FC2ブログ

八咫鏡失敗作と下里神社。獅子丸叱られる。

こんにちは。


ぷりちぃ神社。

三種の神器って何でしたっけ?

はい。八咫鏡・八尺瓊勾玉・草薙剣ですねー。

《八咫鏡》伊勢の神宮の皇大神宮のご神体。

《草薙剣》熱田神宮のご神体。

《八尺瓊勾玉》皇居吹上御所の「剣璽の間」に安置。

皇居吹上御所には、八尺瓊勾玉、並びに八咫鏡・草薙剣の形代が安置されています。

本日は「八咫鏡」に関連する神社です。


あなたは八咫烏。紛らわしいのでおとなしくしてください。


那智大社の鎮座する那智勝浦町の


太地町と隣接する場所に。

「八咫鏡野(やたがの)」という地名があります。


黄泉の国から戻り禊をしたイザナギの左目から産まれた天照大神。

「天照大神がイシコリドメノ命(『古事記』では伊斯許理度売命、別名 櫛石窓神、豊石窓神、『日本書紀』では石凝姥命または石凝戸邊命と表記)に鏡を作るようにと下界に赴かせ、着いたのが八咫鏡野であった。

イシコリドメノ命は懸命に鏡を打ち、完成したが、かすかな傷のために作り直しを命じられ、新しく完璧な鏡を作り、天照大神に献上した。その鏡が伊勢神宮の御神体の八咫鏡となった。」(「神武天皇大和進入経路」より引用)

傷のある鏡は、八咫鏡野の八咫烏神社に残されましたが、あるときに盗まれて行方不明になったと。

その、「八咫鏡野の八咫烏神社」が合祀されたのが、那智勝浦の下里神社。


こちらです。


きれいに掃き清められた境内。

氏子さんやご近所の方々がお手入れされていて、熊野の神社はほんとに素敵。
悲しい思いをしたことがありません。


火気厳禁。


年代見て、ちょっとびっくり。なぜなら


こんな感じ。


さ、お参りです。


はいはい。


大正14年2月11日生まれの狛犬くん。


なさるのよ。


いいですねぇー。おすましさん、かわいいですよぉー。


おっと。プライド高きお方です。


こら。阿くん、黙れ。


ほらみろ、叱られた。

狛犬ズの痴話喧嘩は放置しまして。



【創建】
1564(永禄8)年6月23日創建。
元諏訪神社と称し下里村の鎮守として字牛渕に祀られていました。

1761(宝暦11)年の大洪水に流失して現位置に鎮座。



明治6年4月村社となり、1910(明治43)年神社制度改正により各集落の鎮守さんである下記を合祀。

八幡神社 大字下里字藪鎮座無格社
明神社  大字下里字久保坂鎮座無格社
稲荷神社 大字下里樋ノ元鎮座無格社
住吉神社 大字下里字高芝鎮座村社
厳島神社 大字下里字高芝鎮座無格社
若宮神社 大字粉白字口地鎮座村社
秋葉神社 大字粉白字口地鎮座無格社
姫宮神社 大字粉白字口地鎮座無格社
八咫烏神社 大字八尺鏡野字中地鎮座村社
天神社  大字下里字天満鎮座村社

この時に、傷のある八咫鏡を祀った「八咫鏡野の八咫烏神社」が合祀されたのです。

※天神社(字天満鎮座村社)は、氏子崇敬者の要望により、昭和20年6月25日、旧社地へ遷宮。

同1910(明治43)年、社名を「下里神社」と改称。
大正元年9月幣帛供進神社に指定されます。



【祭神】
(主祭神)健御名方神 

(配祀神)誉田別命 青彦命 豊宇気毘売命 市杵嶋姫 健角身命 表筒男命 中筒男命 底筒男命 火産霊命


元々の元諏訪神社に9社を合祀したので、ぎゅーぎゅーです。




境内の下里護国神社は、この地区の戦没者197柱を祀ります。
昭和38年12月12日創建。


朱色が効いてます。


やつあたり。


仲良し。

那智勝浦と串本の往復で何度もここの横の国道42号を通るので、きゅいーんっと立ち寄ってみたのでした。



【下里神社】
住所
和歌山県東牟婁郡那智勝浦町大字下里123番地


参考サイト

和歌山県神社庁「下里神社」
http://www.wakayama-jinjacho.or.jp/jdb/sys/user/GetWjtTbl.php?JinjyaNo=8024


いつも応援いただきありがとうございます。「八咫鏡」に先立ち鋳造された鏡は二つ。日像鏡(ひがたのかがみ)は日前神宮のご神体、日矛鏡(ひぼこのかがみ)は國懸神宮のご神体。共に和歌山県です。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

大正狛っちが可愛い^^
後姿の尾のモフモフ感に萌えます♪

神様が造ると失敗作でも御神体か~

ワンワンワワン♪ワンワンワワン♪ぽちぽちな~

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

>大正狛っちが可愛い^^
>後姿の尾のモフモフ感に萌えます♪

もふもふー。気づいて下さってありがとうございます♪
尻尾振ってくれないかなー。もーふもふー♪


>神様が造ると失敗作でも御神体か~

ほんのちょびっとの傷だったというから、もったいなかったのかしら。
イザナミのエグいもんから神様が産まれるぐらいだから、失敗作でも鏡ならまだきれいな方かもしれませんねー。


>ワンワンワワン♪ワンワンワワン♪ぽちぽちな~

なーいてよろこぶぅー、ありがとおー♪
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼