FC2ブログ

黒田神社。配祀神黒田大連は官兵衛先祖。黒田古墳もあるってさ。

こんにちは。

あちーですね。今朝は6時に起きたとき、既に31度。
シャーシャーシャー!って蝉の声で起こされました。

さて、木之本町黒田です。

木之本から余呉湖に向かう365号線の途中で軍師官兵衛のノボリがはたはたしてたので、Uターンしたら、こんなおいしい神社を発見。


ほほう。黒田神社とな。


あー?足りないのは、足の長さじゃなくて、身長なの。間違えないで。


1940年(昭和15年)に神武天皇即位紀元(皇紀)2600年を祝った記念行事の流れで造ったのかな。


そりゃもちろん、ちび鳥居は這いつくばって行くしかなかろ?


遠近感がおかしくなってます。


ご心配なく。大丈夫でございます。


子供が張り付いてるのかと思ったんですが、見つからなかった。
不思議、発見。


拝殿でしょうねえ。


【黒田神社】由緒

主祭神 大己貴命(おおむなちのみこと)☆大黒様です。詳細は略。
配祀神 黒田大連


〈境内案内石板より〉

「当社は欽明天皇の540年の創始と伝えられる。

和銅年間(710年)黒田大連、この地に繁栄し、郷名を黒田郷と称し、その一族の奉祀に係り、森崎黒田大明神とあがめ、 黒田五郷の総社で延喜の制定されるや国幣の小社に列せられた名社である。」


石板によれば、祭神の黒田大連とは、和銅年間に当地を開拓した神。

当社の背後にある森崎山には、黒田古墳(円墳6基)があります。
古代に繁栄していた一族の祖神を祀ったものだとか。つまり、黒田さんち。古いなー。


式内社・黒田神社に比定されている神社です。


〈境内案内石板より〉

「当社は住昔しばしば兵火に羅り

1・承久の乱(1221年) 社殿焼失


2・元亀の頃(1560年)兵乱のため焼失

3・天正11年(1576年)賊ケ岳の戦火で余燼は神殿・社宝をも鳥有に帰した。



以降は再建の事ならず、隣郷の 大澤神社に合祀奉斎されてきたが、明治9年、氏子の永年の念願稔り元の社地に再建遷座された」



さて、ご本殿にお参りしましょ。


すみません。


だってこんな道端にいきなり「黒田官兵衛!」のノボリがあったら、びっくりするでしょ。説明書もじっくり見るでしょ。


ちび狛犬さんだけ、あいさつしてくれました。


かわいい狛犬。耳がたまりません。


はいはい、こんにちは。


お耳まで垂らしていじけんでも・・・。



〈境内案内石板より〉
「かつて近江源氏と称した佐々木源三秀義公の後胤、黒田左衛門尉大夫伴官源宗清公、当地を領し、姓を地名よりとつて黒田氏と称し七世に及ぶ間、当神社を氏神として崇敬篤く献進が寄せられた」


☆昨日のおさらい☆
「筑前・福岡52万石・黒田藩の祖先は、佐々木源氏(近江源氏)の流れをくむ黒田判官・源宗清(別名・宗満)であり、近江国伊香郡黒田村に住み、湖北の荘園の領主として、黒田判官と称した。」


「黒田判官・宗清(1278ー1357)より数えて6代目・高政の時代、1511年の山城船岡山の戦いの後、備前邑久郡福岡村に移り住むまでの約200年間、黒田氏は黒田村に居を構えていた。」


記事はこちら→→→
黒田氏発祥地?黒田観音寺。行基と最澄と鶏足寺と戸岩寺と。



ふむ。お宝、満載だったのねー。

なのに、ファイヤー!の連続。お気の毒な神社さんです。


こんな謎のものもあります。



例大祭 4月17日
特殊祭儀おこない 2月17日、6組の塔主によって厳修。
☆オコナイについては、高月観音の里資料館が詳しいです。


だよぉー!


いつも応援いただきありがとうございます。
ここは通りすがりに発見。いえーい。現地に行かなくちゃわからんことっていっぱいですね。蜂とかカナブンとか蜘蛛の巣に耐えつつ、でへへ顔で 探検 お参りしました。たーのしーいなー。例え諸説あろうとも現地では見事に起承転結してるものです。

歴史ろまーんを廻る旅は「とにかく現場に行け」ですぜ、旦那。


お気に召していただけましたら、それぞれぽちゃぽちゃぽちゃ、とお願いします。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ありがとうございます。ちゅ。って、ちび狛犬が。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ちび鳥居はなにか意味があってつくられたのかな?
手を清めるところの龍が異形の姿なのは何か意味があるのかな?
そう思いながらみてたのに狛犬ファミリーに全ての意識を持ってかれました(笑)
おとうさん、その背中、哀愁漂いすぎです。せつない(笑)

MIKO様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

ちびっこ鳥居、謎です。きっと、とてもとても深い事情が・・・というより、これはきっとお茶目に選んだとしか思えないです。

狛犬さんに子犬がいると、ついこうなってしまいます。えへ。
絶妙にしょげた狛犬父、頭を撫でたくなります。

関東の方の写真を拝見すると、子犬がいる狛犬さんの相手は玉を転がしてるようなんですが、わたし、まだ見かけたことがなくて。

ころころして遊んで、にゃんこかー!?って、言いたいんですけど・・・。

No title

珠ころころは狛犬氏だけではなくわんこものに多く見ますが、これも関東だけなのかしら?
見る度に勝手に脳内で里見八犬伝と変換されてますw

さかした様

こんばんは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

たまころころ。そういえば、わんこも、ボール好きですよね。
飼っていたわんわんも、必死になってましたわ、そういえば。

関東って、ほんとに未知の世界でして。土地も狛犬さんも。

里見八犬伝(八剣伝って変換されました…懐かしいなー)、読みはじめては挫折、再開しては挫折。珠が飛び散った理由、いつもゼロからやり直し。

里見といえば、浩太朗様でございましょーって・・・ダメかしら。

里見浩太朗様の水戸黄門が強すぎて、助と格がヘタレに見えるとこが面白かったのに。やっぱ彼は助さんがいいな。長七郎も好きです。

年末時代劇(今検索したら、これ、日テレの年末時代劇でした。テレビ東京の年始の時代劇と思ってた)で、西郷隆盛したときに、役作りのために太ったのが死ぬほどショックでした。

里見浩太朗様や、高橋ひでっきー、北大路欣也お父さん、は、謡も舞もすんばらすぃーです。官兵衛の岡田さん(関西ローカル『ひらパー兄さんでおまっ!』のCM。只今、彼が股裂き技をしてる映像が流れてます)にはこちらの路線を希望。


・・・って。伝わってますか?

No title

伝わってますw
大丈夫です、さかした時代劇ファンですから。
銀幕のスターさんだった俳優さんは芸の幅が広くて所作が美しくて大好きです。だから浩太朗さまも大好きです。
一番好きなのは市川雷蔵さまなんですが…。

浩太朗さまのせごどんは田原坂ですね。アレはちいとびっくりいたしました…。
浩太朗さまのイメージとはかけ離れているような気が。
まあ吉川晃司くんのせごどんもアレでしたが(吉川くんは好きです)。
歴史上の人物を演じるって難しいですね。
沖田総司は島田順司さんが鉄板で次点にしょこたんのお父上・中川勝彦くんなんですけどねぇ、私の中では。

さかした様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

>一番好きなのは市川雷蔵さまなんですが…。

きゃー!きゃー!

>沖田総司は島田順司さんが鉄板で次点にしょこたんのお父上・中川勝彦くんなんですけどねぇ、私の中では。

きゃおおおー!好きよー、さかした様が好きよー!


私の一番の楽しみは、週に1度神戸ローカルで放映されるこの方々の映画です。いろんな媒体で自由に視聴できる昨今ですが、週に1度のこれを待ちわびるアナログさが、わくわくですのー。

始まる前に風呂に入っとけよー!とか、モンドコロが出るまでに食器洗わなくちゃー!とか、始まったよー!とーちゃーん!おーい!って、ビデオない頃は、家族皆が大騒動でしたよねー。

あ、あとですね。最近(?)のものでは、鬼平の中村吉右衛門様と脇役の歌舞伎役者さんの面々が好きです。
歌舞伎で鍛えた足腰尻が、着流しの裾が乱れるくらい走ったり斬ったりするときに、ちらっと見えるあの景色。ぶはー。

さりげない所作が舞台のお稽古で身に付いているのだなーって、惚れちゃいますのだ。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼