FC2ブログ

蒲生定秀。孫が生まれたよ!お祭り騒ぎ日野祭。

こんにちは。


がもっち。


レオン氏郷が遊んだ、若松の杜。

その後ろにちょろっと見えるのは


馬見岡綿向神社。うまみおかわたむき神社。

注連縄に垂れているのは12ヵ月。12本。中央は日と月。


創建等はさておき、ここは蒲生氏代々の氏神様です。

年に一度の日野祭はここ、馬見岡綿向神社の祭礼。
1170年から行われてきた歴史ある春の例大祭。


3基の神輿と、16基の曳山。

現行は、「芝田楽」「警固」「獅子太鼓」「大榊弓矢」「御太刀」「神饌唐櫃」「剣鉾」「巫女」「大幣」「小幣」「神馬」「神職」「神輿」「神幣」「神主」の順に渡御の行列。

1557年の日野祭の様子はこちら。

1812(文化9)年、日野の豪商中井正治右衛門が谷田輔長に描かせ奉納した日野祭の祭礼絵馬。


中井正治右衛門は、4畳もの大きさの絵馬と、絵馬に合わせた絵馬殿まで奉納しました。

日野商人、恐るべし。

この絵馬には。


蒲生定秀が描かれております。

ふふふ。

蒲生定秀といえば。


素敵な土塁の残る日野城を造ったレオン氏郷のじーちゃんです。


1556(弘治2)年、氏郷誕生。



孫が生まれたよー!きゃっほー!

で。定秀は嬉しくて神輿を新造し寄進。
その翌年、1557年の日野祭の様子を描いたのが、この絵馬。


先頭。


僧兵のような姿が見えます。





神社の祭礼に、西明寺の僧達が参加しています。


羽織袴の人が続き


孫が生まれたよ!嬉しいな、の、蒲生定秀は白い傘の下の人。
前後には蒲生家家臣。

室町時代には、僧も領主も参加していたとわかるのがポイント。
(って、宮司さんが教えてくれた♪)


家臣団の後には、巫女とか神馬とか。


そして、3基の神輿。これは今も同じ。

孫の幸せを願うじーちゃんの気持ち、今も同じ。


享年40は、若すぎるよ、氏郷よ。

本人も悔しいね。


蒲生氏郷 辞世

限りあれば 吹かねど花は 散るものを 心短き 春の山風



いつも応援いただきありがとうございます。レオン氏郷の誕生を心から喜んでいるじーちゃん、ええなあ。こんなに望まれて喜ばれて生まれたレオン氏郷。若松の杜できゃっきゃっと遊びながら、すくすくと育ったんでしょうねぇ。滋賀県指定無形文化財の日野祭は4月7日の神子選びに始まり、5月2日宵宮、同3日本祭。古式ゆかしく、曳山の豪華絢爛さが美しいお祭りです。ぜひ。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

つねまるさま、こんにちは。
ご無沙汰していてすみません。

滋賀県のこのあたり
蒲生氏がいたんですね。
秀吉や家康に国替えさせられたりして
この時代はたいへんですよね。

豪華で歴史を感じさせる曳山が
出る、日野祭
見てみたいです。

No title

こんにちは。いつもお世話になっております!

定秀じっちゃま、本当に レオン氏郷さま、(この頃は鶴千代君?)のご誕生が嬉しかったんですねー。
絵馬を通して、めでためでたの大騒ぎが伝わってきますね。
40年の人生・・ぶっとくても短かすぎますよね。。。

ベビ、レオちゃ

獅子も子猫のうちなら、抱っこできる・・|壁|・ ̄)じぃー

畳4枚・・・概算で6・5㎡(約2坪) 

幅が・・0.9m×4畳=3・6m
高さが1間(1・8m)のままかな?

それとも畳を横にして・・・
幅、1間(1・8m)×4畳=7・2mで
高さを0・9mの横長絵馬なのしらん~~

戦国孫フィーバー~~
平成も昔もジジババの孫ラブパワーは半端ないのね^^/

ぽちぽちぽち~~~

※つねまる様の御奨めに甘えて、らんまる様をお尋ねしてみます^^/

ゆず様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

>つねまるさま、こんにちは。
>ご無沙汰していてすみません。

とんでもないです。
こうしてコメントまでいただいて恐縮でございます。


>滋賀県のこのあたり
>蒲生氏がいたんですね。
>秀吉や家康に国替えさせられたりして
>この時代はたいへんですよね。

ねー。
松阪ならまだしも、会津は遠いですよねー。
特に何百年もそこにいた人々が無理矢理移動させられるのですからねぇ。

この辺りは今も蒲生郡。市町村合併などで地名がなくなる中、ちょびっと嬉しい。


>豪華で歴史を感じさせる曳山が
>出る、日野祭
>見てみたいです。

祇園祭のような豪華絢爛な曳山と古式ゆかしい行列のようです。
故郷の誇りのようなお祭りはいつまでも続いてほしいです。

寒くなりましたので、ゆず様もご自愛くださいませね。

おきまちあき様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。


>定秀じっちゃま、本当に レオン氏郷さま、(この頃は鶴千代君?)のご誕生が嬉しかったんですねー。

やはり跡取りが生まれる喜びはひとしおだったのでしょうね。
鶴千代くんも文武両道のライオンに育って、さぞかし嬉しかったことだろうと。


>絵馬を通して、めでためでたの大騒ぎが伝わってきますね。

当時は日野祭が様々な戦乱の中で中断しており、定秀じーさまが再興したそうでして。
お孫ちゃん誕生と合わせて、めでためでただったのでしょうねぇ。
じーさま、馬から降りてみんなと握手しそうなうっきうき顔をしとりましたよー。


>40年の人生・・ぶっとくても短かすぎますよね。。。

です。

思いっきり頑張った、悔いなし!なんて周りが押し付けるだけで本人はほんまに悔しいでしょうね。

辞世からは氏郷の歯噛みするような悔しさが伝わってきて、ふるさとを思う歌と共に心に強烈な印象を残してくれました。

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

>獅子も子猫のうちなら、抱っこできる・・|壁|・ ̄)じぃー

|壁|・ ̄)ジー

じーちゃーん、なんかおるー( ・◇・)?


>畳4枚・・・概算で6・5㎡(約2坪) 
>幅が・・0.9m×4畳=3・6m
>高さが1間(1・8m)のままかな?

こっちかなー。
絵馬殿にかけられているので麻痺してますが、高さ1間。巨大な絵馬です。
宮司さんが二時間もうろつく不審者にご親切に説明してくださいまして。七五三のお参りの祈祷が続く多忙中に申し訳ないことしました。

これ、なんですかぁー?っと、馬鹿丸出し。


>戦国孫フィーバー~~
>平成も昔もジジババの孫ラブパワーは半端ないのね^^/

獅子は子を谷底に突き落としますが、もれなくじーさまが家臣総出で拾いに行く勢い。とーちゃんの面目丸つぶれー♪

今の時期は神社が七五三仕様でねぇ。絵馬殿が出張写真館になってたり。
孫ラブパワーは、端から見るとアレですな。


>ぽちぽちぽち~~~

がおがおがお~♪♪♪♪


>※つねまる様の御奨めに甘えて、らんまる様をお尋ねしてみます^^/

はい、ぜひ。師匠のぬくぬくなお人柄にほっくりしてきてくださいませー\(^o^)/
めっちゃ嬉しそうに土のもこもこのお城を記録に残すべく日々駆け回っておいでです。
解説とコメントが秀逸抱腹絶倒。懐の深い、信濃の強者様でございます。

わたしは、ここ、で、山城に、ハマリマシタ(*^▽^)/★*☆♪ピッ
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼