FC2ブログ

刀「名物安宅切・脇毛落」官兵衛がわきけおとし?

こんにちは。



「軍師官兵衛」では、走馬灯の如く時が流れておりますね。

ところで、私、昨年福岡市博物館でとあるものを見て以来、官兵衛さんが大好きになりました。


淡路島洲本市にある、洲本城。


秀吉の四国攻めの時にここにいたのは、もと熊野水軍の安宅氏。


福岡市博物館で私が見たもの。



名物「安宅切」

「わきけおとし」

え?

あ。わきを、蹴落としたんかな?

のんのん。「脇毛落」

ぎゃおー。


お気に召さず?


ふむふむ。衛生的に、ないほうがよろしいとな?


ずーっと悶々としてました。ほんとにじょりじょりしたのか?
勇気を振り絞って、博物館に聞きました。



「脇毛落」という銘は、刀・名物「安宅切」の茎(なかご)に記されています。

これは、試し斬りの結果をしるした「試し銘」というもの。

つまり、「脇毛落」とは、試し斬りで「脇毛」に該当する部分を斬り落としたことを示しています。

え。


なんと細かい試し斬り・・・?

いやいや。



「脇毛」とは、人間の両脇を結んだ線を指します。

また、試し斬りの流派によっては乳首と乳首を結んだ線を指す場合もあるそうです。

官兵衛の刀・「名物 安宅切 銘『脇毛落(わきけおとし)』」とは、
試し斬りの際に「脇毛」に該当する図の青線部分を真っ二つに斬り落とした刀で、安宅氏を斬るときに用いたもの、ということでした。


すっきり。


いつも応援いただきありがとうございます。博物館では、この刀の前で鼻の穴を膨らませて友人にお知らせメール。他を見ては舞い戻って大爆笑。係員さんに声をかけていただかなかったら、国宝の金印をスルーするとこでした。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

徳平先生

こんばんは。お待ちしておりました!先生に知己を得てすぐお伺いしたかったのですが、いやいや、四国攻めが済んだら…と、温めておりましてん。的確なご意見ありがとうございます♪

黒田家の皆様はつるつる!?とか、何のプレイやねん、とか、めっちゃ楽しみました。洲本城に行っても、「つるつるにされた人のおうち」としか思えなくて。

試し斬りで一気にいけばよいですが、中には「あれ?切れないねぇ」なんてのがあったら、身代わりになった豚さんは可哀想。ごめんなさい、ですね。斬り手の腕も左右するのでしょうね。

どう?たぬき、ドツボです。わははは。

もうひとつ、博物館で笑い死にしたものが。
細川忠興所蔵の名品の茶入。名前は

「利休尻膨」(りきゅうしりふくら)

宗匠の尻がふっくら!?忠興、どこ見てんねん!何を愛でてんねん!?

正解は唐物でおかめさんみたいに下の方が膨らんだ(尻膨)形をした茶入で、利休所蔵のものだった、でしたが、散々笑ったのは言うまでもありません。無知の笑。

今宵もためになるコメントをありがとうございました。
今後も何卒よろしくお願い申し上げます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

こんにちは〜

なんという恐ろしい銘なのでしょうか…
性能を計るためには試し切りこそ唯一無二の手段でしょうが…
それが銘に刻まれるとは…

おもしろいですね!!!!

みゆった様

おはようございます。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

刀には必須の試し斬りです。「銘」ってなんだろなー、あだ名かなー、と、呑気に思ってましたが。

官兵衛も戦国の人だったんですねぇ。具足が蒸れるのねぇ、きっと清潔第一やのねぇ、とばかり…。おほほ。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼