関ヶ原・大津籠城武将編。高野山奥の院。

こんにちは。


高野山奥の院案内係。

本日は、関ヶ原の戦い。大津籠城編。


【東軍】京極高次


大津籠城戦死者追悼碑。

関ヶ原の戦いの大津籠城戦で戦死した京極家家臣22名の供養のため、京極高次が建立。


筆頭に忠臣の山田左衛門。

慶長5年9月13日の日付が刻まれています。


【ざっくり大津籠城戦記】

9月7日。毛利元康(西軍総大将・輝元の叔父)を大将とする立花宗茂・小早川秀包・筑紫広門等九州の強者15000(MAXで40000説あり)が包囲、攻撃。

9月13日。西軍の総攻撃。「大津籠城戦死者追悼碑」の日付はこの日。

9月14日。北政所の使者・孝蔵主・高次老臣の黒田伊予の説得を受け高次は降伏。

9月15日。高次は大津の園城寺で剃髪。高野山へ入ります。関ヶ原では西軍総崩れ。大津城攻め手の皆様、間に合わず…(T_T)


高次系の京極さんちが見当たらなかったので

丸亀藩の京極家墓所。
五輪塔が多い中で、この形は珍しかったです。

京極高次の庶長子・忠高の養子の高和が1658年丸亀藩へ入城。
廃藩置県まで丸亀藩藩主。


【西軍】毛利元康・立花宗茂・小早川秀包・筑紫広門


西軍総大将・毛利輝元は関ヶ原後、所領安堵の約束を反故にされ減封。
輝元は隠居、嫡男の秀就が周防・長門2国を領します。


一際巨大な五輪塔が林立しておりました。
絶対に現地で体感して戴きたく存じまする。


大津城攻めの大将・毛利元康は、かの元就の八男。
長門厚狭(山口県山陽小野田市)に10,500石。毛利家家老(四本松毛利家)。


小早川秀包は、毛利元就の九男。
小早川隆景の養子となるも、秀秋を養子に迎えるため廃嫡。別家を創設(T_T)

関ヶ原の戦い後に改易。
毛利輝元より長門国内に所領を与えられ、(裏切りもん秀秋のせいで)小早川姓を捨てて毛利姓に復し、大徳寺で剃髪して玄済道叱と称しました。

※毛利家は当初は萩城(萩市)に藩庁。幕末には周防山口の山口城(山口政事堂)へ。一般には、萩藩・(周防)山口藩時代を総称して「長州藩」(wikipediaより)



柳川の立花家墓所。立花宗茂くんのおうち。

美形と噂の小早川秀包くんと誠実な宗茂。仲良しこよし。

変な意味ではなく、二人は何度も共に戦い、矢も銃も得意な同級生であり、義兄弟の契りを交わしています。
久留米の秀包、柳川の宗茂。おうちは、お隣さん。

関ヶ原後、九州へ引き返す際に「共に戦おうねっ」と言う宗茂に対し、秀包はそれを断ります。

「毛利は動かず」

毛利に仕える秀包は、自分の信念だけでは動くことが出来ない立場。
筋道を通し信念を貫く宗茂のようにはいかなかったのでしょう。

二人で仲良く歩んだ道はここで二つに分かれてしまいました。


戻った柳川では、官兵衛も加藤清正も辟易するほど元気一杯に戦った宗茂。お世話になってる清正の説得を受け開城。

その後改易となるも、見事旧領へ復活。

宗茂くんちの金桃ズ。

やったね!


いつも応援いただきありがとうございます。自分の家臣とはいえ、大津籠城戦死者追悼碑を建立する京極高次の心意気に乾杯です。「山口毛利家の墓所」は遠目にもわかる巨大さと五輪塔の数。圧倒される規模です。町内の一区画全てが毛利さんち、なイメージ。小早川秀包と立花宗茂の親友話を妄想すると、エンドレスです。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

はい、こうやくんこんにちは。

以前見た資料では、高野山のお墓は2万とも・・・。
よく目的のお墓をさがせるものですね。

ぎん千代さんは気になりますけど、立花の宗茂さんの大ファン
です♪
純粋な好青年のような気がしまして´∀`

最後の写真は消防署ですか?

蛍大名キタァ━━━━ヽ(´ω` *)ノ━━━━ッ★

関ヶ原のマニアックな見どころは大垣城と大津城ですよ!!
あぁ・鎮西無双に秀包に広門・・・川* ̄д ̄*川ポッ 
まさにドリームチームっす(`・ω・´)キリッ

実は、籠城側の京極ちんにも萌え萌えなんで、
敵と味方に妄想が入り乱れて大津攻めは、悶死ものです♪

ぽちぽちぽち~~

piglet01様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

高野山はぜひ数日滞在してゆっくり散策してね。fromこうやくん。


>以前見た資料では、高野山のお墓は2万とも・・・。
>よく目的のお墓をさがせるものですね。

高野山発行の案内本には「20万基」とか。
足の踏み場もない箇所が多数ありますし、無縁塚に集められた供養塔や仏像を含めたら、いち、にい、さん、たくさーん!っなのかなー。

熊野の大洪水を引き起こした台風の影響は高野山にも及んでいて、道は削られて川になった跡が。

よそ様の墓地を踏んではいけないし、そもそも道なんてない!ってくらい密集してる箇所多数。

なので実はものすごく迷子になっております。

うろうろして偶然巡り会えた方が何となくありがたい気がして、有料の墓所一覧地図を見ずに散策した結果、見落とした方がちょこちょこあります。いいんだ。また行くもん。

主だったおうちには、写真に映りこんでいるように標柱がありますので、大丈夫。

絶対会いたい方の場所だけ把握して、れっつたんけん。


>ぎん千代さんは気になりますけど、立花の宗茂さんの大ファン
>です♪
>純粋な好青年のような気がしまして´∀`

やっぱ柳川ですよねー。
柳川のぎんちよ様の墓所のお寺のお向かいが、宗茂実父の紹運様供養のお寺。ななめ向かいが、宗茂後室のお寺。

めっちゃシュールな交差点。怖いよ怖いよー。

そして宗茂自身はかなり離れたお寺に。

千熊丸(宗茂)くんの、ささやかな抵抗でしょうか。
こんなところが、私、好きです。


>最後の写真は消防署ですか?

そうそー!柳川の消防士さんはきんきらきーんのヘルメットで出動!!

・・・(ノ-_-)ノ~┻━┻ナンデヤネン

宗茂くんと異国の地でも戦った、親衛隊(?)の金桃ちゃんですことよー((o(^∇^)o))

立花家当主様の昔のお屋敷の廊下でございます。んもー、ご存じのくせにっ。

柳川に行くと、コネタ満載でお腹がねじねじになりまする。あー、行きたいなー。

ほっほ、ほーたるこい♪♪♪

時乃★栞様
こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

>関ヶ原のマニアックな見どころは大垣城と大津城ですよ!!
>あぁ・鎮西無双に秀包に広門・・・川* ̄д ̄*川ポッ 
>まさにドリームチームっす(`・ω・´)キリッ

ねー!!
現場に突撃レポしたいなー。攻め手のご飯作りに行きたいなー。

ドリームチームが本戦に行ってたら…って考えるよりも、その後の意地っ張り無双とか、秀包との決別とか、事実を愛でたいですよねー。

うふふふ。


>実は、籠城側の京極ちんにも萌え萌えなんで、
>敵と味方に妄想が入り乱れて大津攻めは、悶死ものです♪

うふふふ。
丸亀さんの方ですがよろしゅうございましたでしょうか?
敵も味方も好きな人ばっかの大津城攻め、そうか、悶死ー。

ホタルのイメージが強くてアレだったんですけど、家臣の戦死者追悼碑建立、京極さんに惚れちまいます。


>ぽちぽちぽち~~

ありがとうございますぅー(///∇///)

おお!!

大津攻めの方々もきちんと揃っているんですね!
京極さんが家臣のための慰霊碑を作っているなんてしりませんでした。
いい方だったんですね・・・。
初もそういうところに惚れたのかなあと思います。

秀包と宗茂は、親友だからこその
決別だったんだろうなと思います。
大津攻めから例え関ヶ原に間に合っていても
同じ結果になったのではないかなと思います。
甥とはいえ年齢は上の広家が立てた策を
秀包は承諾するしかないでしょうし、
宗茂はそれを聞いて腹を立てて一戦交えそうですし・・・。
この2人がもっと脚光を浴びて欲しいなと思う今日この頃です。

トロロヅキ様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。お返事が遅れまして、申し訳ございません。

>大津攻めの方々もきちんと揃っているんですね!

揃ってるんですよぉー!ってか、集めてきましたー!
奥の院中に散在してますの。トロロヅキ様もぜひお探しになって。


>京極さんが家臣のための慰霊碑を作っているなんてしりませんでした。

そうなんですよねぇ。私も初めて見たとき、すごく驚いて。
これを建てた当時、変人と思われたりしなかったのかな。


>いい方だったんですね・・・。
>初もそういうところに惚れたのかなあと思います。

ね。いい方と一緒になるのが一番の幸せですよねー。
初、惚れてたんでしょうね。もー、貴方ったら。きゃ、って。


>秀包と宗茂は、親友だからこその決別だったんだろうなと思います。
>大津攻めから例え関ヶ原に間に合っていても
>同じ結果になったのではないかなと思います。
>甥とはいえ年齢は上の広家が立てた策を
>秀包は承諾するしかないでしょうし、
>宗茂はそれを聞いて腹を立てて一戦交えそうですし・・・。

そうですよね。関ヶ原本戦で、秀包は広家に従うでしょうね。うん。
それを見て、宗茂は「どうしてだー!!」っと、突進しそうですね。

「秀包のバカっ!わからんちん!」
「なんだとぉーっ、この石頭っ!筋肉ばかっ!」

宗茂VS秀包の、泣きべそかきながらの一騎討ちを希望します(≧▽≦)
そして関ヶ原後に「そこに正座」っと、家臣に叱られるのだわ。

あ。すみません。妄想がとまりません。


>この2人がもっと脚光を浴びて欲しいなと思う今日この頃です。

秀包を追うと、毛利さんちの裏事情が見えそうです。
彼自信の人物像にもっと迫りたいなー。
久留米城址のあの祠だけでは、寂しい限り。

小早川隆景おじさまと、さわやか義兄弟たち。
ぜひ「安芸の夜長」に、語り合いたいものですね。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼