甲賀忍術屋敷。それは甲賀五十三家筆頭・望月出雲守宅。

こんにちは。


滋賀県甲賀市甲南町の風景。


こんなぷりちーな、えべっさんのいたところは。


元禄年間に造られた望月出雲守の屋敷。

望月氏は信濃国からやって来ました。


朝廷へ献上する馬の牧場「勅旨牧」は奈良時代より存在。

865(貞観7)年に、信濃国の貢馬の「駒牽(こまひき)」の儀式が、満月(望月)8月15日に改められ、この日に駒牽された貢馬を「望月の駒」と呼ぶようになります。

朝廷への貢馬の数が最も多かったのが、信濃御牧の牧監とも伝えられる滋野氏。信濃十六牧の筆頭「望月の駒」を継承した一族として「望月」の姓が与えられました。

滋野氏はその後分家。望月氏、海野氏、根津氏(滋野三家)として継承されていきます。


東国に置かれた「勅旨牧」から貢進された馬を天皇に披露する「駒牽」の儀式。

勅旨牧は信濃・甲斐・武蔵・上野の4国。
それぞれの牧では50頭から80頭の馬を養っておりました。

駒牽の儀式は後に、16日が信濃、17日は甲斐穂坂、20日は武蔵国小野、23日は信濃望月、28日は上野、という順に引かれるようになります。(『延喜式』『政事要略』)


信濃の望月家と同じ九曜紋。

平安時代に平将門の乱の武功のあった信濃の望月三郎兼家が、朝命により甲賀十六ケ村を贈られ赴任、甲賀望月を起こしました。


今は「甲賀忍術屋敷」という名称で公開されております。

室町時代。
幕府の命に背く佐々木六角高頼討伐のため将軍足利義尚自ら大軍を率いて近江に来攻した時、甲賀武士団は佐々木六角氏に助勢。

それが、1487(長享元)年、鈎の陣。

山中でさまざまな奇襲攻撃をかけ、時には夜陰に義尚の本陣に迫って火や煙を放つなど、活躍。

「鈎の陣」で六角氏に味方した甲賀の地侍五十三家の筆頭格が、望月氏。

これを機に、望月出雲守を筆頭とする甲賀武士団の神出鬼没の戦術やその高い戦闘能力の印象が、「甲賀忍者」と呼ばれるようになったとか。


なりません。

奈良時代より、甲賀は、杣地方として巨大木が多く、京都奈良の建築物に多く使用され、巧みな建築技術も伝わります。

素早くその場を離れることを最優先にしたからくりの考案設計技術等、防御建築(防衛建築)としての観点から貴重な史跡なのです。




貝殻の内側が太陽によって光り、鳥避けになります。


忍び込まなくてよい。


にんにん、は、いいから。

中世後期、甲賀の小領主達は、同名一族同士で「同名中惣」を組織。

甲賀全域に拡大し、同規模の武士団が連合し合う「甲賀郡中惣」と言われる形になっていくのです。

「他所の一揆衆との間に争乱が起これば、一味同心に合力して戦う」等、有事の際の具体的な行動を一族内で取り決めていました。

同名中惣内部では、総領家を中心としながらも庶子家の自立度は高く、それぞれに城を構えます。

それが国指定史跡「甲賀郡中惣遺跡群」。

(甲南町・村雨城)
望月さんちの望月城もあります。


参考文献
忍術屋敷現地説明書とHP・新宮支城現地説明板


いつも応援いただきありがとうございます。忍者にんにん♪も面白いこの望月さんち。周囲には甲賀郡中惣遺跡群が点在し、のどかな風景を眺めつつ心踊るところです。信濃の望月氏、甲賀市でも頑張ったんですね。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いやあ、勉強になりました。
本当にお詳しいですね。

『望月氏は信濃国からやって来ました』
この部分で思わず、県歌「信濃の国」を歌ってしまった私って、完全に信州人だわ。
すぐご近所の望月さんが、甲賀に行って地侍の筆頭になられたなんて感激です。
それに忍者屋敷、これ良くTVで見かけません?
望月殿のお屋敷だったなんてねぇ。
おまけに「忍術丸」
日新薬品工業さんから、出ている現役のお薬なんですね!
ついでに「飢渇丸」まで検索して、面白かったぁ。
本当に有難うございます。

おお、NINJYA!

甲賀=忍びのイメージがどうして広まったか
わかりやすかったです!
甲賀も一揆衆の国だったのですね。
安芸も山間部だし、山が多いと
一揆衆の国になりやすいのかなとふと思いました。

それにしても土塁の堅牢さと堀の深さ。
一揆衆の国なのに激しい戦をしていたんだなあと感じました。

あ、あと前記事ですが、狛犬さんのしっぽ。
確かに紅葉まんじゅうですね!
狛犬のしっぽも様々なあるんだなあと
いつもつねまるさんのブログをみて思います。
今度から狛犬しっぽ分類を私もしてみようと思います!

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

>いやあ、勉強になりました。
>本当にお詳しいですね。

いえ、中間テストの一夜漬けと同じです。お恥ずかしい。
能楽「望月」には信濃国の望月秋長が仇として出てくるのですよー。曲の舞台は滋賀県守山市。
初めは、満月のお話かと思っておりましたー。


>『望月氏は信濃国からやって来ました』
>この部分で思わず、県歌「信濃の国」を歌ってしまった私って、完全に信州人だわ。

「信濃の国は十州に境連ぬる国にして そびゆる山はいや高く流るる川はいや遠し」(検索してきました)♪♪
某番組で、みんなが歌えると知り、驚きました。
住めば都と申しますが、ご自分の住む所や生まれた所を愛する事から歴史好きへの道は開けてるのだと思いますわ。

佐久のことは万見仙千代様に聞こう!ですねー。


>すぐご近所の望月さんが、甲賀に行って地侍の筆頭になられたなんて感激です。

はい。私は佐久からいらした望月さんに会えて感激です。
万見仙千代様!望月さんでござる!ふごー!です。


>それに忍者屋敷、これ良くTVで見かけません?
>望月殿のお屋敷だったなんてねぇ。

そうですね、よく見かけます。
大概は忍者だぜいっ、すごいぜいっ、ですが、たくさん紹介してもらって甲賀にも人の注目が集まってほしいです。

>おまけに「忍術丸」
>日新薬品工業さんから、出ている現役のお薬なんですね!
>ついでに「飢渇丸」まで検索して、面白かったぁ。

おおお、ありがとうございます。
はらぐすり、忍術丸。
忍術というと、どうも敵のご飯に混ぜるイメージがあって、下々が騒々しくなるのかと思ってしまいます。

飢渇丸までたどり着かれましたのねー。おほほほ。素晴らしいです、さすがです。
私は、これで三食試した方の記事を見て爆笑してしまいましたのー。


>本当に有難うございます。

万見仙千代様にお話させていただいたので佐久にも興味を持ちましたし、忍術屋敷前で鼻息ふごーっとなるほど楽しめました。
こちらの方こそ、御礼を申し上げます。

トロロヅキ様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。女子力アップ、されてますかぁー?

>甲賀=忍びのイメージがどうして広まったか
>わかりやすかったです!

よかったぁぁ。ほっとしました。
六角さんを助けたゲリラ戦、観音寺城から道筋を辿ってみたいです。

>甲賀も一揆衆の国だったのですね。
>安芸も山間部だし、山が多いと
>一揆衆の国になりやすいのかなとふと思いました。

早くから同名の集団を形成したので、いわゆる戦国大名が出てこなかったようです。
今回画像に用いている甲賀市甲南町辺りはぺったんこなのですが、甲賀市全体は山間部です。それぞれが独立独歩の体制だったのでしょうか。


>それにしても土塁の堅牢さと堀の深さ。
>一揆衆の国なのに激しい戦をしていたんだなあと感じました。

この辺りは、都に近いし通り道ですし。いろんなものに巻き込まれたでしょうね。
高い山に砦を作るには遠いですし、皆がすぐに逃げ込める里山の中に、こんな堅固なものを作らざるを得なかったのかと。

また、この辺りの地質が粘土質なので、高い土塁は得意中の得意。


>あ、あと前記事ですが、狛犬さんのしっぽ。
>確かに紅葉まんじゅうですね!

むふん。トロロヅキ様、紅葉まんじゅうはお好きですかぁー?
他の方のブログで知ったのですが、最近は紅葉まんじゅうの天ぷらまであるそうですね。

>狛犬のしっぽも様々なあるんだなあと
>いつもつねまるさんのブログをみて思います。
>今度から狛犬しっぽ分類を私もしてみようと思います!

地域によって傾向があるようです。
狛犬のツボはしっぽとお尻にあるかと。

ぜひ、神社においでの際は狛犬の前で「あひゃ」と笑ってやって下さいまし。笑顔がいちばん。

No title

こんばんわ~

今宵も少しおじゃまいたします♪
滋野氏、、清和天皇の臭いが漂っています^^

伊賀流のハットリくんに対し、甲賀流といったらケムマキ・ケムゾウ!
あぁ~、今夜もアホなこと言っています(*⌒∇⌒*)テヘ♪

忍者屋敷は入ること出来ないのですか。
仕掛けがいっぱいあるのだろうなー❛︵❛

後編がありそう・・・。
楽しみです♪

piglet01様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

>滋野氏、、清和天皇の臭いが漂っています^^

うーんうーん、これですねぇ。難しいとこですが、いわゆる自称のにおいがしませんか?


>伊賀流のハットリくんに対し、甲賀流といったらケムマキ・ケムゾウ!

懐かしいなー。そうそう、ケムマキ・ケムゾウ!
なんかおったなーっと思っておりましたが、スッキリしました。
スネ夫君の声と同じだったような?


>忍者屋敷は入ること出来ないのですか。
>仕掛けがいっぱいあるのだろうなー❛︵❛

中のからくりを説明付きで見学できますよー。とても面白いです。
とにかく逃げるのが第一だというのがよくわかります。


>後編がありそう・・・。
>楽しみです♪

m(__)m  です。

\信濃/

こんばんはー。

昔よく遊んでいたあんちゃんが、静岡には望月さんが多いんだぜー甲賀忍者の末裔だぜーと申してたのはほんとだったんだなと今回の記事で確認させていただきました。

海野氏…海野宿は佳き町並みで素敵です。
ただ30km/h制限のところをトラックが爆走してったのには本気で怖かったですががが(;∀;)

つねまるさんの記事に本当に勉強させていただいてます。
滋野あたり(というかしなの鉄道沿線)はたまにふらっと遊びに行くので何かが繋がりました。
ひとつ利口になったぜ。フフ。

さかした様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

>昔よく遊んでいたあんちゃんが、静岡には望月さんが多いんだぜー甲賀忍者の末裔だぜーと申してたのはほんとだったんだなと今回の記事で確認させていただきました。

よろしゅうございました。あんちゃんの名誉が守れました。
甲賀忍者は伊賀忍者に隠れてしまって地味な印象が拭いきれませんが、望月さんに頑張ってもらいたいな、と。


>海野氏…海野宿は佳き町並みで素敵です。
>ただ30km/h制限のところをトラックが爆走してったのには本気で怖かったですががが(;∀;)

木曽義仲敗戦後、大姫ちゃんが逃がした義仲の息子君。その身代わりを海野君が勤めたよ、ってくらいしか存じませんでしたの。

(検索してーっと)海野宿、きゃー、よきところかなよきところかな。
えー、ここをトラックが。ひかれなくてよかったですすすす(T_T)


>つねまるさんの記事に本当に勉強させていただいてます。
>滋野あたり(というかしなの鉄道沿線)はたまにふらっと遊びに行くので何かが繋がりました。
>ひとつ利口になったぜ。フフ。

ふらっと遊びに行きたいところですねぇ。しなの鉄道、いいなぁ。
大阪からは遠いなぁ…(ノ_<。)

勉強だなんて、恐れ多いお言葉。ほへー、こんな景色があるのねぇ、っと楽しんでいただけるだけで嬉しいです。

すごく励みになりますぜ。ウフフ。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼