スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水口城。将軍様だけを私は待つわ。例え一度限りのご縁でも。

こんにちは。

古くから伊勢に通じる街道の要所として、室町時代には既に宿場町が形成されていた甲賀市水口(みなくち)町。


山のてっぺんで叫ぶのは、水口古城とも言われる水口岡山城。
1585(天正13)年、秀吉の命令により中村一氏が甲賀郡の支配の拠点として築城。

水口が甲賀の中心都市となる基礎固めとなります。

中村一氏→増田長盛→長束正家→関ヶ原で開城。

水口岡山城に対して市街地にあるのが、

水口城。これは、再建の出丸の御矢倉。

関ヶ原後は、徳川直轄地となった水口。


水口城は、1634(寛永11)年、3代将軍徳川家光の上洛の際の「将軍様のお宿」として延べ10万人の大工を動員し、3年の歳月をかけ幕府直轄工事で築城。


作事奉行は小堀遠州。

奥向の御座所の庭園には、「御亭(おちん)」(ぷっ)と呼ばれる2階建て望楼風の建物が建つなど、数奇を凝らした造りで、まさに二条城を小型化したままの豪華なものだったとか。

「水口御茶屋」とも呼ばれた水口城。


ところが、「将軍様のお宿」として使われたのはたった一度。


こんなに立派なのに。


以降は幕府の宿館として城番が管理。


乾(北西)御矢倉の石積。

1682(天和2)年。石見国吉永1万石の加藤明友が2万石で入城。
水口藩が成立。


加藤明友のじーちゃんは、この人、賤ヶ岳七本槍の加藤嘉明。

鳥居忠英が一代のみ入りますが、明治維新まで加藤家が藩主を勤めました。


矢印から上段の積みかたが気になるんですが。修理したのか。


加藤家では、「将軍様のお宿」の水口城は幕府からお借りしてるものですから・・・と遠慮して使用せず。

本丸北側の二ノ丸で政務を行っておりました。


明治維新となり、水口城は廃城に。


この水口城の周囲は土塁だったわけはなく。

例によって廃城後の建材は公売・競売・払い下げに。
本丸を囲んでいた石積は、出丸と乾御矢倉以外は、近江鉄道の線路の敷石となりました。


もっと叫ぶのだー。


当時は南側を流れる野洲川の水が入るのか、注水口はないのに堀の水はきれいでした。

別名「碧水城」。


この世で、てとこがまずいかと。


水口城ぐるっと一回りでした。


水口城北東には。

当時は水口城城内にあった藤栄神社。


【祭神】加藤嘉明

1829(文政12)年、水口藩により創建。
近世は嘉明大明神と呼ばれました。

秀吉から拝領の刀剣とか高麗鞍が伝わるそうで。


(旧水口町役場前の謎の像)

残存文書が少なく不明な点が多かった水口藩ですが、水口町松栄にあった加藤家の「お蔵」に大量の古文書が残ることが判り、平成18(2006)年度から4年間の詳細調査。

「水口藩加藤家文書」と名付けられたこの古文書群。

豊臣秀吉朱印状と徳川将軍御内書
江戸幕府老中奉書と大名からの書状
大坂加番記録
藩政史料

など、近世初期~大正期の総点数1万3983点(うち近世3241点・近代9125点・その他1617点)にも及ぶ古文書群であることが判明。



資料館の中身が充実することを願います。


参考文献
水口城資料館案内パンフ、現地説明書


水口城・水口城資料館
《住所》滋賀県甲賀市水口町本丸水口城内


いつも応援いただきありがとうございます。水口は、東海道の宿場町の風情が残る町並みや、水口岡山城と水口城など、見所いっぱいです。ホテルは水口周辺に点在することから、甲賀巡りの拠点になるかと。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは〜♪
タブレット端末だと写真があざやかに見えますよ( ̄▽ ̄)

まり姫様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問ありがとうございます。
ご無沙汰しております。

気力の萎えるご指摘ありがとうございます(T_T)
そこは突っ込まずにそっとしといて下さいませ。

画像はかなり落としております。ぽーっとしてますねぇ。
タブレットだと縮小されてるのできれーなのでしょうね。

七本槍に・・・・

クロカン、関係ないやん(爆

なんて突っ込みは野暮なんですね。ハイ^^/

どっかで聞いた城だなーーー
と思ったら関ヶ原当時の長束さんちだったからだ^^/

江戸期の城の話は全く知らなかったので、ひたすら「へー」「へー」と感心しきり

一晩だけのために3年かける・・・
究極の贅沢ですね^^

徳川せれぶばびでぶーぽち☆

時乃栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

>クロカン、関係ないやん(爆
>なんて突っ込みは野暮なんですね。ハイ^^/

のんのん。そこを突っ込むなら「トイレ」やん?
これは木之本駅の案内板で、クロカン博覧会会場があるもので。


>どっかで聞いた城だなーーー
>と思ったら関ヶ原当時の長束さんちだったからだ^^/

長束さんち、よくご存じで。さすがですねぇ。
水口のどこからでもよく見えます。今、発掘調査中。
昔は郭が「お祭り広場」、郭と郭の移動がすべり台。
謎のパーラダイスだったんですよー。


>江戸期の城の話は全く知らなかったので、ひたすら「へー」「へー」と感心しきり

「水口御茶屋」を、東海道筋の茶屋だと思ってたのは内緒ね。
団子は販売しておりません。


>一晩だけのために3年かける・・・
>究極の贅沢ですね^^

徳川、変な方向へ行く兆しかー!?っと不安になったり。
こんな贅沢するなんて随分時代が過ぎたのねーと思ったら、まだ家光。
将軍の権威付けの為と、じゃんじゃん使え他人の金!の意向でしょうか。

ちんまりした外様のお城かー?と思っていたら、二条城クラスの御殿。
つくづく歴史は面白いですねー。

No title

こんばんわ~

あれ、七本槍の嘉明くんのお孫さんはここにいたの?
道後温泉があわなかったのかな。

石垣を返して欲しいよね。
でも、修復が上手でないようだから、まぁ~いいか。

三成くんが初めて城主になったとか言われるのは、山城のほうなのかな。

piglet01様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

以前「水口の御茶屋」コメントいただきましたが、すっとぼけていてごめんなさい。本気でおされカフェの話かと思っておりました。

「七本槍の嘉明くんのお孫さん」は、道後温泉がお肌に会わず会津に引っ越した嘉明Jr.明成の庶長子として大坂で生まれ、アホーなパパが改易され、会津領も没収されて、あー、こりゃこりゃ。

じーちゃんの功績で石見吉永藩を立藩させてもらい、さらにじーちゃんと自分の功績で1万石を加増の上、近江水口にやって来た苦労人です。

石垣のへんてこりんは、やはり修復の時のですよねぇ。
宅造したんかと思いましたわ。

ここも、ふるさと創生なんちゃららしいです。

「石田三成のハジメテのお城♪水口4万石♪うふん」のお話ですが、天正13年に中村一氏入封、同18年には増田長盛、続いて長束正家、と引き継がれており、「天正の末」に三成が水口城主になる余地が記録上「ない」のが通説のようですね。

でも、そろばん必携の三成ですから、検地には来たのかもしれないですねぇ。
ロマンもくそもないですが、それでこそ三成。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。