浦嶋子と月讀命と小野篁。西の左甚五郎中井権治が飾ります。

こんにちは。


祭神・うらしまこ様の浦嶋神社。

相殿神・月讀命と祓戸大神。


延喜式神名帳には「宇良神社」と記載される古いお社。


浦嶋子は、日下部首等の祖先にあたり、開化天皇の後胤氏族でした。
さらに遡れば、月讀命の子孫だとか。

ただの鼻の下のびたろうさんではなかったのですねー。ははー。


イザナミにさよならして、黄泉の国のケガレを清めたイザナギ。
その右目を洗って、おぎゃん、っと生まれた月讀命。

なるほど、だから相殿に月讀命が鎮座してるのかな。



浦嶋子が美人に誘われ常世の国に行ったのは、487年、雄略天皇の時。


帰ってきたのは、825(天長2)年、淳和天皇の時。

その間実に347年間。

淳和天皇はこの話を聞いて、同年、小野篁(たかむら)を勅使に遣わし、浦嶋子を筒川大明神と名付け、宮殿を造営。

それをもって、浦嶋神社の創祀年としています。

丹波国風土記の逸書に残る浦嶋子の物語が最古の浦島太郎のお話。
万葉集や日本書紀にも記述が残っています。


浦嶋神社拝殿。


亀の館。


みので編んだかめかめ。


奉納絵馬。弁慶と牛若の運命の出会い。
ぶつくさ言ってるのは、能楽「橋弁慶」の一節。


日本最古の浦島太郎物語が残る浦嶋神社。


開放的というか、あっけらかーんというか、風がよく通る社殿です。

拝殿に戻り、じーっくり見ます。

うふふふ。彫刻らぶ。

丹波・丹後・播磨の寺社をうろちょろすると、社殿の華麗な彫刻に「丹波柏原町住人中井権治」の彫名板を発見することが度々あります。


それこそ、江戸時代から昭和にかけて活躍した兵庫県丹波市柏原(かいばら)の彫刻師、「中井権次(ごんじ)」一党。

初代中井正清は宮大工の棟梁として中井一党を率いて柏原八幡社の造営等に携わり、徳川家康に仕え、江戸幕府の京都大工頭の地位にあった名工です。

法隆寺の修理 ・江戸城・日光東照宮・大坂城の築城等にも関わりました。


初代から3代目までは大工職でしたが、4代目からは彫刻師を名乗ります。


彫刻師として活動したのは1700年代中頃から昭和初めの4~9代目。

主に中井権次(言次)を名乗り、丹波・但馬・丹後などの寺社の山門や本殿の破風に、迫力ある龍など霊獣の飾り彫刻を残しました。

「西の左甚五郎」と賞賛される見事な彫刻。

6代目中井喜一郎のとき丹後宮津に移転しますが、丹波柏原の彫刻師「中井権次(言次)」の作品は数々の寺社を飾り続けました。

柏原(かいばら)といえば、美形狛犬(だけじゃないけど)の石工、丹波佐吉が居たところでもあります。


浦嶋神社の拝殿は四方ぐるりと中井権次の彫刻が施されていて、見ていて飽きません。おすすめです。


丹後半島は遠いわー、という方には京都府福知山市の大原神社。

産屋で知られる「おはらざし」の神社。

過去記事はこちら→→→

絵馬が豊かな大原神社。京都府福知山市。
神秘の蛇のヒゲがある大原神社は彫刻ぶらぼー。京都府福知山市。
命を生み出す「産屋」の残る大原神社。京都府福知山市。




拝殿の彫刻が、中井権次一党の作。素晴らしい龍が・・・


これじゃない。


退治されかけて逃亡中におひげを落っことした龍。(大原神社)


盛り盛りです。(大原神社)

福知山市なら、近いでしょー?
え。関ヶ原後に水軍なのに海なし領地へ引越しさせられた九鬼くんが再建した大原神社だよーっと言っても、ダメかしら。


さぁて。そろそろ移動しよっかなー。


まだ丹後半島の先っぽだもん。先を急ぐの。ごめんね。


いらん!!ばいばい!!


危ないとこでした。


参考資料
浦嶋神社社境内案内板


いつも応援いただきありがとうございます。うらしまこを大明神にする淳和天皇の発想が楽しいです。くすくす。毎晩井戸を通って地獄に降りて、閻魔大王の裁判の補佐をしてたという小野篁が勅使ってのもツボりました。裁判もおつかいもこなす篁。できる男です。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

あ!

こんばんはー。

うふふと記事を読んでたんですが、こちらの神社さん行ってみたい神社さんでした!
つねまるさんがうちの画像見て違う町みたいだって言うのと同じ状態でしたわ(;・∀・)
撮る人違うと全然違いますよね。楽しいし素敵。

伊根行きたいよ伊根。
冬行きたいなぁ。

え!

さかした様。こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

さかした様の優しい画像が好き。知ってる町がほんとはごっちゃーっとしてても、穏やかで心うきうきな別の町に見えて。最近ね、とりさん見るとさかした様を思い出します。むぎゅーっと掴んだらあかんのよね、って。

んが。しかし。

わたくし、素敵なイメージを踏みにじってしまってませんかっ!?ごめんね!だって、祭神様が、うらしまこ様だから!(・・・って、なに)

伊根、いいよ、伊根。

さかした様旅みたいに、徒歩でまったりゆっくり味わうのがいいー。
公開してくれてる民家もあるので、舟屋の風情を満喫できるし。おされかふぇーもあります。

「かにカニ日帰りエクスプレス」(往復JR特急指定席+カニ料理のセット。平成26年11月7日から平成27年3月21日設定)なんてのも今月7日JR西日本から発売されましたよ。うーん。野球はシーズンオフなんかな。

ええ、私は行きの電車内で既に酔っぱらっておりますともさー。帰りは記憶喪失。同行女(もはや女子じゃねぇ)全員が撃沈なので、梅田で迷子。なんでやねん、のんでんねん、です。

他社各種プラン、ありますよー。バスもあるよー。(集団行動を乱す人々が許せへんで大喧嘩の挙げ句途中下車した過去持ちのため、バスツアー不可なので実体験なくてごめんね)

無言になろうとも、やはりカニカニさんは桃源郷。
全部むき身にしてくれんかと思うけど。

冬の丹後半島は、演歌っす。めっちゃくちゃ、ええです。鼻水垂れてるのに気づかずに冬の海岸でびみょーに塩味なアイスクリーム、が醍醐味っす。

No title

玉手箱渡されなくてよかったですね。

また、一歩高齢化社会に向かわずに済んだので…。(笑)

勉強になりました

相変わらず飛ばしてますねえ。丹後半島も吹っ飛びそうなマシンガントークでございます(笑)
浦島さん、とうとう神様になったんっスか。そういえば木曾川の寝覚めの床にも浦島さん出没してまして、確か釣り道具が祀られていたように記憶してますが・・・(間違ってたらスミマセン・・汗)

あっそうそう、コメント頂いておりましたが日本人では読めない文字に変化しておりました・・何のことやらさっぱり・・・

たっつん様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。
玉手箱断固拒否してきました。まだまだ働く世代でいたいです。おでかけにはお給料が必要です(T_T)
秋は連休が多いので、うきうきわくわくですもの。えへへ。

らんまるせんせ

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。
文字化け、大変失礼致しました。スマホ画面から投稿したら宇宙語になっちゃいましたか。

浦島太郎くん、とうとう神になったんですねぇ。何の神様だ?と不思議ではあります。

あ。木曾川の寝覚の床も浦島太郎がいましたね!
丹後半島に戻って村が激変していることにショックを受けた浦島太郎が、ふらふらと旅に出て、たどり着いたのが寝覚の床辺り。

景色が気に入って、毎日釣りをしてのんびりしてたんですが、ふと、アレを開けてしまった現場。夢から覚めたので、寝覚の床。

父は「乙姫様と浦島太郎のおうち。お布団がいっぱいあるでしょ」と、恐ろしいことを言ってました。勿論その後は母が激怒。私は幼心に「ここは内緒の場所なんだー」と完結し、わりと大きくなるまでそう思い込んでおりました。

岩場をえっちらと歩いた先に小さな祠がありましたが、弁財天だったような・・・。釣竿は、近所のお寺に亀さんと一緒に見た記憶があります。

なつかすぃー。木曾川沿線大好きー。渓谷美が見れるのがいいですよねぇー。中津川は胡桃味の五平餅。妻籠・馬籠も五平餅が美味しくてー。

ただ、今は御嶽山周りの観光地のことを思うと、心が痛みます。

No title

みの亀さん、すっごい上手~アートですね^^

小野篁さん、某漫画のせいで知名度があがる代わりに、イメージは天パMAXになってそう。

九州以外の出典は殆ど漫画のアホタリンです(-人-)☆彡

ぱぺ♪ぴぷ♪ぺぽ♪ぱぽ♪ぱた○ろ~〆拍手

こんばんは~

浦島太郎の伝説の神社があったのですね!
浦嶋子、って一瞬女の人かと思いましたが
小野妹子のように「子」は昔は男性につけても
おかしくない名前だったのかなと思いました。

日本書紀の話はしらなかったので
和歌の応答部分はとても面白かったです。
が、一番面白かったのは皺をなげる浦島太郎・・・。
・・・すごいですね、彼。

あと、神社の彫刻、ぎっしりとつまっている感が
写真から存分に伝わってきました。
広島の場合、雲谷派の地味渋みのある彫刻しかないので、ここまで彫り込んであるとさぞ見ごたえあるだろうなあと思いました。

あと、龍のひげ。
えらい細くてぽきっといきそうなんですが、
やっぱり木なんでしょうか?
竹原のお寺でも同様のを細い龍のひげがあって
「紙テープ?いや、まさか・・・。」
としげしげ見たんですが未解決のままで・・・。
昔の彫刻家は本当に神業だったんだなあと
思いました。

ぱーぱぱっぱ

時乃★栞様
こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

>小野篁さん、某漫画のせいで知名度があがる代わりに、イメージは天パMAXになってそう。

じっごくぅ♪じっごくぅ♪ステキなじっごくぅ♪
六道珍皇寺とか六道の辻とか、ウキウキしながら行く人、(-o-)/ハーイ
天パMAXでも、できる男です。


>九州以外の出典は殆ど漫画のアホタリンです(-人-)☆彡

何を仰いますやら。漫画もひとつの資料ですともー。
解ればそれでよいよいよーい、と思います。難しい本を読むより頭に入るし。


>ぱぺ♪ぴぷ♪ぺぽ♪ぱぽ♪ぱた○ろ~〆拍手

美しさは罪ぃー♪微笑みさえ、罪ぃー♪

懐かしくて、小躍りしております。ありがとうございます。ふふふ。

トロロヅキ様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

うらしまこの話は丹波国風土記逸書が最古なのですが、そんな難しいことも雲散霧消する破壊力が、現地にはありました。あははー。

蘇我馬子とかありますけど、やはり、うらしま子っていうと山田花子みたいですよねー。でも最近は、とても読めないお名前のようで。トロロヅキ様、ご苦労されてるのでは?


>日本書紀の話はしらなかったので
>和歌の応答部分はとても面白かったです。

良かったぁ。

>が、一番面白かったのは皺をなげる浦島太郎・・・。
>・・・すごいですね、彼。

ツルッと取れたんですかね、皺。投げるなんて発想力、すごいですよね。伸ばすんじゃなく、投げる。
投げつけられた木が皺を引き取ってしわしわなんです。
この木こそ、ぜひお社を建てて神にして差し上げたいです。


>広島の場合、雲谷派の地味渋みのある彫刻しかないので、ここまで彫り込んであるとさぞ見ごたえあるだろうなあと思いました。

なるほどー。地域によっていろいろと違うのですね。
丹波佐吉の狛犬もそうなんですが、彫りが深くて、髪が流れるようにきれいで、厚みがあって、見事です。

見事なんですが、見てると首が痛い…(T_T)

龍の髭ですが、細くて長いものは、予め取り付け孔を開けておき、銅で細工したものを取り付けるようです。年月を経ると緑青で青くなっています。

西本願寺の御影堂門の彫刻修復の際に、緑青で変色していた髭を掃除したら、もとの色が出てきたとの報告があります。

勿論、木を彫りこむものもありますよー。腕の見せドコロでしょうしね。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼