スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阿須賀神社と大威徳明王。狛犬はネックレスでおめかし。

こんにちは。


熊野三山の神々が集った阿須賀神社。


どうせコンクリート製でしょ。

のんのん。

新宮城第2代城主・水野重良により1631(寛永8)年に寄進された、一枚岩を削って作成されたもの。

熊野速玉大社の境外摂社の阿須賀神社は、江戸時代も崇敬を受け、新宮城城主水野家から社領の寄進を受けています。


お待ちください。

阿須賀神社の主祭神「事解男之命」の本地仏は、大威徳明王。(神は仏の姿を借りて衆生を救う)


鬼を祈り伏せるために不動明王を呼び出す時の言葉。
「東方降三世、南方軍茶利夜叉、西方大威徳、北方金剛夜叉、中央不動明王」に出てくる大威徳明王。


阿須賀神社の神奈備山である蓬莱山から出土した「御正体(みしょうたい)」。

御正体の製作年代は様式から見て、平安時代4点、鎌倉時代119点、室町時代42点、不詳数点と分類されています。
御正体は、鏡像・懸仏の両方を含み、描画技法は墨彩、毛彫、線刻、針書、金銅鋳出など様々。

境内の新宮市立歴史民俗資料館には出土した御正体が多数展示されており、その大多数が大威徳明王でした。

(この新宮市立歴史民俗資料館が実は物凄く面白くて貴重な展示品を惜しげもなく展示されてまして。立ち寄りゃな損損!係のおじさまはとても博学で、お話がうまくて、新宮大好きっ子さん。そんなおじさまが大好き。えへー。)


大威徳明王は水牛にまたがる六面六臂六足という異様な姿。
「世に蔓延する一切の悪を降伏する仏」であり、平安末期頃からは戦勝祈願の本尊とされた仏様です。


乗せてあげてー。


ここにも徐福さんのお宮があります。

不老不死の薬を探してきまーすっと秦を旅立ち、「童男童女3000を率い五穀百工を携えて東海に船を浮かべ、常世の郷熊野邑即ち飛鳥に至る」(現地説明板より)


熊野市の波田須、新宮駅前、その他全国に徐福の史跡がありますが。

「童男童女3000を率い」って、なに。もわんもわんもわーん(妄想)。


「然して子孫此処に止まり繁昌せりと云伝ふ。即ち常世神の常在蓬莱神仙の郷、長寿息災豊穣の神々と今も崇めらる」(現地説明板)

でも、「童男童女3000を率い」でしょおー?


しっぽこうげきはお待ちください。

徐福、怪しい人です。
帰国したら我が身が危ないから、居着いただけじゃないのかなーって考えちゃうわ。

ねー?


何のぷれいですか。

・・・間違えました。さすが阿須賀神社の狛犬様です。しめ縄で自ら結界を張っておいでです。


へ。


まぶちいねぇ。


石にシミって何。


この子達は違いますが、砂岩が多い関西の狛犬くんは、傷みやすいのです。

おなかがすいてしっぽがもみじ饅頭に見えてきたので、ごはーん。
地元の魚屋さんで刺身を仕入れて。






この景色を眺めながら

海鮮どどん。

熊野の旅では、海鮮丼用の甘いおだしの醤油とわさびを常備しとります。うまー。


阿須賀神社摂社の阿須賀稲荷神社は、次回に続くのです。みけつかみ君の登場です。

いつも応援いただきありがとうございます。熊野三山と本地仏。熊野の旅に必要なのは、海鮮丼用のお醤油とわさび。それさえあれば時間を気にせず好きな場所で好きな時間に好きなだけかきこむことが出来ます。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。

いつもながらの狛犬様のいじり方。
敬服いたします。
これからも楽しみにしていますね。

No title

こんにちは。
しめ縄ネックレス ステキです。
(化粧まわしにも見えてしまうのは私だけでしょうが・・ご無礼お許し下さい!)
海鮮どどん 美味しそうー

たっつん様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。
お誉めにあずかり光栄でございます。

関西は丸っこい子達が多いのでしょうか。てっぽん、っと座ってる姿を見ると笑い出さずにはいられません。
たっつん様のようにあちこちの子達に会いに行きたいなーと悶々としております。

おきまちあき様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。
化粧まわしー!そうそう、それです!何だったっけかー?っともわもわしてた言葉!水引じゃないし、のしじゃないし、えーっと?っと散々悩んでたんです。
スッキリしました。ありがとうございますf(^_^;

海鮮丼、最近はお魚屋さんで地魚を盛り合わせてもらうことに味をしめまして。地元スーパーのお魚コーナーでも驚愕の品揃え。白飯さえあれば幸せになれます。おほほ。

車にキャンプセット(の、調理セット)積んで走っとります。最近のものは便利ですねぇ。

おきまちあき様のお料理写真には毎回よだれがだだーっと流れます。ベジタブルカレーが食べたくて昨夜作りましたが、野菜を蒸したのでめっちゃ淡白なカレーになってしまい。ううう(T_T)
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。