宇久井神社。んばあ狛犬の語る宝永地震。

こんにちは。


和歌山県那智勝浦町の宇久井神社。


宇久井、という場所にあります。


ええ感じ。


なぜ片方だけ、びろろろーんなのか。


お邪魔します。

こちらは、古より、漁業加護の御神徳あらたかな神社であると伝えられております。


はーい。


階段上がって右に90度向くと、ほんで・・・


ほんでんばぁ、じゃない。


本殿でございます。

ここもまた、シェアハウス。

【祭神】
(主祭神)蛭子大神
(配祀神)素狭男神 應神天皇 軻過突智神 保食神 天照皇大神 熊野速玉大神


まあ、ぷりちー。

【創建】
不詳。

元々は蛭子神社という名称。

1909(明治42)年、神社合祀政策により下記を合祀。
素狭男神社(那智勝浦町大字宇久井 字中芝鎮座 無格社)
稲荷神社(同字出見世鎮座 無格社)
蛭子神社(同字太唐地鎮座 無格社)
稲荷神社(同字太唐地鎮座 無格社)

同44年、蛭子神社から宇久井神社へと改称。村社となります。

大正元年、神饌幣帛料供進神社に指定。

昭和49年、本殿・拝殿・社務所 御造営。
昭和54年9月、神輿舎を新築し、平成3年10月、拝殿の新築が行われました。


よかったね。


何があったの?



創建が不詳なのは、1806(文化3)年の古文書の記述に

「1707(宝永4)年の津波で、神具だけ残して他を一切流失し祭式が中絶していた」

とあり。宇久井神社は宝永年間以前から存在していたことが伺えます。


宝永地震。


串本の橋杭岩をよく見ると。


巨大な岩が、一定方向に落ちていることがわかります。


1707(宝永4)年10月に遠州灘沖から紀伊半島沖を震源として発生した巨大地震。
南海トラフのほぼ全域にわたってプレート間の断層破壊が発生したと推定され、記録に残る日本最大級の地震とされてきた大地震です。
地震の49日後に起きた宝永大噴火と共に亥の大変(いのたいへん)とも呼ばれます。

その凄まじさは、wikipediaに詳しいのでご参照下さい。
→→→宝永地震



普段はそう思えても、そうではないのが怖いね。


ううう・・・(T_T)


はい?


んまあ!


ちょっとー!!あんたたちー!!


宇久井神社
《住所》和歌山県東牟婁郡那智勝浦町大字宇久井233

参考サイト
和歌山県神社庁


いつも応援いただきありがとうございます。宝永地震の爪痕・記録は、駿河から日向という広範囲に太平洋側・内陸部問わず数々残っているかと。那智勝浦、串本等の南紀をあちこち巡りましたが、大地震が来たら10分であの山に上れと?そんなん、無理やわ、と思う箇所が多数。何とかして避難出来るようにしなくてはいけないと痛感します。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。

初めまして。

いつも楽しく見させていただき、ありがとうございます。

串本の橋杭岩を見て、アッと思いました。

僕も今年の8月に行ってきたからです。

迫力ありますよね。びっくりしました。

No title

こんばんは~♪
よくこれだけ神社巡りができますねー。
つねまるさんのエネルギーはどこから出てくるのでしょうかσ(゚ー^*)
感心させられます!!

大川原英智様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問ありがとうございます。
またこの度はコメントまでいただきまして、心より御礼申し上げます。


>いつも楽しく見させていただき、ありがとうございます。

大川原様の目から見たらさぞかしパラッパーに映るのではないかと、ドキドキしております。
楽しくなくちゃ、お勉強できません、という典型ということでご容赦を。


>串本の橋杭岩を見て、アッと思いました。

>僕も今年の8月に行ってきたからです。

>迫力ありますよね。びっくりしました。


アッ。

さようでございますか!

遠くから見たら小さいものが、近づくと迫力満点の岩が立ち並んで、とても面白いところですよね!

引き潮なら、磯遊び出来ますし。

橋杭岩のいろんなお顔が見たくて、道の駅の向かい側に宿泊してしまいました。朝昼夜、とても素晴らしかったです。特に夜。月の光とそれが岩にもたらす影と。感動しました。

台風直前にも泊まったお馬鹿でございます。
あの巨石が頭から波を被っておりました。

大川原様とは同郷のように拝察しております。
時々、猛烈な郷土愛が爆発致しますので、お楽しみに・・・f(^_^;

今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。
本日は真にありがとうございました。

まり姫様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。


>よくこれだけ神社巡りができますねー。
>つねまるさんのエネルギーはどこから出てくるのでしょうかσ(゚ー^*)
>感心させられます!!

ありがとうございますm(__)m

神社巡りといっても、ルートに並べただけなんで、お恥ずかしい。
戦災で焼けていないので、古いお社と狛犬ズ(ここ、大事ね♪)が残ってまして。明治政府の功罪(罪が大)にイラつきつつ巡っております。

エネルギー?

えへー。

米と麦の汁がエネルギー源でございまーす。おほほほほ。

No title

昭和とは思えないフォルム。
んばぁな表情に丸っこい身体にキュッとしたおちり・・・・・・・・

素敵すぎです狛ちゃズ 川* ̄д ̄*川ポッ 
ぱちぱちぱっちーん

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

癒されるですわぁ、ほんとに毎回、時乃★栞様のコメント。
論文とか研究とか、ほんまに毎日大変でしょうに。

息抜きになれるように、狛犬ズ探してきますぜい。


>昭和とは思えないフォルム。
>んばぁな表情に丸っこい身体にキュッとしたおちり・・・・・・・・

熊野権現のおわす熊野は神秘的でなんと素晴らしくてー、っと、ほんとに毎回感じつつ神社巡りしてるんですが。

なんやろか。南国情緒?

あひょーーーん( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆

な、狛犬ズがお迎えしてくれます。

ありがたいことでございます。


>素敵すぎです狛ちゃズ 川* ̄д ̄*川ポッ 
>ぱちぱちぱっちーん

ぽちん、っと落ち込むこともあるけれど、何とか続けてこれました。
ほんまに毎日ありがとうございますm(__)m
初期の頃から心の支えでございます。ちゅ。

No title

ご挨拶申し上げます。eichといいます。
こちらにも来させていただきました。

当ブログにコメント頂いたような「見たいものを、ちょこちょこっと見ている」っという感じではないような気がします(笑)。
細かく、いろいろな視点で捉えられている感じを受け、私も写真を撮るときに、参考とさせていただきたいと思います。

eich様

こんにちは。
不躾なコメントに対し、わざわざのお運び、心より御礼申し上げます。

流れる水の美しさ、肉眼で見るのとは全然違う瞬間を拝見して、もう少し落ち着け、自分、と、思っております。


>当ブログにコメント頂いたような「見たいものを、ちょこちょこっと見ている」っという感じではないような気がします(笑)。

えへ。(笑)は、何よりのご褒美のご馳走でございます。

走る、着く、見渡す、発見、爆笑、撮る、爆笑、振り返る、爆笑、去る!の、ちょこちょこっです。お恥ずかしい限りです。


>細かく、いろいろな視点で捉えられている感じを受け、私も写真を撮るときに、参考とさせていただきたいと思います。

好きなものが目の前にあると、自分がどんな姿になろうとも、爆笑しながらこの目に納めたくなりますよねー。(ねー、て。すみません。)

行く先々のものが大好きになってしまってタイムアウト。本命にたどり着けないジレンマです。

こんな自身ではございますが、何卒末長くお付き合いいただけましたら、幸甚に存じます。
よろしくお願い申し上げます。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼