スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本州最南端の前方後円墳。下里古墳。

こんにちは。


強がり阿くんと


おすまし吽くんのいる


下里神社。

南東に紀伊半島南部唯一の古墳があります。徒歩10分弱。


下里古墳。

4世紀末から5世紀初め(古墳時代)に造られた前方後円墳。


造られた当時は近くまで海岸が迫り、ここは小高い砂丘の上だったとか。


平安時代から明治までここに神社がありました。

前方部は削られ、古墳の表面の葺石(古墳表面を覆うように敷き詰めた石。近くの天満海岸の石が用いられていた)も除去されてます。


後円部には竪穴式石室が発掘調査により発見。

昭和3年の調査では大量の副葬品が発掘されましたが、大部分は行方不明に。


(裏側から全体)

墳丘は全長40m。幅5mの周濠跡(図面の青の点線)も発見されています。

下里古墳は、前方後円墳では本州最南端。
紀伊半島南部では唯一の前方後円墳。国の史跡です。

ぽつん。

熊野国(大化の改新で紀伊国に併合)に古墳を作るほどの豪族が存在したのか、または渡来人のものか、まだ判明していません。

なんでここに古墳があるのかな。面白いな。


古墳を見てたら背後に電車が。

実は地図を見てるのに、うろうろと探しました。


これは丹波篠山の古墳。

こんな森に向かったら。


たどり着いたところはお寺でしたの。


とても立派な石垣のお寺さんで。


てくてく。


おや。えらいとこに。


庚申さん。


いち、に、さん・・・おお。七人の六地蔵様です!

あほな。


一番左は違う仏様でした。

さて。下里神社に戻りますと。

下里神社と国道挟んで向かい側には、下里城址もありますの。


不思議なところ。那智勝浦の下里でした。


いつも応援いただきありがとうございます。ちまっと、まるっとしたかわいい下里古墳。ほっこりします。下里神社と下里古墳と下里城址。いろんな時代の史跡が集中する下里は、とても面白いところでした。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

こふん・・

ギャフン(←死語?)

「消えた副葬品!?発掘調査の謎が事件とともに蘇る」
「○○の死体が握る魔境の欠片」(←おぃ)

とサスペンス風にアレンジしてみやんした。
(古代史の引出しは宗像教授の漫画だけ)

綺麗に雑草ほじほじ整備されてて、ポワーーっと、
おさんぽしたくなりますの~~

もふもふ♪ぷりっけつ♪ワンコロリン~ポチポチポチ

No title

こんばんは

一代だけ、いや一代半だけ栄えた豪族がいたのでしょうか。
あるいは、飛鳥から追い出されたチョイ悪オヤジがいなのでしょうかねぇ~。

古墳はロマンがありますね☆
城跡と違い、栄華を極めた里があったのでしょうから。

下里の石垣いいですね☆
こんな場所を歩くのが大好きです♪

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

>ギャフン(←死語?)

・・・かなー。うっかり言うけど、きっと。


>「消えた副葬品!?発掘調査の謎が事件とともに蘇る」
>「○○の死体が握る魔境の欠片」(←おぃ)
>とサスペンス風にアレンジしてみやんした。
>(古代史の引出しは宗像教授の漫画だけ)

昭和3年でも、行方不明になるんだー、へー、と思った次第。
どこかでお宝になってればいいですが。どこぞのお偉いさんの家にたんまり、とか。

夜な夜な棺の中身がうろうろ、とか・・・?


>綺麗に雑草ほじほじ整備されてて、ポワーーっと、
>おさんぽしたくなりますの~~

見事に雑草がほじほじされてますよねー。
切り口が靴底にぶっ刺さるほど。

いっぱい葺石が転がってますの。ここ掘れ、わんわん。
ぽーっと歩いて、ずぼっと穴にはまり、ぐぎっと石に蹴躓いて。


>もふもふ♪ぷりっけつ♪ワンコロリン~ポチポチポチ

ありがとうございますm(__)m

piglet01様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

>一代だけ、いや一代半だけ栄えた豪族がいたのでしょうか。
>あるいは、飛鳥から追い出されたチョイ悪オヤジがいなのでしょうかねぇ~。

熊野国は謎ですねぇ。
ヤマトからは100キロ程度なので、近い国なのかなぁ。
仰る通り、一代半だけ栄えた豪族とか、よっぽど慕われた人がいたのかなぁ。


>古墳はロマンがありますね☆
>城跡と違い、栄華を極めた里があったのでしょうから。

ろまーん。

あら、かわいいお山♪っと眺めてきました。
丹後半島の古墳群は圧巻ですが、ぽちん、っとひとつだけってのが、これまた美味なる古墳です。

下里は海辺と河口が近く、古い社が点在していた所のようで。
面白いところです。


>下里の石垣いいですね☆
>こんな場所を歩くのが大好きです♪

石垣、いいでしょ。
城?館?なになにー!?ってわくわくしましたー。

お寺さんに興味津々だったんですが、不審者そのものだったので、さくさくっと通り過ぎてしまいました。

誰かと会えたら、ちゃんとご挨拶できるのになー。ざんねん。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。