スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蒲生貞秀墓所。千とせの後の人もたつねむ。氏郷断腸の思い。

こんにちは。


蒲生氏郷の故郷・滋賀県蒲生郡日野。


1547(天文17)年まで日野川の河床だった田園地帯。
向こうに見える高台は、日野城へ続きます。

赤い葉っぱのあるところ。そこには大抵お寺とか史跡とか。

てくてく。


うふふふ。

蒲生氏14代・貞秀の墓所。(氏郷は19代)

1504(永正元)年、貞秀は自分が死去してからの墓所を自ら定め、一本の松を植えました。それがここ「標の松塚」。



近江南部の有力国人であった蒲生氏。

貞秀は数々の戦で勇名を馳せ、戦国武将・蒲生氏を起こした英主と称されています。



50歳で出家した後も隠居せずに戦場へ。

槍の先に阿弥陀仏をかけて念仏を唱えながら戦に臨んでいたとか。


蒲生家菩提寺の信楽院。

こちらの本尊の阿弥陀仏。別名「槍かけ本尊」。
貞秀が槍の先にかけてた阿弥陀仏。


「標松塚」の石碑。from信楽院。


貞秀戒名「信楽院殿大弐法眼知閑大徳」


永正11年3月5日(1514年3月30日)死去。



「武芸はいふに及ばず、歌道にも達したり」(『蒲生軍記』)と記述のある貞秀。

『新撰菟玖波集』(室町時代後期の准勅撰連歌撰集)に5首が選ばれ、また、『蒲生貞秀詠草』『貞秀朝臣集』等を残しています。



お漬物で美味しい「日野菜」は、ここ、日野の地場野菜。

貞秀の時に後柏原天皇へ献上したらとてもとても喜ばれたので、以降、蒲生氏上洛の手土産になりました。

日野菜があればご飯もりもり。文武家計三道。


貞秀の植えた松は枯死してしまったようですが、


墓所の前にだけ、紅葉。


貞秀は自分の墓所を自ら定め、一本の松を植えた時に一首の歌を添えます。


「引うべし 松の下はに世をへれば 千とせの後の人もたつねむ」



来たよ、数百年を経て。ちとせの後もきっと、誰か来るよ。



かもっちにご挨拶。


さすが、レオン氏郷の故郷のかもっち。


いつも応援いただきありがとうございます。秀吉や徳川幕府の政策で先祖代々の土地を離れなければならなかった領主達。どんな思いで去ったのかと日野に来る度に思います。蒲生氏郷が去った後も、日野の人々は彼を追い、松阪、会津へ。そして日野の地には、蒲生氏に関わる史跡が残り。ぜひ日野へお越しくださいませ。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

(人´∀`).☆.。.:*・

蒲生濃度100%
氏の郷・・・素敵な諱でつ 川* ̄д ̄*川ポッ 

実はワタクシ、根はチャラい歴女なので
「名前(諱か苗字)が気に入ってファンになる」パターンが多いのです。
(それで、萌えネームが多い九州にドップリ)

>どんな思いで去ったのか

・゜・(つД`q。)・゜・

鴨ちゃんズが見守ってます  (゜-Å) ホロリ
ぽちぽちぽち

No title

こんばんは、
いつもお世話になっております!

蒲生家は名家なんですねー。
22代も続くなんて、、

貞定さんも文武両道なんですか。 さすが蒲生家!

でも、跡継ぎがいないということは本当に悲劇なんですねぇ~。
松山城に「まな板石」なるものがあって、今でも妊婦のすすり泣き
声が聞こえるとか。

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

>蒲生濃度100%
>氏の郷・・・素敵な諱でつ 川* ̄д ̄*川ポッ 

でつ(///∇///)

蒲生汁にどっぷり浸かる日野でつ(///ω///)♪


>実はワタクシ、根はチャラい歴女なので
>「名前(諱か苗字)が気に入ってファンになる」パターンが多いのです。
>(それで、萌えネームが多い九州にドップリ)

いやいや、ご謙遜。
とっかかりはどうあれ、それで研究に勤しむ現在があるのですから、素晴らしいことではありませんかー。

好きこそものの上手なれ。

私は昔も今もチャラチャラの薄い歴史好きです。
いけいけどんどーんっなまっすぐなのに、なんかやらかす人に、どっぷりです。

心底どっぷりしたスタートは、平忠度。
「ゆき暮れてこの下影を宿とせば 花や今宵の主ならまし」の歌が、どきゅん。戦で大変なのに何をしとんねん?っと。


>>どんな思いで去ったのか

>・゜・(つД`q。)・゜・

>鴨ちゃんズが見守ってます  (゜-Å) ホロリ

ホロリ、きゅん・・・(ノ_<。)ボロボロ
なぜだかわからないけれど、日野は特にきゅんきゅんくるのですわ。


>ぽちぽちぽち

ありがとうありがとうです。ほろり。

piglet01様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

>蒲生家は名家なんですねー。
>22代も続くなんて、、

そうですねー。鎌倉時代からのおうちですものねー。
捏造なおうちもある中で、日野の地に確かな足跡を残している蒲生氏に、なぜだかほっこりするのです。


>貞定さんも文武両道なんですか。 さすが蒲生家!

室町幕府・天皇家・公家とも接するには必須科目だったのでしょうね。武の方はえらく骨太というか、無骨というか、びみょーに笑えるがんばり屋さんです。

氏郷もそんな気風の中で育ったから、お隣さんの暴れん坊がアレでほんとに気苦労したんだろうなー。


>でも、跡継ぎがいないということは本当に悲劇なんですねぇ~。
>松山城に「まな板石」なるものがあって、今でも妊婦のすすり泣き
>声が聞こえるとか。

んまあ、まな板ですと!?なんて失礼な!あー、私じゃないのか。びっくりしましたわ。おほほほ。

蒲生忠知ですね。何とかじーちゃん、とーちゃん、兄ちゃんの急死をしのいできたのに、気の毒なことになりましたねぇ。

家族含め家臣もアレで。かわいそうに(T_T)
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。