スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テンキテンキ祭の竹野神社。丹後の名神大社。狛犬前で落涙。

こんにちは。


間人(たいざ)の海。厩戸皇子の母・間人(はしひと)皇后が疎開してきたところ。


厩戸皇子異母弟の麻呂子(まろこ)が鬼を退治し、封じ込めた岩。
この麻呂子は斎宮神社に祀られています。


供をしてきた東漢直駒(やまとのあたえこま)の子孫が東姓を名乗り、竹野川を中心に交通運輸を司るようになり建立した水無月神社。

近隣の斎宮神社の宮司さんが7月28日の祭事を司っています。

今日はそんな斎宮神社へ。



海の近くからまっすぐにのびる参道。二の鳥居。


三の鳥居。
丹後三宮・名神大社「竹野(たかの)神社」と摂社「斎宮神社」。


どきどきします。


わんこ動物園。


大型犬は穏やかです。


悲しげな理由は、阿の狛犬くんのお顔が欠損してしまってること。


本人は気にしない。


さっきから吠えてたのはこちら。


わんこの「遊ぼ♪」のおねだりは、最強ですよねー。


とってこい遊びは、エンドレス。


あられもない姿。


わくわくしながら待っていそう。


こちらも阿くんのお顔が欠損してました。かわいそうに。


京都府指定文化財の中門。この形を「向唐門」といいます。


扁額には「斎宮神社」の文字でした。不思議。
まーるい天井にわくわくします。




倉庫かしら?


のぞいちゃった。

竹野神社の祭礼の郷土芸能「テンキテンキ祭」は、子供6人で行われる素朴なものですが、風流囃子物の古い形を伝えるものとして京都府登録文化財になってます。

海辺にある「道の駅てんきてんき丹後」は、ここから名付けられました。



閑話休題。

室町時代などのお祭り囃子の音調や詞章、踊りの形は、狂言の様々な曲の中に残されています。

お祭でお神輿を「ちょうさちょうさ」と担ぐかけ声等は、狂言「千鳥」の中で面白く謡われます。

「ちょうさやちょうさ。ちょうさやちょうさ!」と囃されれば、
「えいともなー、えいともな。えいともえいともえいともなー!」と答えます。



さあて、お参りしましょ。っと、続きます。すみません。


いつも応援いただきありがとうございます。わんこ動物園に心踊ったのですが、2対共に阿くんのお顔が欠損。初めは何か背景があるのかと思っていたところ、お尻を立てた狛犬くんのお顔がお腹の下に置いてあるのに気づき。これはイタズラかと悲しくなった次第。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。

阿形はどうしても顔が欠けやすいんですよね。
残念です。

たっつん様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

阿くん、欠けやすいのですね。これもまた長くここにいたという証なのですね。欠損部が残っているうちに、早く直してもらえるといいなあ。

お尻を立てた狛犬くん、かわいかったです。まんまるの子がお座りしてる姿が多かったので、四方八方から眺めてきました!

No title

はじめまして。いつも楽しみにお邪魔してます。
大型狛犬クンかわいいですねー!
阿くんの破損、イタズラでないと良いですね・・ 
先頃子供の頃遊んだ近所の神社に行った時、
お稲荷さんのお狐さまの顔が壊されていて
(こちらは固いもので叩かれたようでした~)
やはりとても悲しかったです。

No title

テンキテンキ祭とは、なんとも響きの
かわいいお祭りですね。
素朴なお祭りに、深い意味があったりして
見てみたいです。

>間人(たいざ)の海。厩戸皇子の母・間人(はしひと)皇后
同じ字で違う読み名、
脳内がこんがらがってまいりました。。。。

おきまちあき様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問ありがとうございます。コメントまでいただき、心より御礼申し上げます。

こちらこそ、いつも楽しみに拝見しております。狛犬好きの根っこはわんこ好きなもので、おきまちあき様の記事がとても好きです。

大型犬の狛犬くん、心持ち傾けたお顔と、お行儀よく揃えた前足がたまらなくかわいくて。ゆったり温和な秋田犬みたいで愛しい狛犬くんですよねー。

阿狛犬くん、もしいたずらなら、なんでこんなにかわいい狛犬くんをイジメルかなー(T_T)と、悲しくて悲しくて。キツネさんは、欠損してることが多くて、絶句したこともあります。

今後もよろしくお願い申し上げます。お酒のアテも楽しみでっす!

ゆず様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

道の駅てんきてんき丹後、は、のーてんきだぜ、いえーい(^^)vからきてるとばかり思っておりまして。おほほ。

地域に伝わるお祭は、都に上って「こんなん見てきたよー」っと真似っこした「三番叟」(白式尉や黒式尉が舞う)等、数知れず残っているようで。テンキテンキ祭も、どんなものか見てみたいです。

ゆず様にプレゼントくいずです。

穴穂部間人(1)皇后、または(2)と呼ぶ厩戸皇子の母が疎開した土地は、皇后の名を地名とするのは恐れ多いと間人(3)と呼ぶようになりました。ここ、間人(3)には源泉かけ流しの温泉が味わえるお宿「(4)荘」があります。立岩が目前に迫るとても素敵なお宿です。日帰り入浴もできますよー。

(1)はしひと (2)はしうど (3)たいざ (4)はしうど

うふふふふ。

No title

狛犬の魅力はモフモフ感とおちりです川* ̄д ̄*川ポッ

アソボーおねだりって解釈?は新鮮~~(・∀・)イイ!
自分はヒップホップ型と(勝手に)呼んでた(爆

子供6人・・・選ばれし神の子的な感じ?(*´▽`)


時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

>狛犬の魅力はモフモフ感とおちりです川* ̄д ̄*川ポッ

きゃー。オトモダチ♪
もふもふできないんだけど、モフモフしてる子はたまりません。
ぽてっとしたおちりの子を見ると、撫で回したくなります。えへー。

わんこ、遊びたいときこんな格好しますよねぇ。
ボールとってこーい遊びのときも、上目遣いでこっちを見ながらボールをガジガジっと。たまりません。うほー。

>自分はヒップホップ型と(勝手に)呼んでた(爆

おおー。さすがお若くていらっしゃる…f(^_^;オバチャンオモイツキモシナカッタヨ
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。