那智の滝と亡者のひとつ鐘








あまりにいいお天気過ぎて、頭がアホーです。

さて。今日は、那智勝浦の定番。

那智の滝。運良く滝の入口前の無料駐車場が空いてましたの(5・6台分しかない)。らっきー。


遠くから見た方が、その大きさがわかります。


熊野那智大社を通り過ぎてさらに進む道が那智山スカイライン。3年前の大水害の際、道中の山々が深層崩壊してずーっと不通。


今年4月、やっとやっと、開通できました。


熊野の神々、降臨。

目的地は、こちら。

妙法山阿弥陀寺。

熊野三山が浄土に例えられ「蟻の熊野詣」と言われるほど庶民も参詣したのに対し。

妙法山阿弥陀寺は「亡者の熊野詣」。


亡者のひとつ鐘。

人は亡くなると幽魂となり必ずここ妙法山に参り、鐘をひとつ鳴らしてからあの世に旅立っていくといいます。


歌でも歌わないと、ちょっとぞくっとする鐘です。

いつか私もつきに来るのね。その時は、笑顔だといいなあ。

生者は、現世の安穏のため、また、亡き大切な人が安らかに成仏出来るように、ひとつ鐘をつくのが習わしだとか。


境内には、1509年の宝珠銘がある大師堂があります。

本堂からここへ下る道。熊野古道ってこんな感じの道。

熊の子道じゃなくて、熊野古道です。

えっちらおっちら運転して疲れたので、串本を経由して紀伊大島へ。

樫野釣公園センターのレストランで、日替り定食。


キス魔の魚、ちびこいけど、うまー。


紀伊大島の、海金剛。海を見ながらのーんびり。


全て串本産。うまー。

今夜もかんぱーい。


いつも応援いただきありがとうございます。妙法山阿弥陀寺、やっと行くことができました。道は細いですが、待避場所もカーブミラーもあるので大丈夫です。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

那智の滝に一度でいいから行ってみたいです。

そしてかわはぎさんにチューしたいです。

yuki様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。
那智の滝、青岸渡寺の塔とセットで眺めるととても美しいです。神聖な滝ですし、昔参拝者が落ちたので滝壺までは行けないのですが、遠くから眺めるのがまた良いですよー。

ちゅー、してやってくださいまし。お魚も本望。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼