好き♪

墓自慢って、現代でもありそう^^
ナントカの石とか、デザインが凄いとか^^

高野山に対する信仰心がドンダケ?
って、どうにも現代人には計りかねる部分(´・д・`)

北海道なんかになると、高野山と歴史的絡みは多分ゼロなんで、余計に判らん(´・д・`)

当地を訪問して墓所をお尋ねするのが理解の早道なんだろうな~^^
てことで、訪問したつねまる様が羨ましいという話です^^

ぽちぽちぽち

piglet01様

こんばんは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

高野山奥の院の墓所の管理ですが、各区画を管理する宿坊の奉仕や、国や県等の指定史跡なので少しだけ補助金があったり、宗教法人高野山が予算付けしたり、のようです。

現場では「○○会奉仕修理団」という墓石専門の修理担当さん。
草刈りなど軽微な作業は奉仕。

一般のお寺の霊園運営と同じように、奥の院にも新しい区画を作って経営されてます。あー、でも確か去年、運用に失敗して数億円がパーになったとニュースにありましたねぇ。

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。こうやくんも、ありがとう、と。

墓石には、なーんか奇妙なものがたまーにありますねぇ。
我がわれが、ってしてるのって、あんまり気持ちのいいもんじゃないなぁ。まあ、ご本人さんが良いならそれでよろしいのですが。

高野山への信仰心からここに、という人が果たしてどれくらいいたのかな。上杉謙信はバリバリの信仰心ですけど、ねぇ。

高野山奥の院は必死に探検すると遭難します。
関西も一応寒いので当分は熊さんのように冬ごもりです。溜め込んだ本を読んで・・・昼寝。昼酒。

あ、北海道の方の墓所もありますよ。あの、南端のとこのおうち。

厳しいお天気のご様子。早く嵐が過ぎますようにお祈り申し上げます。

No title

こうやくーんっっ!!

苔生している感じがとてもいいです。

yuki様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

苔むして足元はつるんつるんです。
うっかり滑っても、さすがに墓石につかまるわけにもいかず、ただ転ぶのみ。
画像だとちびっこく見えてしまうのですが、実はどれも巨大な墓所。
お団子のように、真ん中に芯が通って崩れないようになっております。

いや、だからつかまっても大丈夫、というわけでは。おほほ。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼