新宮支城。秋の風が優しく頬を撫でる手作りの城。甲賀中惣遺跡群。

こんにちは。


疲れたときは、ペリーヌ物語を見るのが好きです。
名前は♪バロン♪きまぐっれ、なー、いぬぅ~♪です。

秋の風はぁ優しくぅ~♪優しくほほ~を撫ぁでるぅ♪
さあー、歩いていくぞぉ~♪新宮支城♪


甲賀中惣遺跡群(寺前城・村雨城・新宮城・新宮支城・竹中城)のひとつ、新宮支城。



鳥瞰図の引用元→→→余湖くんのお城のページ
余湖様、お借り致しました。ありがとうございます。


ご自慢の高い土塁を探険。


ちゅるんっと滑って膝が泥んこなのは内緒です。


これが西側になると間の堀が深くなり・・・


怖いからやめて。


何でも見えちゃうわ。


近所にあったら楽しいのにな。


こうして作った土塁ですが。


あまりに高いのでいくら傾斜が急でも


外側に比べて中はちょっと狭くなりました。

いいの。敵は外から来るからねー。


下から見たこの土塁のてっぺんにおります。


土塁の一番高い所から主郭を眺めると、虎口がちびこく見えます。


ちょっと怖い。


森林浴、気持ちいい♪


全て同じ高さではなく、虎口(東)側から西に向かって高くなってるのがわかります。


北側には、三角形だった土塁付きの台地。


間はこんな堀。


守りは任せろ!


鬼じゃない。

名残惜しいけれど、次へ行きます。

くねくねする虎口前の道を下りて、郭を南へてくてく。


上段の郭の端っこ。ちょっと出てます。
見張りの人がいたのかなー。


油断大敵です。


ふぬぅー。おら、負けねぇ。


これが見たかったんだ。


むううぅ。


山の斜面の下に三日月形のものが。

反対側から見ると。

昔はきれいな水を溜めたのかな。


帰りはおとなしく平らになっている郭をてくてくと。


長々とおつきあいいただきありがとうございました。



たとえ何が起きようとも、自己責任です。ええ、そうですとも。


鳥瞰図引用
「余湖くんのお城のページ」様
→→→http://homepage3.nifty.com/yogokun/
→→→(クリックで開きます)余湖くんのお城のページ


いつも応援いただきありがとうございます。らったらった♪とあちこちを見てきました。楽しくて二時間も滞在。何してたの?と聞かれたら、「ぼーっとしてた」です。おほほほ。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

バロンだー!

つねまるさまも「ペリーヌ物語」がお好きなんですね。私もです!!
脈絡もなく突然、バロンが見られてラッキーwです。
ペリーヌを見ると、私も頑張るゾという気になります。旅の様子も、工場で働く姿もとてもけなげですよね。

No title

この木々を全て伐採したら、城の全体が露わになるんでしょうかね。
ど素人の私でも分かるように。
見たい・・・一度で良いから見てみたいです。

みすず。様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

きゃ。みすず。様もお好きですか♪嬉しいなー。
ほんとにねぇ、まだ若いのに苦労ばかりで。けなげなペリーヌに、涙です。

バロンが好きで好きで。死んだふりまでする芸達者ぶりが。
つい、へろーんっと描いてしまいまして。

月が代わっただけなのに、みょーに多忙でイライラしてます。

こんな時は、ペリーヌ物語を見るのが一番ですわ。おほほ。

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

そちらは大雪なのでしょうか。大阪も冷え込んでおります。

この木々と粘土質のおかげで地面は濡れっぱなしで。作業用の長靴で歩いてきました。魚屋さんみたいな格好で山城巡り・・・正解?不正解?

画像を見たら何が何だかわからん景色になっておりました。
植林したのかなぁと思います。

佐久の望月さんが甲賀に領地をもらうずっと前から甲賀と信濃の結び付きはあり、「望月の駒」を朝廷に献上する際に馬を休ませたのが、この甲賀辺りです。

甲賀市の城跡群は、里山にありますので登山もなく。
車があれば、一日に何ヵ所も回ることができます。新名神の甲南ICから数分で寺前城・村雨城・新宮城・新宮支城にたどり着きます。

望月さんちも、この圏内ですので、ぜひ万見仙千代様にはご覧いただきたく存じます。

そういえば・・・

城郭群の研究って話を、最近チラホラみかける。
(ジモティマニアは元々知ってたが、近年になって市町村公式HPとかで紹介されはじめたので)
大雑把に熊本県とか福岡県とか・・・

県外在住者が泣きたくなる話として、
パターン1
「やけに別名多くて何が何だか⇒⇒城郭群でござったぃil||li _| ̄|○ il||l」
パターン2
「同じ城で城主が被ってる?多くね?⇒⇒同じ名前の別の城~城郭群でござったぃil||li _| ̄|○ il||l」

ここも狭い地域に城が密集してるから、記録の混同が多そう^^;

つねまる様差配穴太衆にホッコリ♪
ルンルンルルルルンルン♪なポチ

時乃栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

日本全国、昔からそこにあるものがとてもいいのになぁ、もったいないなぁーとどこでも思うのですが。

荒れ放題になるよりは、注目されてお手入れされた方がいいのでしょうけど、まあ、「気づいたら竹田城」にならないよう祈るだけです。もう、絶対行かないもん。悲惨。

甲賀市は、「惣」「宮座」と併せて注目されておるようで。現役ですので、社殿内に名簿があります。ソトの者には敷居が高く感じました。

惣といえば湖北の菅浦の「菅浦文書」。
惣内の掟や隣村との境界線絵図、たいしたもんだと思いますわ。

No title

つねまるさん、こんばんわーですばい^o^

バロンくん、とぼけた顔していますが陽気な「いぬう~」なんですね♪

ゴム長も似合っています☆
今後も、たまには登場してくださいな!
ファンになりそうです^^

弓で頭を射てはなりませぬ`・ω・´
卵酒で体をあたためてゆっくり休んでくださいよー。

piglet01様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

ううう。ゴム長じゃなかと。模様でございます。
作業用ゴム長靴で歩いてたのは、私です。上がきゅっと絞れるアレ。

バロンはとぼけた顔してババンバーン♪なわんこで、主人公のペリーヌを癒してくれる名作劇場屈指のあいどる。

卵酒とは、卵をアテに飲む酒ですわねー?
おほほほほ。毎晩消毒しております。

はー。だから胃にニキビが毎年発生して、健診でひっかかるのですわ。

えらく冷え込んでおりますので、piglet01様もご自愛下さいませ。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼