風伝おろしの尾呂志神社。ソフトクリーム付狛犬。

こんにちは。

熊野は海だけではございませんの。


熊野の名所・丸山千枚田。

1601年の検地では2240枚の棚田が記録されておりました。

現在は1340枚ほど。
1996(平成8)年から棚田オーナー制度を実施。
現在は財団法人紀和町ふるさと公社が運営し、千枚田保存会が管理。


三重県熊野市から御浜町・紀和町の山々。

熊野古道伊勢路「風伝峠」の辺りでは。

秋から冬にかけての天気の良い早朝。
北からの風に乗って、尾根伝いに山頂から山裾までの一面、滝のように一気に流れ落ちる乳白色の壮大な朝霧がかかります。

「風伝おろし」とも呼ばれる現象。

地区の地名「尾呂志」の由来となっておりまして。


本日のご紹介は尾呂志神社。

鳥居から階段をトコトコと下りますと。

尾呂志川のほとりに佇むお社。


空気、ひんやり。


きれいな手拭いがかかっている手水舎、好き。


こんにちはー。


ひやひやします。


おっとっとー。


こらー。


・・・ま、いっか。


なにがそんなに楽しいのかなー?


!?


きゃー。


ございませんことよー!


阿くん、毎日見てるのね。そりゃ、楽しいね。


かわいいおちり。阿くんはどうなのかしら。


唐草模様は泥棒さん愛用の風呂敷。

阿くんの背後には、御手洗場。



いいなあ。自然の川の手水は、ひんやりして清々しいなあ。


石、投下。川原でのお約束。


尾呂志神社拝殿。

【祭神】伊邪那岐命、天照大御神、應神天皇、倉稲魂神、軻遇突智命

創始年代は不明。
社宝として1605(慶長10)年の棟札が伝存。
よって、少なくとも江戸期以前まで遡る様子。

かつては、「川瀬神社」と称し、上野・栗須・川瀬地区の産土神として氏子の崇敬を集めていた当社。


【ポイント】《1906(明治39)年。神社合祀の勅令》

1906(明治39)年12月、神饌幣帛料供進社に指定。

1908(明治41)年2月18日。

1 伊勢神明神社(天照大御神)(当社境内社)
2 若宮神社(應神天皇)(当社境内社)
3 靈符神社(倉稲魂神)(当社境内社)
4 秋葉神社(軻遇突智命)(大字川瀬)
5 折山神社(大字阪本)

上記を合祀し、「尾呂志神社」と改称。

1910(明治43)年9月29日。合祀追加。

6 若宮八幡社(大字上野)


お、ろ、し、じんじゃ。


ぎゅうぎゅう。

昭和26年1月8日。神社本庁の承認を受けて、折山神社を旧鎮座地(大字阪本)に分祀。

一旦は政策に従って合祀したものの、再び分祀してもとのお社へ戻した(復祀)ことを意味します。

強引な神社合祀については、南方熊楠等の反対運動の成果として、1910年以降は急激な神社合祀政策は行われなくなりました。

難しいことはさておき。

いいお社です。


うふ。


葉っぱのお皿付です。


うふ。


むっちむちでかわいいなー。
ニットの袖から指先だけ出すのは反則ワザだぞ。


考えとく。


参考サイト
三重県神社庁教化委員会HP

【尾呂志神社】
住所・三重県南牟婁郡御浜町大字川瀬361


いつも応援いただきありがとうございます。「尾呂志」という名前に熊野のロマンを感じつつ、狛犬ズに笑いが止まらない参拝です。あ、一の鳥居周辺はみかん畑です。山側の141号線は別名「オレンジロード」。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。

丸山千枚田は絵になりますねぇ☆
高い位置からのアングルがいいですけど、ヘリでもチャータしたのですか!
載せて欲しかったなもう・・・。

風伝おろしはテレビでみましたよ。
霧か雲が、ニョロニョロと下りてきていました。
これも見てみたい!

尾呂志神社の狛犬は本当に不満げな顔をしているな~
シェアー神社を護っているのに、手当てが少ないのかな。
理由をグッチってませんでしたか。

どんぐりです。

こんばんは。ご無沙汰ですw

「葉っぱのお皿付です。」というのがかわいいですね。
ちょっとした工夫で、どんぐりがすごく上等なものに見えます。
心遣いですねぇ(^^)

いつもいろんな狛犬が登場するのを楽しみに読ませてもらってますw

久しぶりのコメントです。

つねまる様、こんばんは。
いつも楽しく拝見致しております。
丸山千枚田の画像が素晴らしいですね!
歴史を窺い知ることができる一枚です。
そして狛犬シリーズは、本当に笑えます。
さてそれはそうと、先日はコメントを頂戴していたにも関わらず、お返事が大変遅くなりまして、申し訳ございませんでした。
少々遅れることがありますが、どうかご容赦ください。
また、いつも心温まるコメントが嬉しく思います。ありがとうございます。
秋も深まり、公私ともに益々ご多忙と思いますが、風邪など召されませぬよう、お体ご自愛くださいませ。

piglet01様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

>丸山千枚田は絵になりますねぇ☆
>高い位置からのアングルがいいですけど、ヘリでもチャータしたのですか!
>載せて欲しかったなもう・・・。

はいー。
四輪のヘリを操縦してきましたのー。おほほ。
離合不可な細い道。地元の方が操縦するヘリの後を必死こいて追っかけて、ぷっはー!っとしてるとこです。


>風伝おろしはテレビでみましたよ。
>霧か雲が、ニョロニョロと下りてきていました。
>これも見てみたい!

あ、テレビでしてたのですか。いいなー。
ニョロニョロといえば、おさびし山ですねぇ。知らないうちにノンノンがフローレンになってましたが。(四十路の戯言)

私も見てみたいのですが、早朝にここへ行くには熊野で泊まらないと。
そして旅の早朝は、ぐだぐだです。無理…(T_T)


>尾呂志神社の狛犬は本当に不満げな顔をしているな~
>シェアー神社を護っているのに、手当てが少ないのかな。
>理由をグッチってませんでしたか。

遠くから見たら、うだうだの不満なおっちゃんみたいですよねー。
でも近寄ると、めっちゃ笑顔。
神様は崇められてあたりまえって方々なので、「けっ」って思うこともあるのかなー。

「旅するぴょんぴょんに会ってみたい」と言ってましたよー。

みすず。様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

こちらこそご無沙汰致しておりまして。ようこそお越し下さいました♪


>「葉っぱのお皿付です。」というのがかわいいですね。
>ちょっとした工夫で、どんぐりがすごく上等なものに見えます。
>心遣いですねぇ(^^)

ありがとうございます(≧▽≦)
人間には羊羹をラップの皿で出すんですがね。おほほ。
気持ちは懐石の「先付け」です。


>いつもいろんな狛犬が登場するのを楽しみに読ませてもらってますw

ありがとうございます(T_T)
関西の狛犬くんは、まるまるしてて可愛いので、いつも笑顔でご対面ですの。
連れて帰りたいお子ちゃん達がいっぱいで幸せですー。えへへ。

徳平先生

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。


>丸山千枚田の画像が素晴らしいですね!
>歴史を窺い知ることができる一枚です。

この辺りは耕作地が少ないので、苦心して作ったのでしょうね。
昔々はそれこそ猫の額ほどの田んぼもあったそうなのですが、過疎化激しく、棚田プロジェクトがなければ荒れ放題になるところだったとか。

農地の存続ためのひとつの形を示している場所ですね。


>そして狛犬シリーズは、本当に笑えます。

ありがとうございます。
まんまるちんの狛犬くんは、毎回全身でツッコミ待ちをしております。
お近くの神社さんでも是非、狛犬ズとお話くださいませ。


>さてそれはそうと、先日はコメントを頂戴していたにも関わらず、お返事が大変遅くなりまして、申し訳ございませんでした。
>少々遅れることがありますが、どうかご容赦ください。

あ、いえ、こちらこそ。すみません。
芸術の秋、お舞台の多いことはとても素敵なことだと拝察致しております。
生演奏(・・・生詩吟?)でのお舞台、お互いの間があるので意のままにいかないけれど、それが緊張感を醸し出すので、やっぱ、ライブでしょー!っと思いました。


>また、いつも心温まるコメントが嬉しく思います。ありがとうございます。

生徒さんもご覧になるかと存じますが、大丈夫でしょうか。


>秋も深まり、公私ともに益々ご多忙と思いますが、風邪など召されませぬよう、お体ご自愛くださいませ。

お気遣いいただきまして、恐縮でございます。
先生も、何卒ご自愛くださいますようお祈り申し上げます。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼