大徳寺。家康のホテルに候。開基は本多忠勝の伯父さん。

こんにちは。


恨み言をぼやく水口城。

古くから伊勢に通じる街道の要所であった甲賀市水口町にある水口城は

三代将軍家光がたった一度だけご利用遊ばしたお宿。

家康の時はここはありません。では、どこに泊まったのでしょ?


どっち。


大徳寺。


大徳寺から見える水口岡山城。
1585(天正13)年、秀吉の命令により中村一氏が甲賀郡の支配の拠点として築城。

中村一氏→増田長盛→長束正家→関ヶ原で開城。


元々は「林慶寺」と称す禅寺。

水口岡山城を築いた中村一氏が1588(天正16)年、城西二町四方の土地を施し菩提寺と定め、小田原の大蓮寺の僧叡誉に寺の建造を依頼。
浄土宗に改め「浄慶寺」と号しました。

開基大檀那は中村一氏。長束正家も菩提寺とします。


開山・叡誉上人。

この人は、本多平八郎忠勝の伯父。
また、家康がチビの頃に手習いを教えた人でもありました。


1600(慶長5)年。
徳川家康が関ヶ原後の上洛の際、叡誉上人の出迎えで当寺に立ち寄り、
寺領29石余と金品等を寄付。


何でしょう。


家康公の腰掛石。
1600(慶長5)年に家康が立ち寄った際に、休憩して腰掛けたとされる石。

「家康の天の下しる重き身の しばしいこひし跡ぞこの石」(読み人知らず)


1602(慶長7)年。
家康が当寺の2世岌誉の法話を聞き

●香木と法服。
●「花咲松」「千年松」の2本の松。
●家康の「家」と松平の「松」の各1字をとって「家松山」の山号。
●「大将軍徳川」を引用し、浄慶寺を改め「大徳寺」の寺号。
●寺紋に、徳川の定紋(葵紋)と丸小右離れの『立葵』の使用許可。

を、与えます。


丸小右離れの『立葵』


山門にある徳川の定紋『葵紋』。

以降、家康が上洛の際に水口に宿泊する時は大徳寺に宿泊。


1649(慶安2)年。三代将軍家光より、寺領(石高29石3斗9升6合)の永代免除朱印を拝領。

明治初年に至るまで続きます。


そんな徳川さんちに縁のお寺ですから、水口城主の加藤さんは、「帰信一層篤く、寄付物品等の外護」を致します。
よって隆盛するものの江戸時代に2度、昭和に1度、火災に遭遇。

尚、水口岡山城主長束正家と正妻栄子姫の遺児は、仏門に入って大徳寺3世の還誉上人(岌閑)に栄進。
北脇に栄照寺を建て父母の霊を弔ったといわれています。


小堀遠州作の、積石法「植石伏」の石垣。


「甲賀騒動義民の霊位 五輪塔」

「世につくす甲賀の民の赤心(まごころ)の堅きしるしの石のあららぎ」

1842(天保13)年10月、幕府の検地に反対した甲賀、野洲、栗太の農民1万余人は一揆を起こして抵抗。

天保の大飢饉(1833(天保4)年から1839(天保10)年)の直後に起きた「近江天保一揆」です。

その指導者11名は翌年3月6日江戸に送られて処刑。
1844(弘化元)年9月、第17代光誉上人は刑死者の霊を慰めその冥福を祈る為に水口城主の点許を得てこの五輪塔を建立。
無縁塔と称して亡き霊を弔いました。

建立の背景としては、水口藩の井口多兵衛が大津代官所にて『御無慈悲の御見分と相成候ては、騒ぎ立て申すまじき御請け合いはいたされず』と語っており、そんな殺生なー!と、藩でも思っていたことが伺われます。

近江天保一揆については、wikipediaに詳しいので、ご参照下さいませ→→→→
「近江天保一揆」


『一味同心』『惣国一揆掟之事』などで強く結ばれていた甲賀五十三家、野洲郡の三上七党等、中世より横の結び付きの強い地域であった背景があり、農民1万余人による一揆、となったのでした。


参考文献
大徳寺HP→→→「大徳寺HP」
現地説明書

いつも応援いただきありがとうございます。家康のホテルはもともとそこにあったお寺。三代将軍家光ともなると、わざわざホテルを新築。しかも二条城クラス。その落差の妙。そして中村一氏・長束正家菩提寺であったお寺が「大将軍徳川」を略した大徳寺となり、葵の御紋をオシオシとは、これまさに時の流れの妙。面白いです。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。お邪魔します。
いつもお世話になっております。

それにしても家光公 1度限りの宿泊の為にホテル水口城が出来たとは。。。さすが三代目将軍様・・なんともゴージャスなご旅行?だったのですね~ 

No title

こんにちは。

水口城、家光公はただ一度の為に築城されたんですか。
その後は誰かが管理したんでしょうね。
なんと勿体ないことでしょう。

1個落ちちゃった葵の御紋が可笑しい(笑)
教えてあげた方が良いんじゃないだろうか。

今日も勉強になりました。
有難うございます。

おきまちあき様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。
ホテル水口城。小堀遠州が作事責任者なので、さぞかし趣のある旅館だったかと。

家康、秀忠の頃は押し付けなくても周りが頭を下げたでしょうけど、三代目となると改めて権威付けしなくちゃならなかったのかなーとか、いろいろ考えると面白いですねー。

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。貴記事の浅間山の雪化粧に体の芯から冷え冷えと致しました。

将軍様のご宿泊の為にわざわざ二条城クラスを造った贅沢さ。
結果として一度限りのご縁だったので、造らされた担当者はむなしかったでしょうねぇ。

その後、直轄領の間は幕府役人が番所を置いて管理。
加藤さんが水口藩主になってからは、ここは将軍様のホテルなので使えません、っと、加藤さんで建物の維持管理はするものの、北側の二ノ丸でお仕事をしていました。

さすがに後になって一部壊したようですが。
もったいないお化けが出そうなお話です。

落ちちゃった葵の紋。え、こういうのって、ぺたんって貼り付けてたの?と不思議に思いました。瓦は大量生産して、紋は各自でオーダーして貼ったのかなぁ。

くだぐだな記事になってしまっておりますが、本日もお付き合いいただきありがとうございました。

No title

こんばんわ~ですばーい (〃・ω・)ノ

水口さん、かなりぼやいてますねー ͒˃⌂˂
水口カフェーを覚えておられたとは・・・^^
結論は、流行らなかったようですね❛︵❛

家康さんの腰掛け石は、彼が立ち止まったところ
には必ずあるようですけど、
準備するのが大変だったろうなぁ~。

折りたたみ椅子じゃなく、石に拘った家康さんは
「絶対に転ばない!」
方をと石橋を叩いたのでしょうか^^

いや、お尻を冷やしたかっただけ?

どこかで聞いたな~シリーズ?その2

サブロー・・・じゃなかった信長の葬儀やったとこじゃ・・・
と思ったら、アッチは同じ大徳寺でも大徳寺総見院(京都)じゃった。

>寺領29石余

権現様の吝嗇(けち)・・・(._+ )☆\(-.-メ)オイオイ

ぽぽぽぽん~

piglet01様

こんにちは~ですばぁい。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

だって、一度限りのご縁だなんて。ぼやきもするわ、暴れもするわー、ですよねー。

水口カフェ、閑古鳥がぴよぴよだったようですね。
本当に現存していれば、さぞかし趣のある旅館でしたでしょうに。
惜しい。

>家康さんの腰掛け石は、彼が立ち止まったところ
>には必ずあるようですけど、
>準備するのが大変だったろうなぁ~。

おー?
お大師さんみたいに、あっちゃこっちゃにあるんですかー。
うわぁ、めんどくさー。ひとつでいいのにねぇ。はた迷惑。

石に座ったらおちりの病になるっ!って、つべたい石は回避するのが家康らしいと思うんですが、周りは記念に残したかったのかしら。

石橋を叩きすぎて壊してしまう家康は、ほんまにめんどくさー。ですよねぇ。

時乃栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

京都の大徳寺は塔頭さんが多いので、それぞれの名前でお呼びしてます。あんまし「大徳寺」だけでは呼ばないかなぁ。私のツボは大慈院さん。
大徳寺、で思い出すのは「大徳寺納豆」。けっこう、好きです。

今宮神社であぶり餅を食べて、腹ごなしにぷらーっと散歩してます。
敷居が死ぬほど高いけど、外壁見るのはタダですもの。おほほ。

>>寺領29石余
>権現様の吝嗇(けち)・・・(._+ )☆\(-.-メ)オイオイ

いや、現金(違)くれただけでもめっけもん、じゃないでしょか。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼