FC2ブログ

三日市場城の破壊に怒り、じっと我が身を振り返る

こんにちは。

以前皆様にご紹介した、三日市場城の破壊の件。

過去記事こちら→→→
史跡を見る、と、守る、は違うということ…連休によせて

文化財保護法に基づき前進したのか三日市場城破壊の件



白馬村教育委員会さんも慌ててさすがに原状回復せないかん!っと現在奮闘中です。

そもそもは、立ち会いせんかったんが、あかんのやん。
多分、県から叱られたんちゃうか?
後から慌てるんは、誰でも出来らぁー。テヤンデェー。


さて。あほーな呟きはさておいて。

ブログ開設初期よりなんだかんだとお世話になってリンクも戴いてる、信濃の山城の第一人者、強者なのに謙虚ならんまるせんせ。



間違えた。


せんせの記事に三日市場城の破壊事件の中間報告がされてます。

こちら→→→
らんまる攻城日記~兵どもが夢の跡~
「◆四ヵ庄平(しかじょうだいら)の北端を抑える要害城◆」

らんまるせんせの葛藤がコメントにも記されています。


教育委員会から復旧に協力を求められ、まずは現地確認に奔走中。
せっかく白馬村まで来たから他のお城行っちゃお♪っと、別のお城記事までアップされるリアップらんまるせんせ。

こらー。でも。

誠心誠意、教育委員会の求めに応じて尽力されています。
第一発見者のていぴす様と原状回復に向けて怒りをこめて誠意をもって現地立ち会いと確認作業をされるとのこと。

ていぴす様、長野の勇者様で、らんまるせんせのお仲間様です。

こちら→→→
長野の歴史を探し求めて
「白馬村  三日市場城の破壊」

ていぴす様のショックの様子がよくわかる第一報告発記事。

破壊の判明から3ヶ月です。

白馬村役場には悠久の時が流れているのかな。遅いってな。


A【山城のもろさと儚さ】


素敵な帯曲輪である。

↓ 重機で壊してしまったら


ただの山。

では、この、ただの山に…

↓ 重機の通り道を作ってしまったら


初見なら曲輪に見えるぞよ。


かように、土のもこもこで出来た山城というものは、もろい。
だからこそ、当時の遺構が残っている現在の姿が貴重なのです。

そして「破壊された」と気づくには、元の姿を知らなければならない。
それ故、熊に脅え藪をかき分け、根性と努力と忍耐で登城し、縄張図をおこして記録する、そんな山城好きの強者の方々はその存在が重要なのだと、ものすごく思います。

破壊後に三日市場城を訪問した人の中には、それを知らずに「素晴らしい」と写真付きで紹介している方もいらしたの。

それが数えきれないほどの山城を見てきたスペシャリストさんだった衝撃。記事にアップする前に、せめて検索してくれたら上位にらんまるせんせ、や、ていぴす様の訴えがヒットしたろうに。

この方でさえ判らないなら、ていぴす様とらんまるせんせの叫びがなければもっと破壊されていたに違いないです。

ましてや三日市場城は白馬村指定文化財なのですよ。

ここが何故文化財に指定されるほど重要なのか、また、指定を受けたらどのような規制を受けるのか、土地の所有者に対し重々説明する義務と責任が指定者にはあります。

スペシャリストさんが白馬村教育委員会に問い合わせた回答においては、責任を土地の所有者さんに転嫁していました。いや、ちゃうやん。そもそもは、(繰り返す)。


文化財保護法の立法主旨は何か。歴史がただ好きなだけであろうとも、自身もよくよく学ばねばならないと思っております。



B【城郭というもの】



あなたのおうち、どーこだ?


1.建物だけです。


2.庭も含めて全てです。

建物だけです。なんて言われたら、ちゃぶ台返し!!しませんか?

お城も同じ。天守閣や郭だけがお城なのではなく、そこに残る堀・土塁・登城道など全てがお城。

「通常の一般人の方は『主郭(本丸)』=城跡の認識なので、周辺の遺構なんか関係無いんでしょうね。」

そんな認識、捨てなくちゃだわ。

例えば国宝彦根城。

ここは天守閣より石垣と縄張の巧みさが遥かに勝る名城なのです。


行列して狭い天守閣を見るよりも、石垣を隅々まで見る方に価値があるのです。

城跡は、決して本丸だけじゃないのだ。
だからたとえ郭(本丸)でなかろうと、遺構たる堀が重機で破壊されたことは、あかんのです。


C【知らぬということ】

徒然草第236段「丹波に出雲といふところあり」

普通ならお向かいに立つはずの狛犬。

丹波の出雲という神社ではそれがなんと背中合わせだった。

「聖海上人、その他も人数多誘ひて、」

と、ありがたがった。

しかしこれは「『その事に候ふ。さがなき童どもの仕りける、奇怪に候う事なり』 とてさし寄りて、据ゑ直して、往にければ、上人の感涙いたづらになりにけり。 」

子供のいたずらだったというオチ。

どれ程素晴らしい人でさえ、元の姿を知らなければ、今ある姿を見てありがたがってしまうというお話。


ただのアホーながら、こんな事態に、自身は陥ってはいまいか。
目の前の史跡というものは、本当にあるべき姿なのか。

自問自答するものの、いざ史跡を前にすると目の前に存在する物体に狂喜乱舞してしまうのです。

知らぬが仏ではなく、知らぬは罪なのかもしれません。


信濃の強者様に

投下。


いつも応援いただきありがとうございます。三日市場城の件は、ほんまに目も当てられん事件です。このスローペース、関西の自治体ではありえません。首がぶっ飛ぶ事態なのです。京都市内で建物を建てる時は、地面を掘ったら必ずなんか出るので、設計段階で杭打ち不可、ベタ基礎の前提で計画します。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ご声援感謝でございます

信州の片田舎の名もなき土の構築物の破壊を度々取り上げて頂きありがとうございます。

村指定史跡だったので何とか修復へ向けて行政と共に頑張れそうですが、これが個人所有の山だったら、どうする事も出来ません。現に最近も小諸市にある山城2箇所が土石採集され地上から消えました(涙)

幸いな事に三日市場城の件に関しては貴殿の記事掲載や小生とていぴす様が地道な発信を続けているので、城郭関係の専門家や中世城郭愛好者の皆さんにも認知され、他の城の保護活動にとってプラスに働いているようです。

長野県は文化財保護に関してはハッキリ言って後進国です。中世城郭に関しては野蛮人のレベルです(汗)。ですが、諦めずに一歩一歩進めたらそれそれで未来への大きな成果だと信じております。

三日市場城のその後はまたぼちぼちアップしますんでヨロシクお願いします(笑)

とんでもございませぬ

こんにちは、らんまるせんせ。
姫路城や彦根城のようにメジャーでないだけに、姿が変わってても気づかない山城。
少しだけでもお力になれればよいのですが…微力でございます。
お仕事の傍ら白馬村教育委員会さんに協力されるお姿には、きっと後光が差していることでしょう。ぴかー。

ありがとうございます

つねまる様へ
三日市場城の件を紹介していただきありがとうございます。
このように重要な遺跡を簡単に破壊を許してしまう長野県のレベルの低さにため息が出る思いです。
つねまる様のような意識をみんなが持っていればこのようなことが起らないのでしょうね。長野県民の意識改革が必要なようです。
今回はどうもありがとうございました。
また、これからもお互い頑張りましょう。

ていぴす様

こんばんは。ご丁寧なお言葉、いたみいります。
ていぴす様の発掘調査の記事、とても楽しいです。現場のマナーも教えていただいて、目から鱗でした。

本日、らんまるせんせの記事を拝見して、ていぴす様の苦悩を拝察し、何とか出来んもんかと考えますが・・・。こうして、わーわー言うしか出来なくて申し訳無いです。応援してます。元気玉が届くといいのですが。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼