FC2ブログ

伝・淳仁天皇創祀。ちゃうちゃう狛犬とメーテル。まだ淡路島。

こんにちは。


洲本八幡宮。


ぽんぽこ話はひとまず終わりまして。


つい、かわいいもののいる方へ行ってしまいました。

ちゃんとお参りしなくちゃね。仏は祟らないが、神は祟るのです。(by厩戸皇子。←知ってる人は同世代♪)


洲本八幡宮=洲本八幡神社+国瑞彦護国神社。

ここでは洲本八幡神社を主に見学です。


【由緒】
伝・淳仁天皇の創祀。

◇淳仁天皇(733年- 765年) 在位:758年9月7日 ‐764年11月6日
古文書では廃帝(はいたい)または淡路廃帝(あわじはいたい)。
諱は大炊、践祚前は大炊王。
天武天皇の皇子である舎人親王の七男(3歳で父と死別)。

「孝謙上皇・道鏡 VS 淳仁天皇・仲麻呂」の、ひと。


淡路島に流され、淡路島で他界し、淡路島に葬られた淳仁天皇。

淡路廃帝の記事はこちら→→→
淡路廃帝淳仁天皇と母当麻氏を探してたまねぎ畑へ。



琵琶湖湖北の菅浦にある、舟型御陵。

淳仁天皇の舟型御陵の記事はこちら→→→
淡路廃帝は須賀神社の舟型御陵に眠るのか。湖北の菅浦。

(ここは本当に背筋がぞくぞくするほど素晴らしいところ。)


そして洲本八幡神社は、990年、淡路国国司代・藤原成家(定家の同母兄)に奇瑞を授けたので、成家により当国の安寧と繁栄を願い淡路州神と称え創建されました。

【祭神】
誉田別尊(応神天皇)、神功皇后(応神天皇母)、ヒメノカミ、クラオカミ(龍神)


江戸時代には、藩主蜂須賀氏、家老稲田氏の祈願所に。
春秋の祭りの際には寺社奉行が遣わされる程の崇敬を受けました。


へ?





桃色足袋まで履いて、ぶさかわ路線。

あれ、ちゃうちゃうちゃう?
ちゃうちゃう、ちゃうちゃうちゃう。ちゃうちゃうちゃうんちゃう?


ふぇろもんの意味は、増えるお笑かしホルモンじゃないですよ。


忘れたい、あなたのインパクト過大なお顔…。


ヅラ?


やめてー。品位が、ひんい、ひひひーん。


私が悪いのか。そうか。


文化六己年五月吉日。石工は、伊右衛門 長全。


で。えーっと、何を見たかったんだっけ?



おおおお!メーテル!!

青春の幻影を見てしまったので、今日はここまで。


参考文献
「洲本八幡宮参拝の栞」


いつも応援いただきありがとうございます。でっかい石の塊のような狛犬さん達。とてもとても大切にされています。それなのに、へんな顔して撮影するあほーな私。誰もいなくてよかった。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

狛犬の後ろ姿は一つの魅力ポイントですよね。

ぜひ尻フェチ(笑)仲間になりませんかぁ?

たっつん様

おはようございます。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

まあ、素敵な魅惑のお誘い、ありがとうございます(≧▽≦)
まだまだたっつん様の神の域にはほど遠いですが、これからも精進致しまするー\(^o^)/ナカマナカマ♪

No title

小沢仁志さん風味ですね。
昨日ずっと小沢さんの画像を見ておりました故に…(何故
実にワイルド。

さかした様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

おおおー小沢仁志さんかいっ!好きやけど。めっちゃ、好きやけど!
なんやろか、彼もお尻になんかつけてはるんやろか?

あの兄弟は反則的に、おいしいと思うの。映画見てても、ほんとは違うくせにぃーって、言いたくなります。
さかした様の記事、優しい目線ですよね。さりげないけど、ほんとはすごく気を遣っていて。

私も見習おう。ってか、最近ほんとに誰もいないとこばっかし。

おぅふ…

タイトル入れたんだけど消えてたー(;つД`)
狛犬氏が小沢仁志さんぽくて。
めっちゃカッコいいですわー。
ほんとにあの兄弟美味しすぎる。

さかした様

あ、そうなのですねー。

でも、あの兄弟のお話してくれて、うれしいー。
ああいうのに騙されんようにしなくちゃ。いや、そもそも二人には騙す気はないのに、こっちが勝手に勘違いするのかなー?
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼