徐福の墓ふたつ。異国の獅子はかしましい。波田須と新宮。

こんにちは。

今月に入って、ドライブ距離が1610kmです。へへへ。

さて。

波田須の道。るんたった。

波田須は「秦住(はたす)」と、かつて称しておりました。

秦の始皇帝から不老不死のお薬をとってこーい!された徐福。
数十隻の船団を組み出航すると、徐福だけがこの地に流れ着きました。


蓬来山の徐福の宮。

当時ここには3軒の民家があり、与八・文吉・三郎兵衛が徐福のお世話をし、やがて帰還を諦め永住を決意した徐福は、窯を設けて焼物を住民に教えます。

窯所からは、陶器の破片が出てきました。写真の徐福の宮の向かって左斜面辺りです。

んじゃ、下りてみよっかなー。

集落の中はもっと大変。


冷や汗びっちょり。


この周囲から秦の時代の「半両銭」が発掘されているそうで。


稲荷神社と合祀される徐福の祠(向かって左)。
神宝は、20cmほどの摺鉢。


徐福の求めた不老不死のお薬。この辺りに自生する天台烏薬という植物かもよー?です。


はるばる来たのにねぇ。

徐福の墓はもうひとつ、新宮市にもあります。


和歌山県新宮市・徐福公園。


派手。


うわー。


わー。


喋るスピードは異国の方でどうぞ。


あ。


げー。




異国情緒。


初代紀州藩主、徳川頼宣が命じて作られたという徐福の墓。

新宮市にもまた、徐福が流れ着き、様々な技術を伝えたとのお話あります。

徐福。

故郷の秦へ帰りたかったのか、政変や始皇帝の心変わりを思い彼のの元へは帰れなかったのか。


まるっこい子にほっこりしたい気分。

やはり日本の神社の狛犬わんこに会いたいな。


だれー!?



いつも応援いただきありがとうございます。波田須の徐福の宮へは、決してでかい車で行かれませんように。狭い集落の道なのでそりゃもう、泣きそうでした。いや、泣きました。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

凄い移動距離ですね^^
全部一人で運転するんですか?(@@)凄っ

賑やかな?狛犬ですね^^

ほほ~お子様はおひとりで(フムフム)
阿吽ともに玉持ちとは夫唱婦随・・・(._+ )☆\(-.-メ)ヤメンカ

No title

こんばんわ~

1600kmも走ると、日本からでちゃいますよ!
次回のメンテの時に、スクリューをつけておきましょうネ。

で、徐福公園はやはり琉球なのですね。
大和の国の建物ではありませんから・・・。

へんたい野郎はシーさーですか。

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。
時乃★栞様の研究がとても難しくてコメントできず読み逃げてばかりでごめんなさい。

>凄い移動距離ですね^^
>全部一人で運転するんですか?(@@)凄っ

そうですよー。全部自力でたどり着くのよー。
高速は最小限にして下道をるんたった♪と走るのが好きでして。

>賑やかな?狛犬ですね^^

異国の方々は人もわんこも賑やかですわ。うわ、どうしよう・・・的な。はははー。リアルお玉さんに、動揺しましてん。これでも乙女。

piglet01様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

>1600kmも走ると、日本からでちゃいますよ!
>次回のメンテの時に、スクリューをつけておきましょうネ。

おう!?日本から出ちゃうので!?えへー。
眠気に襲撃される高速よりも下道の方がしんどくないので、好きです。愛読書はツーリングマップルです。
スクリューあれば、伊良湖にも四国にも楽チンですねぇ。欲しい。


>で、徐福公園はやはり琉球なのですね。
>大和の国の建物ではありませんから・・・。

そうなんです。ここ、新宮駅前なんですがねぇ。熊野速玉大社よりもバリバリに目立っておりまする。


>へんたい野郎はシーさーですか。

風呂上がりのおとーちゃんっす。そして娘に嫌われるるるる・・(T_T)
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼