熊野三山牛王神符。誓約破れば血を吐き地獄へ。

こんにちは。

豊臣秀吉臨終間際に、徳川家康等五大老・五奉行に秀頼への忠誠を誓わせた起請文を書かせた紙はなんでしょう?

A4コピー用紙でも、お習字の紙でもござらん。

じゃん。



これが、熊野牛王符または宝印神符といい、俗に「オカラスさん」とも呼ばれるカラス文字で書かれた熊野三山独特の御神符です。

「牛王」の名称は、牛の肝から得られる牛黄(牛玉)という霊薬を密教で加持祈祷に用い、これを印色として神符に用いたので、牛王宝印と称するようになりました。

起源は明らかではありませんが、熊野本宮の主祭神である家津美御子(ケツミミコ)大神(スサノオ)と天照皇大神との高天原における誓約、あるいは、神武天皇東征の際の熊野烏の故事に由縁するとも。


熊野牛王神符の裏面を料紙として用いたときは、誓約の内容を書き記し、それを熊野権現に対して誓うのです。

鎌倉時代には「誓約書」となり、やがて「起請文」、江戸時代には「起誓文」の代わりとして用いられました。

熊野権現への誓約を破ると、熊野大神のお使いのカラスが1羽亡くなり、

本人は、血を吐き、地獄におちると古くから信じられてきたのです。


熊野牛王符は熊野信仰の人々をあらゆる災厄から護ってくれるもの。

・カマドの上(ガスの元栓)の上に祀れば火難を免れる
・門口に祀れば盗難を防ぐ
・懐中して飛行機、船にのれば、乗り物酔いと災難を免れる
・病人の床にしけば、病気平癒となる
・病気にはカラスを切り抜いて浮かべた水を飲むと効あり

ありがたや。

熊野三山の参拝後、熊野牛王神符と梛(なぎ)の葉を受けとる習わしがあり(梛は、熊野のご神木)、家々の神棚や入口等に奉斎したのです。


熊野の修験者及び熊野比丘尼によっても全国に配付されました。

今も和紙に木版と墨で一枚ずつ手刷りです。
熊野牛王符(牛王宝印、烏牛王)の刷り初めが正月に行われます。

【熊野速玉大社】



「熊野寶(宝)璽(印)」カラス文字48羽。


【熊野本宮大社】



「熊野寶(宝)璽(印)」カラス文字88羽。

古く天武朝白鳳11年(約1300年前)はじめて熊野僧徒牛王宝印奉ると記されているのが初見。


【熊野那智大社】



「那智瀧寶(宝)璽(印)」カラス文字72羽。

1月1日には午前3時に那智の滝の奥の「秘所の水」を若水として汲み、1月2日にその水で烏牛王神璽摺初め式を行います。



大事にしなくちゃいけません。


参考文献
熊野速玉大社・熊野本宮大社・熊野那智大社牛王神符説明書



いつも応援いただきありがとうございます。博物館で起請文等を見ると、おお、熊野三山のかね?っとわくわくします。さあ、カラスの数を数えてみましょう。れっつとらい。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは~

豊臣秀吉臨終間際にそんなことが
あったとは、
今、大河で秀吉でてるから
その場面が出たら面白いですね。

英彦山の知り合い
(山伏坊のお家)のお宅の壁に
これが貼られていました。

>血を吐き、地獄におちると
ひょえ~、こわいよ~っ!!

No title

こんばんわ~♪

パピルスに書いてあるアラビア語かと思ったら

なにやら日本語も書いてありますね。

「日本第一」 ジャーン吉が大当たり!

なのかな。

いいな。
単純に鳥だから御神符欲しいと思ったわたしはトリスキーです。
カラスも好きであります。

ゆず様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。
うふふ。秀吉さんに出す紙にカラスがいないか楽しみですよねー。全体を見てると、とても不気味というか不思議な感じの神符ですが、カラス1羽1羽がとてもかわいいです。いろんな格好して文字のふりして。

おおお。山伏様のお宅にこれがー!さすが英彦山。さりげなく貼られているとこが素敵だなー。それを発見するゆず様、もっと素敵です。

piglet01様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。
日本のパピルスに象形文字?カラスが頑張って文字のふりをしてて、かわいいでしょー。
平和に「悪霊退散!護ってやるぜい」でなく、約束を破ったら神罰が下るってとこが、神様の怖いところですよねー。
初めていただいた時は「ごおう」が読めず、「すみません、うし、ください」と言ったあほーです。へへ。

さかした様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。
ををを。トリスキー様でしたね!どうです、このかわいいカラス軍団。小さな点々のとこ、たまりません。
カラスさんが多い方がご利益ありそうな気がする俗物であります。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼