異常巻きアンモナイトは淡路島で。ぐるんぐるんです。

こんにちは。
あちーですねぇ。皆様、お元気ですか?
大阪は、最低気温が下がらないので、暑さが身に染みます。

さて、淡路島。慶野松原から海沿いに南下して。ちょっとローカル色豊かな道を走ります。普通車なら大丈夫。

淡路島の北端から鳴門海峡大橋に行くには、西海岸線コースが交通量も少なくて、早いです。(高速除外)


「緑の道しるべ 阿那賀公園」で、休憩しましょ。


こらー。


鳴門海峡大橋を遠くに見ることができます。
東屋もあるので、お茶タイムの絶好の場所。

景色はいいし、人は少ないしー

こげなもの?これは、知る人ぞ知る、アンモナイトですよ。


淡路島南部の南あわじ市周辺には、和泉層群という中生代後期の白亜紀(1億3500万年~6500万年前)の最後期に当たる地層が分布。



和泉層群は中央構造線の北側に沿って、西は愛媛県松山市から東は大阪府和泉市、岸和田市まで約300キロメートルにも及ぶ地層群です。

この地層にはアンモナイトやウニの化石や生物の生痕化石(サンドパイプなど)が多く産出することで有名で、昔から多くの研究がされています。


淡路島では、特に世界中にここにしか存在しない珍しいアンモナイトも見つかっています。


【アンモナイト】

標準的な姿はこれですね。
殻は、同一平面に螺旋に巻いた渦巻状。断面にすると殻の中は、隔壁により区切られて個室になってます。これを、気房といい、空気を入れて浮きの役目をしたと考えられています。

かたつむりと違うんですねぇー。


体は軟体のため化石に残りにくく、未だ研究中です。


中生代も後期の白亜紀に入ると、「異常巻き」と呼ばれる奇妙な形の種が数多く見られるようになってきます。


これが、淡路島で数多く採集されるアンモナイトの「異常巻き」。
カタツムリの巻き巻きが立体的になり、さらに最後の巻きが、S字形になってます。


ここで採集できるのが、ディディモセラス・アワジエンゼ。

ディディモセラス・アワジエンゼと、プラビトセラス・プラビエンゼが、淡路島異常巻きアンモナイトの二大巨頭。

この異常巻きアンモナイトの化石を求めて化石採集の方々が多く訪れるここ。知る人ぞ知る場所なのです。

通称「ディディモ海岸」♪♪



聞くな。

このマニアックな異常巻きアンモナイトを、公園のモニュメントにしたお役場の人はすごいなー。

アンモナイトの画像はこちら。ディディモセラス・アワジエンゼが、ここらで採集された異常巻きアンモナイトです→→→→→
国立科学博物館「川下コレクションの世界」


でしょうねー。


道路工事の際には多数出土しましたが、現在では採集し尽くされ、また護岸工事などで露頭が少なくなり採集はかなり困難になってきています。


だね。



☆大体の場所なので、緯度経度は事前に地図でご確認くださいませ。


参考文献
阿那賀公園現地看板
国立科学博物館HP「川下コレクションの世界」


いつも応援いただきありがとうございます。異常巻きアンモナイトの実物は、淡路島でなら、洲本市立淡路文化資料館で見ることができます。面白いですよー。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

異端児の定義

いつの時代にも、どの生物にもいわゆる「異端児」と呼ばれる方がいたんですね。

「オレはまともなんじゃい!」

「はいはい、皆さん、そうおっしゃいますw」

異端児が正統派になるには紆余曲折があり、天下を取ると「平家にあらずんば人にあらず」

アンモニアアンモナイトの世界も「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり・・」
海底で琵琶アンモナイト法師(って芸名かい!)が哀愁たっぷりに世捨て人の悲しさを身に纏い奏でているのでしょうか・・・(笑)

らんまるせんせ

こんばんは、らんまるせんせ。

>いつの時代にも、どの生物にもいわゆる「異端児」と呼ばれる方がいたんですね。

数千万年後に「異端児」の方は博物館に、ノーマルさんは土産物に。
ぐるぐる…あ、巻き損なった(・・;)感じの異端児君はとてもかわいい奴です。わんこの散歩で我が子が…(自主規制)


>異端児が正統派になるには紆余曲折があり、天下を取ると「平家にあらずんば人にあらず」

アンモニアアンモナイトの世界も「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり・・」
>海底で琵琶アンモナイト法師(って芸名かい!)が哀愁たっぷりに世捨て人の悲しさを身に纏い奏でているのでしょうか・・・(笑)


以心伝心でございますねぇー(*^▽^*)

壮大なせんせのご感想に、のっかる私です。
アンモナイト法師の語る琵琶の名手の弟君の物語をお絵描きしておりました。おほほほ。

せんせのお言葉遣いにほれぼれです。前のコメントの「ビックラこいた」に友人も悶絶しております。
いつもありがとうございます(≧▽≦)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメ様

こんばんは。

よもやのこの記事。びっくりしました。
でも喜んでいただけて何よりです。

貴記事ではうんぴー祭になっていたのですねー。うふふふ。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼