スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

軍師官兵衛。今日の能は「屋島」キリ。勝修羅物です。

こんばんは。

今夜の「軍師官兵衛」第27話「高松城水攻め」
能楽師ご一行様は、信長様に「下手くそ」と言われました。くすん。
「幸若を呼べ!」っと言ったのは、本能寺で「敦盛」を舞うための前フリなんですね、信長様。ぷう。


今日の「軍師官兵衛」の信長様芸術鑑賞会は、能楽「屋島」。
200以上ある曲の中で、たった3曲しかない「勝修羅」の能です。

能には「修羅物」という分類がありまして。

武将が現れて「修羅道に堕ちて苦しいよぉーっ。僕の最期はこんなんだったのよぉー」とか「俺、こんな風に戦ってん。えへん。」と、その様子を舞い語ります。

能楽は平家物語の曲が多く、平家の武将達が主役になっているので、負けた側のお話ばかりになります。

「負修羅」。扇はこれ。


「勝修羅」の扇はこれ。


「勝」は、この3番。シテ(主役)の名前を見れば勝者ばかりですねぇ。

「屋島」シテ…源義経
「箙(えびら)」シテ…梶原源太景季
「田村」シテ…坂上田村磨呂


で、「屋島」
題の通り、義経目線での屋島での源平合戦。

義経の勇士ぶり、景清と三保谷の錣引、佐藤継信が義経をかばって能登守教経の矢先に倒れた最期などを、漁翁(実は義経の霊)が語る前半。

後半は、甲冑姿の義経の霊が現れ「弓流し」の様を再現し、修羅道での責苦の戦い、また教経相手の激戦の様子を語り、夜明けとともに消え失せます。


教経相手の激戦の様子を表現するのが、キリ、という最後の場面。
本日の信長様の芸術鑑賞会は、ここ。


「今日の修羅の敵は誰そ。なに能登守教経とや。
 あら物々しや手並みは知りぬ。思ひぞ出づる壇之浦の。」

「その船戦今ははや。閻浮(えんぶ)に帰る生死の。海山一同に。震動して。船よりは閧(とき)の声。」

(ドラマでは、なぜか「船戦」の「いくさー」から始まり…途中飛ばして、「波のたてー」)

「陸(くが)には波の楯」



「月に白むは」「剣(つるぎ)の光」「潮(うしお)に映るは」「兜の星の影」
「水や空空行くもまた雲の波の。打ち合い刺し違ふる。船戦の駆引。浮き沈むとせし程に。」





「春の夜の波より明けて。敵と見えしは群れいる鴎(かもめ)。閧の声と聞こえしは。浦風なりけり高松の浦風なりけり。高松の朝嵐とぞなりにける。」

おしまい。


いつも応援ありがとうございます。
今回の大河は能楽の場面が多くて楽しいです。屋島、後半は楽しいのですが、前半は…ぐーすかぴーです。すみません。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 古典芸能へ




ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

こんばんは。コメントありがとうございます。
戦国時代の馬は、想像よりずっと小さかったみたいですね。TVなどで「騎馬軍団」なんか出てくると、そのイメージが強いのですが。。
ちょくちょく貴ブログにおじゃまして楽しませてもらっています。
今後ともよろしくお願いします。

期待通りの名解説ですね

信長さんが死んじゃったらきっと能の御一行様の出演機会も絶えてしまうと思いつつ、昨日の場面はきっと我らが「つねまる様」が解説してくれるだろうと密かに期待しておりましたら、以心伝心でした(笑)

それにしても分かり易い説明なので助かります。日々精進した方のみが語れる能とは、そういう世界なのですね。

信長さんも、せっかく登場した蘭丸も来週でサヨナラなので、能はもうおしまいなんでしょうかねえ。
ドラマとは別に引き続き色々と教えて下さると嬉しいのですが・・。

korekarada様

こんばんは。ご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

貴記事のお馬さんに乗って皆でぽっこぽっこと移動する姿…(*^▽^*)

知らない土地の知らない歴史、とても楽しいです。今後ともよろしくお願い申し上げます。

らんまるせんせ

こんばんはー。いつもありがとうございます♪

昨日は別の記事を書き終えて、さー、アップしよっかなっと思っていたら、信長様が芸術鑑賞会…(T_T) しかも、好きな「屋島」。

修羅物の、勝利者が主役の曲は3つしかないのーとは、機会があれば早めに書きたかったのでちょうど良かったです。が。見終わってからあたふたあたふた。

謡は暗記してるんですが、漢字がわからなかったり、烏帽子はどっちに折れてるんだっけー?とか、ごちゃごちゃ。

あ、源氏は左折れで、平家は右折れです。

落書きの背景の左隅っこにうっすら見えるのは、鳴門海峡大橋でーす。一応、四国を背景にしてみました。えへへ。

お猿も能楽三昧してたので、出てくるといいなあ。

蘭丸君が出てくるたびに、らんまるせんせー!山、登ってますかー?っとか、楽しいのになあ。実は蘭丸、生き延びた!とか、ないかなあ。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。