FC2ブログ

丹波佐吉。日本一の称号を持つ石工。摩気神社「阿」の巻。

こんにちは。

車の一年点検を済ませて、おとなしくしてました。

な、わけはなく。あまりに好天なので、狛犬さん業界で名工と称されている方のわんこ達を見たくて、いけいけどんどんドライブへ。


京都府南丹市園部町にある、摩気神社。




すぽんっと。


地図を見てるのに真反対へ歩いたお馬鹿さん、ここにあり。


延喜式式内社、名神大社の摩気神社。


お?


だるま落としみたいに、こーん、っと直せんのやろか。こーん、っと。


そうです。ここには、丹波佐吉の狛犬さんがいるのです。



丹波佐吉
1816(文化13)年、朝来郡和田山町竹田生まれ。

幼少時に両親を亡くし、製糸業を営んでいた「若松屋」に預けられ、
1820(文政3)年、ワタリの石工(旅稼ぎの石工職人)としてこの地を訪れていた初代難波金兵衛の養子になります。


1822(文政5)年「丹波大新屋」に居をかまえた金兵衛と共に、幼いながらも石工の道に精進。

しかし、1837(天保8)年。金兵衛に長男義継が誕生。


翌年。佐吉23歳。金兵衛の反対を押し切り自らワタリの石工となります。


実子に遠慮したのでしょうか。


やがて10年の時を経て。

大阪の「石為」に滞在していた佐吉は、同業の間で技比べをすることになります。


なんと、「石の尺八」を作って見せました。


その見事な出来っぷりに時の孝明天皇から「日本一」との賞賛を賜ります。


大和に移った佐吉は3年かけて奈良県菟田野町平井の「大師山霊場」を完成。


1856(安政3)年。金兵衛の死を知って「丹波大新屋」を訪れた佐吉。


子供の頃、読み書きを習った上山孝之進の依頼で自宅の稲荷社の狐像一対を製作。柏原(かいばら)八幡神社の狛犬一対を製作。


その後、再び佐吉は丹波を去ります。


数年後に再び戻って来ましたが、1866(慶応2)年。佐吉は一体の不動明王像を完成させ、ひっそりと丹波の地を去りました。


不治の病に侵されていたという佐吉のその後の行方は定かではありません。


あうち。吽さん、またの機会に。

なんか、泣き声が。

おっと。

生きとし生けるもの、愛嬌者がいいよー。

いつも応援いただきありがとうございます。丹波佐吉。名工といわれる方の狛犬さんが見たくて、どぴゅんっと走ってきました。深い彫刻、流れる尻尾と髪の曲線。細かい装飾。なるほどー。すごーいです。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。

 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして

こんばんは、kotodayoriと申します。

つたない放下鉾の記事へのコメントありがとうございました。

歴史は良いですね、調べれば調べるほど知らなかったことがわかってきて...

これからも現地からいろいろと紹介してください。楽しみにしています。

それでは、今後ともよろしくお願いいたします。

kotodayori様

こんばんは。いつもご多忙の中、お世話になっております。ようこそおいで下さいまして。ありがとうございます。

お酒のツマミ、若しくはお茶の駄菓子にでもなりましたでしょうか?

つたない、なんて滅相もない。kotodayori様の深い見識に基づく記事に、いつかここへ行きたいな、っと勉強させていただいております。

放下鉾、能楽の放下僧に縁があるのかしら?っと常々思っておりました。現地に訪問され、交流されている記事を拝見し、羨ましいことこの上なしでございます。

歴史を調べると底無し沼(あほーなので神話に足を突っ込んでしまいました…どぼぼ)なので、とりあえず、行きたいな、おっしゃ、ここ行くぞー!ってとこに行ってから、ぎゃー、しもた、あたふたあたふた、と調べております。お恥ずかしや。

何卒今後ともご教授賜りたく、よろしくお願い申し上げます。

No title

こんばんわ!

竹田城下の佐吉さんは、ゆくえ不明ですか。
狛犬さんは、捜索願いを出しているのかな。

佐吉さんの狛犬は、たてがみと尾っぽが立派ですね!

それに奥目も特徴だと思っていましたが、そうでもないですね^^

piglet01様

こんばんは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。竹田の名前で即、かの天空の城を思われるpiglet01様、ひれ伏します。竹田?どこけー?っと、地図見ました。

佐吉狛犬、奥目なんですかー。ほほう。
すごいなあ、piglet01様はどんなお話にもお付き合い下さり、楽しいです。ありがとうございます。

「とーちゃーん」って、泣いてるようには思えない凛々しい狛犬(阿)様でしたが、南丹市は柏原から東に抜ける通り道なのかしら、と、田んぼを見ながら思いました。

狛犬業界の先輩方が、よいぞよいぞ、と仰ってるので訪問したんですが、やはりいいもんはいいですねぇ。

能楽の先生から「一歩目は数を見ろ。二歩目は質を見ろ。三歩目からは評論家の目を捨てろ。常にまっさらの心を持ちなさい」 と能楽鑑賞について言われたことがありまして。
(まっさら、というか、まっちろパラッパラッパーですが。おほほ。)

今回は名工の狛犬さんを拝見しましたが、作者にとらわれず、これからも現地で周りの雰囲気とともに狛犬わんわんの声を聞きたいなー、と思います。わんわん。

No title

おはようございます。


さすがに名工の作!!
バランスも素敵です。ぜひ、見に行きたいですねぇ。

たっつん様

おはようございます。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

動き出しそうな体と、ほんとに風になびいているような毛並みに、うっとりです。いろんな狛犬さんを見に行くのは楽しいですねー。

No title

こんばんは~♪
ここまで狛犬さんをとり上げる人はまずいらっしゃらないと思います。
いっそ「つねまる」さんの名前を狛犬博士と変えられたらいかがでしょう(笑)
なんかその方が似合うような気がしますσ(゚ー^*)

まり姫様

こんばんは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

いかがでしたでしょうか、丹波佐吉さんの狛犬様。
最近は専らわんわん王国となっておりますが、変わらずご訪問いただいて感謝です。おほほ。

狛犬さんの魅力を様々な諸先輩方のブログで教わって、この目で見なくちゃ気が済まず、放浪の旅です。今後ともよろしくお付き合いくださいませ。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼