FC2ブログ

脇坂さんちの龍野城

赤松氏のいなくなった後は、戦国末期から江戸期にかけてコロコロと藩主が交代し、一時幕府の直轄領となり代官が支配。

1672年、脇坂安政、ふろむ信州の飯田、が、藩主になります。

安政君が入った時は城・侍屋敷は壊され「城郭の地ことごとく田畑となるありさま」。

商家に仮住まいしながら町を再建。

でも外様なのですごーく遠慮して、麓にあったボロボロの御殿式の城を修復して使用。(赤松さん時代も、毎日の登山は辛いので、麓に居館がありました。その辺り。)

以降、脇坂さんは廃藩置県まで10代続きます。

そんな脇坂さんちの龍野城。
ずーっと大事に使ってたのに、明治に壊されて競売にかけられました。これは、昭和50年代再建。










いかがでしょう?


ほっこりする梅園。なんか、すごく好きになった。

ここはね、梅の木が少ししかないから、1本ずつ可愛がれるのよ、っとお話ししてくれた職員さん。庭師、設備、掃除(館はホウキと雑巾のみ)、全部一人でされてるんですと。

話し込むこと30分。

脇坂のお殿様、現在も続いているそうで。
ただ、今は都会にお住まい。ちょっと寂しいって。


さて。脇坂さんといえば、輪抜き紋。


知恵の輪。

庭石にも、輪(右側)。これは江戸上屋敷の庭石。



飯田から来た安政君は、譜代の老中、堀田氏から脇坂家に入りました。
後に、実の弟が老中のとき、外様から「願譜代」と格上げしてもらいます。後に、正式な譜代大名になります。

脇坂さん・・・はっきり解らなくても、どこかで聞いたことある名前?


①脇坂氏初代、安治


JR木之本駅で働く官兵衛と七本槍ズ。

ここの、


真ん中のミドリの人。


②四代、安照
忠臣蔵で、赤穂城請取りの正使。お隣さんのよしみ?

③十代、安宅(やすおり)
桜田門外の変当時の老中。

代々有能な人が続いたので「五万石でも脇坂様は花のお江戸で知恵頭」なんて言われたり。


え?


「五万石でも岡崎様は城の下まで船が着く」でしょ?ぶうぶう。



そんな龍野といえば、この隅櫓に桜満開写真が有名かと。




ブログランキングというものに参加してみました。
ポチ、して下さったら知恵の輪をひねくりまわします

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
にほんブログ村
ありがとうございます。



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼