スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熊野本宮大社でキャシャーンに出会った。しゃきーん。

こんにちは。

熊野三山のひとつ、熊野本宮大社。

現在の社殿は明治の大水害で流失した後に、高台に移されたもの。
古来は、こんな場所に。


熊野川の中ほどに古代より熊野巫大神の鎮座する「熊野坐神社」と号していました。


カラスさん。




この階段の途中まで、3年前の台風12号の大水害で浸水。


鳩胸、くるっぽー。


そうだねえ。手足固定の上、石だもんねえ。





「熊野権現」については、こちら→→→熊野権現信仰と熊野三山。源のゴトビキ岩ってなんだ?






拝殿と神門が横並び。


綾部市に移された九鬼さんのご子孫ね。


姉さん、事件です。キャシャーンがおすわりしています。




角はいりません。お首に鈴ぶら下げて、かわいー。


キャシャーンがさらに武装したー。


古くて悪かったわね。


参道を真っ直ぐ進むと神門なので、左横にある拝殿になかなか気づきません。

神門へ戻って、参拝します。神門より内側は撮影禁止。


中はこのように社殿が並びます。

参拝順路は次の通り。
① 第三殿 家津御子大神(主祭神)
② 第二殿 速玉大神
③ 第一殿 夫須美大神
④ 第四殿 天照大神
⑤ 満山社 結ひの神・八百萬の神


結宮。
第一殿(西御前)・熊野牟須美大神(夫須美大神)、事解之男神
第二殿(中御前)・速玉大神


本宮。
第三殿(證証殿)・主祭神の家津御子大神


若宮。
第四殿(若宮)・天照大神

まあ、参拝順序をすっかーっと忘れて、左から順番にお参りしてしまいましたけど。えへー。息をしたら、全て忘れるお馬鹿さんです。


いつも応援いただきありがとうございます。早朝の熊野本宮大社。社殿は新しいけれど、空気が清々しい熊野本宮大社でした。神職の皆様が忙しく働く中をちょろちょろと。お邪魔だったろうな。ごめんなさーい。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

年代バレバレでございますw

人造人間だとか、半分スケルトンボデーのキカイダーとか、インドの山奥で修業したレインボーマンとか・・・懐かしいなあー(笑)

熊野牛王符が、カラスの模様をあしらったデザインと知ったのは最近の事でございます・・(汗)
武田信玄が息子の義信を幽閉して自害させた後に、家臣や土豪の離反を食い止める為に生島足島神社に起請文を書かせて奉納させますが、それが全て熊野牛王符に血判を押させての書面でございます。今度レプリカの誓紙のカラスを数えてみますネ(笑)

信玄存命中は効果絶大でしたが、勝頼の代では誓紙を書かせなかった為に、滅んだという噂がありますが、あくまで噂のままです・・・。

らんまるせんせ

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。
せんせの深くて幅広いご見識に日々挑戦中ですが勿論、連敗記録更新中でございます。。レプリカとは、これ如何に!

いやん。年代バレバレかしらー?ひっきー元旦那の映画もあったことやし、いけるかしら?っと思ったんですが。あうち。

キカイダーとは、懐かすぃー。
ゴレンジャーと仮面ライダーV3と、ウルトラマンタロウとガッチャマンも大好きです。リカちゃん人形には目もくれず、ウルトラ家族の人形で遊んでました。おほほー。

あ、ムーミンは岸田今日子様で。


>武田信玄が息子の義信を幽閉して自害させた後に、家臣や土豪の離反を食い止める為に生島足島神社に起請文を書かせて奉納させますが、それが全て熊野牛王符に血判を押させての書面でございます。今度レプリカの誓紙のカラスを数えてみますネ(笑)

おおお。それ、見たいなー。
信玄様の起請文、約束を違えたら血を吐く間もなく即死し蒸発してしまいそうです。カラスが88羽のご神符じゃないといいですねー。うふふ。


>信玄存命中は効果絶大でしたが、勝頼の代では誓紙を書かせなかった為に、滅んだという噂がありますが、あくまで噂のままです・・・。

いつもびみょーに残念な勝頼様ですねぇ。お気の毒な話です。書かせていても、お気の毒な話になりそうな気がせんでもないですが…f(^_^;

おっさんほいほい

あかんw
狛犬氏はわんこだからフレンダーかな。
携帯持ち始めた頃キャシャーンとフレンダーのストラップ付けてましたわぁ。
伊勢谷氏のキャシャーンは樋口可南子の目が緑だったくらいしか覚えてない…。

さかした、キカイダーヲタです。
そして記事の内容に一切触れてない。ごめんなさいごめんなさい…

No title

つねまるさん、こんばんわ~

あらら、熊野様は菊花紋なんですね。
確か、伊勢神宮は花菱紋だったような気がしますが。

神殿は「ちょろり」、「こそって」と、みなきゃだめなの。

門はフルオープンにしてあるのに、もったいぶっているんだねぇ・・・。

さかした様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

フレンダー!!って、言ってくれてありがとおおおー!!抱きつきに行ってもいいかしらー!?ううう。嬉しい。ドーベルマンを見ると、こそっとフレンダー?って心で呼びます。

キカイダー、父が先にはまりましてね。娘が後からついていく、そんな親子。お。私はさかした様の子?

piglet01様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。
こそっと見ると、わくわくしますねぇ。熊野本宮大社のカラー、好きです。明治の大水害で流失した後に造られた社殿ですが、古式豊かで。

新宮市の博物館の方とお話したら、所謂天照大神系の神社とは全く創始を別としていて、自然信仰が強く残っていて神名は後付けなのが熊野です、って。

だんだん菊の方になっていったんですかねえ。賽銭箱は、巴さんが巻いてましたが。
では、私はこれから夏休みで。旅立ちます。うふ。

No title

キャシャーン、見てなかったんだけど、「キャシャーンがやらねば誰がやる、キャシャーンがやらねば俺がやる」なんて、漫画のパクリネタがあってそれだけは覚えてます。

私が熊野に行ったときはツアーだったので、時間勝負でまわってました。特に大斎原に行ったときは、バスの発車時間に間に合わなくなりそうで、帰りは駆け足で汗だくだったんですよね。

つるまるさんはゆっくりとまわれましたか?

熊野本宮大社

こんにちは~~!

中州だと、大水が出ると恐ろしいですねー
今は、高台に移されて安心。

狛犬さんの後ろ髪の跳ね具合が
なんともかわゆす(笑)

参拝順序があるとは
いやはや、覚えられませんわー

たっつん様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

>キャシャーン、見てなかったんだけど、「キャシャーンがやらねば誰がやる、キャシャーンがやらねば俺がやる」なんて、漫画のパクリネタがあってそれだけは覚えてます。

あははははは。
そうなんですよ、私の世代のDNAにはキャシャーンが刷り込まれてますの。キャシャーンごっこで遊んでましたもの。うふふ。

>私が熊野に行ったときはツアーだったので、時間勝負でまわってました。特に大斎原に行ったときは、バスの発車時間に間に合わなくなりそうで、帰りは駆け足で汗だくだったんですよね。

>つるまるさんはゆっくりとまわれましたか?

たっつん様の記事、拝見しましたよー。よく間に合いましたね!見たいものは見るのだ!って意気込みに平伏です。ツアーでお酒を飲みながらまわってみたいなあ。いつも自力本願なので、結構悲しいです。

でも好きなとこで好きなだけ、ぽっけーっとしたくて。あまりあちこちは行けないんですが、お天気にあわせて自分の好きな場所をマーキングして、そこで思う存分、ぽっけーっとしたり、川の音を聞いたり海を眺めたり地元の方と話し込んだり。

大斎原、うふふ。だーれもいない、私の好きな場所、ありますの。うふふふ。

ゆず様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

昔々は中州でも大丈夫だったのかと思いきや、何度も流されたりしてて。でも熊野本宮大社の神様と川は切り離せないみたいなんですよー。

>狛犬さんの後ろ髪の跳ね具合が
>なんともかわゆす(笑)

完璧じゃないとこがよくないですか?
俺の背後に立つな!は、俺の寝癖を見るな!ですわー。
この寝癖って、ほんまに直すの大変ですよね。めんどくさいから、シャワーしちゃいます。

参拝順序、私は好きなようにまわるんやから、ほっといて。っとは言い切れない、なんかこう、間違えたら居心地悪くて。もやー。

でも、ま、いっかー。来ただけでも誉めてよね、っとお願いしときました。えへ。

No title

こんにちは~♪
まるで行者の気分がしそうですね(笑)
そういえばるか昔から神々が住む神聖な場所だったとかσ(゚ー^*)

まり姫様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。
宗教的には頭がパニックになりますが、熊野で「はあー、ええなあ」とぽけーっとしていると何となくあちこちが神々しいような気がしてきます。
信じる信じないはアナタシダイデッス・・・(^o^)
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。