レオン氏郷のおうち。日野城址の土塁に惚れちゃう。

こんにちは。


かもっちまでご丁寧な日野。


いやいや。これは、日野川ダム。水がないけど。

ここに面して、


蒲生氏郷のご先祖代々の音羽城と区別するため、地元では中野城。


土のもりもりに心は踊る。


ありがたいことです。


日野城は氏郷の移封後は棄却され、耕作地になり。

江戸時代は、日野城の東北角っこに仁正寺藩市橋氏が仁正寺陣屋を構えたので、一部改変されてます。


横堀を渡る土の橋。


土橋西側。土塁の外側に城を囲む堀がずずいーっとあります。


目を凝らしてご覧ください。


土橋東側。夏に来たらやぶ蚊が凄そうな。


ここはなにかしらー?


1620年、市橋長政が入り仁正寺藩を立藩。


市橋さんの藩庁跡です。


ありゃ。


土塁で囲み外側に堀を巡らせていた日野城。

現存してるのは、これだけです。



戻りましょー。


レオン氏郷のおじいちゃま・蒲生定秀が造り始め、パパ・賢秀、レオン氏郷が居城とした日野城。

西側の土塁を登れば

お稲荷さん。


市橋氏二代政信の時、仁正寺藩庁の裏鬼門に建てられた稲荷神社。
維新後は旧藩士による稲荷講により信仰されています。


はしっこの下は


土塁だけでも高いのに、さらに下は堀。高低差ありありです。


うふふふ。


昔は馬場と本丸への通り道だったのか、なー?の、今の通り道。


ではお向かいの凉橋神社へ。




どこかに井戸があったんだろうな。


1720年創建の凉橋神社。

市橋氏の氏神様。源氏の流れという市橋氏の先祖・六孫王源経基を祀るとか。
あるいは、1666年に毒殺された藩主政房の怨霊を鎮めるためとか。


凉橋神社からの眺め。すかーっと。

市橋氏時代は、この辺りは藩庁の庭園になっていたとのこと。


左上が凉橋神社。言われてみれば庭園の趣。






ちまちまっとした石積がぷりちー。


楽しかったなー。


一旦、外に出まして。てくてく。


レオンの名残。


なんときれいな産湯の井戸。
きっと、ここに城内の井戸があったんだろうな。


堀。


日野城址図面の西側、当時からの本丸への道は今も道路として活躍中。


この石碑の背後には。


本丸南側の斜面。

さて。お腹がすいたので。

愛知県民、魂のおやつ。しるこサンド。
親友のお土産・名古屋港水族館バージョン。


レオン氏郷のおうちは、少ししか残ってないけど、手軽に堪能できてとっても楽しかったです。


いつも応援いただきありがとうございます。レオン氏郷が駆け回っていた当時の面影が残る日野城址。日野川ダム公園の駐車場や東屋を利用してのんびり散策できます。ただし、日野の町中にはコンビニなどはないので、おやつやご飯はご持参下さいね。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは、おじゃまいたしまする♪

日野城はダムに水没しないと大きかったのですね!
もぐらが掘ったのか、人が鍬で掘ったのかわかりませんが、
空堀と土塁が凄いし、よく残っていますね~~。

レオンさんの野面積み石垣の松坂城も見事でしたが、
実家も凄いですね。

レオンさんはここから巣立って、東北まで行ったのですか。
近江はよかっただろうに・・・。

piglet01様

おばんば~い。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。


>日野城はダムに水没しないと大きかったのですね!
>もぐらが掘ったのか、人が鍬で掘ったのかわかりませんが、
>空堀と土塁が凄いし、よく残っていますね~~。

です!
図面から見るとほんまにちょびっとしか残っていないのですが、おいしいところがコンパクトに見学できて、楽しかったです。

あひゃーっと笑顔でたんけんする、変な人になってきました。えへ。
大好きな氏郷のおうちが憧れの土のもこもこのお城で、こんな幸せなところはございませぬー!


>レオンさんの野面積み石垣の松坂城も見事でしたが、
>実家も凄いですね。

中野城と呼ばれるこちらのお城は氏郷のじーちゃんが造ったのですが、音羽城という蒲生氏代々のおうちもありまして。次回のお楽しみにとってあります。うふふ。

松坂城の石積も、よいですねぇ。
紀州藩のはしっこなので、改めて行きたいなぁ。牛も食べたいしぃ。

piglet01様は百名城コンプリートされてるので、お話の在庫が豊富で勉強になります。ふむ。


>レオンさんはここから巣立って、東北まで行ったのですか。
>近江はよかっただろうに・・・。

そうなのですよおおおお(ノ_<。)

そりゃ、柱にもたれてしくしくと泣きますよね。もう、あかん。遠いわ、遠すぎるわ、って。

でも、日野育ちのプライドで頑張ったレオンは偉いぞ!っと。くすん。

産湯

・・と、読んだ瞬間に妄想が爆裂して萌え撃沈~~~~
にわか疑似乳母モード、セーブちゅう 川* ̄д ̄*川ポッ 

きっと麒麟児は、珠のような男(おのこ)だったろうな~
(人´∀`).☆.。.:*・

白状?しますが、独学萌えコースのため城郭知識はゼロに近いっす^^/

その上で、城で一番好きなのが門(もんもん~)
石垣で好きなのは野面罪・・・積みっす^^/
戦国初期にはまってるんで、城もキレキレな石垣じゃなく自然石な素朴系好き^^/

土塁ごちでした~~~♪♪
ぽちぽちぽちぽち~~~★

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。
大阪でもたいがい寒いのでそちらはさぞかし。


>産湯・・と、読んだ瞬間に妄想が爆裂して萌え撃沈~~~~
>にわか疑似乳母モード、セーブちゅう 川* ̄д ̄*川ポッ 

>きっと麒麟児は、珠のような男(おのこ)だったろうな~
>(人´∀`).☆.。.:*・

あはははは。
よろしゅうございました。妄想爆裂萌え撃沈、大歓迎です。
書いてる本人も、撃沈。うふー。

珠のような、ちびにゃんこ希望。にゃー。
にわか疑似乳母でも、レオン氏郷ならめっちゃ慕ってくれそうな期待。
叱られて、しゅんっとなる子猫レオンもよろしゅおす。


>白状?しますが、独学萌えコースのため城郭知識はゼロに近いっす^^/

いやいや、私も、とりあえず見とけー!どんどーん!でして。
難しいこと、無理。というより、現地に行ったら忘れてます。

余計な知識なくて楽しむのが山城の味わい方やと、リンクいただいている「らんまる攻城戦記」の信州の山城大王・らんまるせんせが、いつも仰ってまして。

初心者にも楽しく見学できるようなブログにして下さってるので、一度ぜひ。

私なんか、堅堀を、かたぼり、と、堂々とひらがなでコメントしちゃったアホーです。流してもらって却って赤面。たてぼり、なんて、どーやったら読めんねん。ぶう。

レオンがかけっこしたかもー?とか、落ちたかもー?って妄想しながらの日野城見学でしたが、つたない報告で楽しんでいただけましたでしょうか?


>その上で、城で一番好きなのが門(もんもん~)
>石垣で好きなのは野面罪・・・積みっす^^/
>戦国初期にはまってるんで、城もキレキレな石垣じゃなく自然石な素朴系好き^^/

な、か、ま~♪な、か、ま~♪すって、き、な、な、か、ま~♪

門もんに、もんもん、つー。あのFカップくらいのつまみ(何を言っとるんだ、私しゃ)が並んだ鉄扉とか、そこまでの意地悪ルート、好きー。

初めはびちーっきちーっみちーっの石積にうっとりしてたんですが、一見無骨やけど緻密に計算した野郎積・・・野面積に、はまりますねぇー。うふふふ。

そのうち、「石、いらーん。土、もりもりー♪」ってなりますことよー。


>土塁ごちでした~~~♪♪

よろしゅうおあがりぃ~♪

>ぽちぽちぽちぽち~~~★

いつもいつもありがとうございますー!ほんまに励みになっております♪

恒ちゃんと並ぶ名将

賛否両論はあれど、毎週「信長協奏曲」を見て感動しております(笑)

恒ちゃんだけでなく氏ちゃんも登場させれば良かったのに―と思いつつ、あんまりゴチャゴチャさせないのが狙いだろうか?なんて思ってます。

中野城ですか、だいぶ改変されちゃったみたいですが、ええパーツは残っておりますなあ。ご馳走様です。
恒ちゃんは小牧長久手で討死するし氏ちゃんは早死にしちゃうし、秀吉にコキ使われちゃいましたね。その後の両家は命運が分かれました。片や徳川家の親戚、片やお家断絶。合掌・・・。

らんまるせんせ

こんにちは、らんまるせんせ。
いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。


>賛否両論はあれど、毎週「信長協奏曲」を見て感動しております(笑)

私も毎週楽しみにしております。
美濃のマムシ殿に不覚にも涙を流してしまいました。
森パパに、ほっこりです。

>恒ちゃんだけでなく氏ちゃんも登場させれば良かったのに―と思いつつ、あんまりゴチャゴチャさせないのが狙いだろうか?なんて思ってます。

恒ちゃんがあまりに良くできた子で、氏ちゃんはキャラが被るのでしょねぇ。しょぼんです。
信長のもとに集まった人質達の楽しい日常、見たかったなー。

シバカツさん、ツボっております。


>中野城ですか、だいぶ改変されちゃったみたいですが、ええパーツは残っておりますなあ。ご馳走様です。

よろしゅうおあがりです。
よーくよーく見たら、土塁のほんの一部だけであの大きさ。
川の土手が土塁じゃなかとー?っと、うろついてきました。

以前行ったときはスカッと通りすぎた場所も、らんまるせんせの画像で見たものによく似たモリモリやホリホリがあると気づき、楽しかったです。

やっぱ、現場を見るべし、行くべし、楽しむべしー!ですね\(^o^)/

>恒ちゃんは小牧長久手で討死するし氏ちゃんは早死にしちゃうし、秀吉にコキ使われちゃいましたね。その後の両家は命運が分かれました。片や徳川家の親戚、片やお家断絶。合掌・・・。

恒ちゃん討死の長久手古戦場公園でおにぎりを食べた無礼者でございます。

その後の命運が分かれたことは、涙、涙ですねぇ。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼