織田信長と有楽斎系織田家墓所。宿敵も受容。高野山奥の院

こんにちは。


本日のご案内は。


こんな風景の続く奥の院。

高野山も、比叡山に続き焼き討ちに遭遇するピンチあり。
きっかけは、荒木村重の残党を匿ったこと。

荒木残党探索のため高野山に入った足軽を高野山が殺害。


高野山は、足軽が乱暴狼藉を働いたからだと伝えています。

荒木残党の引渡しを拒否した結果、でぇーらぁ怒りゃーた方がおったがね。

今日はその人に会いに行きます。

てくてくてく。

地元の言葉でご挨拶。なんとなく地元のおじちゃんに会う気分。


織田信長墓所。
供養塔には、「天正10年6月2日」(本能寺の変の日付)と戒名。
菩提寺は「悉地院(しつじいん)」の刻名。
悉地院は信長の家臣の弟が住職を務めていた寺院。現・無量光院。


信長は高野聖を捕らえて安土に集め、処刑。その数たるや、数百人。


比叡山の惨劇、高野山で再現か!?

そこへ。本能寺の変。結果はご存じの通り信長は他界。
武将達は我が身の行く末のかかった怒濤の日々へ。


高野山は降伏することなく、ピンチから脱出。

さて。

明智光秀墓所。

間接的に高野山の命の恩人(か?)。



前に行ったときは、信長にくっついて「筒井順慶墓所」の表示があったんですが、今回は行方不明に。高野山、「あ、間違えてました」?


高野山にとっては、敵将である信長の墓所。
現在は奥の院の中でもお大師さまに近い一等地にあります。

この墓所は1970年に発見されました。

つまり、それまでは「憎い敵の信長の墓所なんて高野山にあるわけないよー」っと、ずーっと忘れられていたわけで。

近年判明した江戸時代後期の図巻には、現在地からもっと遠い場所に描かれておりました。

高野山奥の院は、弘法大師御廟までの参道に三つの橋がかかっています。


「一の橋」付近
高野山の町と奥の院の間に流れる「おど川」にかかる橋。

ここから弘法大師御廟まで2km。
20万基の墓所・供養塔が立ち並ぶ奥の院の入口です。


「中の橋」
金の河(死の河)にかかる橋。

図巻の信長の墓所は、この中の橋付近の多数の墓所の中に描かれていました。

一の橋から中の橋の間には、戦国武将(特に徳川期の外様)の墓所がところ狭しと立ち並びます。
中の橋から奥に、徳川関連の家や豊臣家の墓所があります。


「御廟橋」
御廟川にかかる橋。または「無明橋」(煩悩をとる橋)。
弘法大師御廟に一番近い橋で、これより聖域。


信長供養塔に刻名されていた菩提寺「悉地院」(無量光院と合併)は、信長家臣の弟が住職。
彼が信長の遺徳をしのんで建てたのではないかと推測されています。

山の人々は、いくら憎い敵でも、ま、いっかーっと黙認していたのでしょう。

さすが高野山。懐が深い。

やがて月日が過ぎ恨みが薄れ。

宿敵の墓は、御廟に近い、一族と一緒のにぎやかな場所へ恐らく一族の方により移された、と。



大和柳本・織田家墓所。

こちらは織田信長の弟・有楽斎の系統。初代は、有楽斎五男・尚長。
よって大和柳本は正確には尚長系織田家。

第4代藩主・秀親が発狂した前田利昌に殺されてしまい、改易の危機。
家老達が「秀親は病死」として弟の成純を養嗣子として後を継がせて乗り越えました。

変身の天才・有楽斎の系統らしく、幕末期には情勢を見極め早くから官軍に接近。
天誅組の反乱鎮圧や領内の崇神天皇陵、景行天皇陵の修復工事を実施します。

明治維新後は版籍奉還により知藩事、子爵となり、宮中侍候・宮中祗候として明治天皇に仕えました。

さすが有楽斎のご子孫です。


いつも応援いただきありがとうございます。高野山が焼き討ちにあわなくて良かった良かった。一の橋からお大師御廟まで直行して片道2km。往復4km。あっちこっちを探しながら歩くと、5割増?なので、奥の院をゆっくり見るには半日以上の余裕をみておくのがオススメです。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

魔王さまは、どこでも魔王なのね

記事の流れで「本能寺の変・黒幕は高野山」説が展開するかと早とちりしました(笑

>有楽斎

処世術の天才というか
信長の天才性が芸術方面と処世術方面に按配良く配分された方だと思います。
自分は、こういう人は好きです^^
履歴を調べると歴史の裏側を覗く気分になれるんで♪
たまには真面目にコメントしてみました(`・ω・´)キリッ

人間50年~~現代80年~~
いつものように幕が開き~拍手喝采

魔王強い子。負けないもん。

時乃★栞様
こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

>記事の流れで「本能寺の変・黒幕は高野山」説が展開するかと早とちりしました(笑

高野山側のご意見だと、信長の主だった武将達が何万も九度山に集結して、今、まさに攻めんとすー!!ってときに本能寺。

んな馬鹿な。

でも、気持ちとしてはこんな恐怖だったでしょうね。
案外、「黒幕・高野山説」が出てきてたりするかもぉー。


>>有楽斎

>処世術の天才というか
>信長の天才性が芸術方面と処世術方面に按配良く配分された方だと思います。
>自分は、こういう人は好きです^^
>履歴を調べると歴史の裏側を覗く気分になれるんで♪


有楽斎というと、へうげた漫画のイメージが強くて。
面白い人ですよねー。兄ちゃんのイケナイところなどを観察して反面教師にしてたのかなー。

履歴を調べて歴史の裏側、いいですねぇ。
好きな人の履歴なら、どんなに掘り下げても下げきれないですねー。

時乃★栞様の研究は好きな人を対象にしたのか、調べてるうちに「好き」が止まらなくなったのか、画面全部が好き好き好きーでいっぱい。
すごいなー。


>たまには真面目にコメントしてみました(`・ω・´)キリッ

キリッ♪ありがとうございますっ♪キリッ♪
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼