スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大鳥神社。家康に長束正家の陰謀をチクった篠山さんのおうち。

こんにちは。


関ヶ原の合戦前。1600(慶長5)年6月。
上杉討伐に向かう家康に、水口岡山城の長束正家が朝食にお誘いします。


石田三成側の長束正家。


めっちゃうまそうだ。

そこへ。

豊臣方の策謀だと告げ、夜中に家康を鈴鹿峠まで送った人がいます。


篠山城主、篠山備中守理兵衛景春。

誰?

この人甲賀の人。
甲賀五十三家の「大原氏」の一族「篠山氏」。

甲賀では同名中(惣)の一族名と個人姓、二つの姓を持っていました。
大原さんに属する篠山さん、「大原篠山氏」となります。


また、用心深い家康が一介の武士の言葉を簡単に信じるわけはなく。

この大原氏。甲賀郡大原が発祥ですが、元は近江伴氏。
「伴・大原・上野・多喜」は特に「伴四党」と称されます。

そして、近江伴一族は元を辿ると三河出身。

よって徳川家康とは従来より関係があり、1560(永禄3)年の桶狭間の合戦では、大原氏らは徳川に属して参陣。(この時期、岡崎の大樹寺の弟子に大原景顕という人物あり。)

また、1562(永禄5)年の鵜殿氏の上ノ郷城攻めに苦戦した家康の援護に、甲賀武士が攻略で活躍。

さらに1582(天正10)年の本能寺の変の時は、伊賀の人が有名になってしまいましたが、甲賀武士等も家康の三河帰還を助けております。


そんな大原さんが最初に城を築いたのは、甲賀市甲賀町鳥居野。
大原氏の氏神を城内に勧進したのが

大鳥神社。
京都の八坂神社を模した門です。


8月1日。篠山備中守理兵衛景春・景尚親子や他の甲賀武士は鳥居元忠の麾下に属して伏見城の守備に入ります。

長束正家が伏見城に立て籠もる甲賀武士に妻子を人質として降伏をすすめたところ、甲賀武士の中には離反する者が出てしまいます。

結果は周知の如く、伏見城落城。

篠山備中守理兵衛景春親子は戦死。



関ヶ原後、家康は伏見城で戦死した景春の二男資盛を召出し鳥居野を安堵。

江戸時代には陣屋を構え、代官として本領を治めました。


今も8月3日には同名中「大原」氏が羽織袴に帯刀で集まる大鳥神社。

大原氏には、信長家臣の滝川一益、水口岡山城初代城主の中村一氏がいます。
滝川一益は、1570(元亀元)年の信長と甲賀武士団との戦い以後「同名中」より除外されました。そりゃそうだ。


参考文献
大鳥神社HP→→→大鳥神社HP

大鳥神社
《住所》 滋賀県甲賀市甲賀町鳥居野783


いつも応援いただきありがとうございます。甲賀市はテクテクすればするほど素敵な史跡のドツボにどっぽん。滝川ー益まで出てきてしまって、もうどうしたらいいのやら。「ウイスキーのお湯割り、いやいやほぼ原液やん?」を飲みながらじっくり考えます。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。
朝から豪華です。
少しづつ色々食べられるのがいいですね♪

No title

こんばんわ~

おぉ~、こわっぱ役人の長束正家さん。
家康さんお誘いに乗じて一泊してみると良かったのにね^^

正家さんの奥さんは、本多忠勝さんの妹。
関ヶ原で負けて切腹。
複雑すぎて分からないな。

つねまるさんが解説してくれるかも・・・。

No title

>甲賀では同名中(惣)の一族名と個人姓、二つの姓を持っていました。

(((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル
諱ループとは違う方向で、個人の判別が難しいパターンだ^^;

でも、そういうのに萌えを感じるマニアです(*´pq`)クスッ

>近江伴氏

本姓が近江伴氏って九州にもいるんですが、近江にもいるんですね^^
ちなみにプチトリビア、ドラえもんでスネ夫の声優さんが「伴姓」です^^/

おお~楼門素敵~川* ̄д ̄*川ポッ 
(門が好きだから、神社も楼門萌え)

ぽちぽちぽち~~~

宙海様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

朝から色々食べまくって、ランチはおにぎり程度、夜は地元の魚やお惣菜で晩酌。旅の楽しみです。

ホテルの食べ放題(違)よりも、松花堂弁当風になっていると落ち着いて食べることができるのでほっとします。

piglet01様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

えー。長束正家さん、不評ですかー?
算盤勘定が出来て、常に後方支援を真面目にこつこつとこなす長束正家って、いい仕事していて好きなんですが。

長束正家の奥さんの栄子さん。
関ヶ原後に正家が切腹した後、身重の体で放浪し、正家家臣の山本浅衛門の家で男子を出産してご他界。

堂々とお墓をたてることも出来ず、墓石は石っころひとつ。

その男子が、水口の家康のホテル、大徳寺の三世還誉上人になります。
大徳寺開山は本多忠勝と栄子の伯父。
また、父の長束正家は生前に大徳寺を保護しておりました。

三世還誉上人となった彼は、母のために大徳寺そばの地蔵堂を栄照寺と改め、大徳寺の末寺に定めて長束家の菩提寺にしました。

という話を水口城資料館で聞いてきました。

時乃栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

伊豆へ流罪となった伴善男親子含め各地に流罪となった伴氏ですが、そこで子を成したり、「伴氏の後裔」を勝手に名乗る人がいたり。

「近江伴氏から分かれた」のか、後に「近江伴氏に繋げた」のか、甲賀五十三家でもほんまに微妙なところ。
でもそれを言い出したら収拾がつかないので、現存する地名と同名中とで考えた方が甲賀では無難なのかなぁ。


>ちなみにプチトリビア、ドラえもんでスネ夫の声優さんが「伴姓」です^^/

あ、そうそう。名士なんだよーって、確か。
スネ夫は肝付さん。そうね、今の声の人はピンとこないですね。

大隅半島で「肝属」の看板見て、「肝臓!?」っと勘違いしたり、「かんぞく」と読んだりしたのは内緒。

神社は門もいいけど、やっぱ、磐座ですぜ。奥さん。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。