スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

向日神社を拡大したら明治神宮。室町時代の社殿です。

こんにちは。今日は向日神社をご紹介します。

平安京前に都であった長岡京。
その中心である「長岡宮」は実は長岡京市ではなく、向日市に存在。

山城国乙訓(おとくに)郡に属していた向日市は、全国に数百ある市のなかで3番目に小さいのですが、そりゃもう、古墳や史跡ざっくざくぅーの素敵なところ。

西国街道が通り、竹林の美しい散歩道(たけのこの産地なの)も整備されています。
日蓮宗が京都で最初に布教されたのも向日市。


さてその向日市の向日山にある、向日神社。


一ノ鳥居をくぐるとそこは、こんな森のお出迎え。

春は桜、秋は紅葉のトンネルになります。


下馬しなくちゃいかんような雰囲気ですが、御言葉に甘えて。

商店街に面した通りに立つ一ノ鳥居を曲がってすぐ、この景色。
向日山にある神社のこの参道。端が見えない長さです。


正面に見えてくるのは…

向日神社の舞楽殿。


向日神社=「山城国乙訓郡向神社」(上ノ社)+「火雷神社(ほのいかづちじんじゃ)」(下ノ社)


手水舎の鳩ぽっぽ。


【向神社】(上ノ社)
延喜式神名帳に「山城国乙訓郡向神社」と記載された式内社。

祭神
向日神(むかひのかみ)。五穀豊穣の神。
大歳神(おおとしのかみ)の子、御歳神(みとしのかみ)の別名。

由緒
御歳神がこの峰に登った時これを向日山と称す。
この地に永く鎮座して、稲作を奨励したことから始まる。
向日山に鎮座したことから御歳神を向日神と称した。




【火雷神社(ほのいかづちじんじゃ)】(下ノ社)
延喜式神名帳に「乙訓坐火雷神社(おとくににますほのいかづち)」と記載された式内社。
☆但し名神大社論社で、もうひとつの論社は長岡京市の角宮神社。

祭神
火雷大神(ほのいかづちのおおかみ)。祈雨、鎮火の神。

718年の新殿遷座の際、火雷大神の御妃神・玉依姫命と、創立の因縁により神武天皇を併祭。

由緒
神武天皇が大和国橿原より山城国に遷り住んだ時、神々の土地の故事により、向日山麓に社を建てて火雷大神を祭ったのが創立。


1275年社殿荒廃により、上ノ社に併祭。向日神社として今日に至る。


従って、向日神社のご祭神は、向日神・火雷大神・玉依姫命・神武天皇。

そして、本殿。

1418年から4年をかけて建造。

三間社流造という室町時代の神社建築の代表例として、国の重要文化財に指定されています。



こうした古建築の本殿であることから、東京にある明治神宮の本殿のモデルになりました。

「明治神宮の本殿」=「向日神社の本殿」×1.5 です。

初詣の時に明治神宮を見たら、あー、これのひな型は向日神社なんだわ♪っと思い出してくださいませ。



向日神社…京都府向日市向日町北山65

すみません。地名の入れかたがわかりませぬ。緯度経度て…(・・;)


いつも応援いただきありがとうございます。こんもりしたお山に向日神社があります。次回は誇り高き向日神社の巻をお送りします。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

拍手のつもりでクリックしたら

7か月でこのカラダ、が出てきてビビった(爆

御無沙汰しててすいません。
少し歴史記事から離れてボーーっとしてました。

信長のシェフが楽しみなミーハーです^^
今日は取り急ぎ、アレコレぽちぽち~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

向日神社は立派ですね!
ドラマの上ですが、信長に「下手くそ」といわれることを承知で出演された能楽師さんの気持ちは如何でしょう?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。
歴史から離れて、ぼーっとしてるのも、いいじゃないですかー。
ってか、時乃★栞様、離れてるっていっても、古文書からだけだったり?
信長のシェフ、前のも楽しく見てましたー。ミーハー、つぅーです。

ぽちぽち、いつもありがとうございます。

chorusan様

こんばんは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。
昨夜の屋島を見てすぐに、うおー!chorusan様ぁー!ご覧になってますかー!?っと鼻の穴を全開にしてしまいました。

屋島のお稽古、いかがですか?

「下手くそ」と言われても、「えへへー」っと笑う度量がありそうなのですが、いかがでしょう。
おシテが退場するとき、きれいな膝立替、してましたよね。ちょっと笑ってしまいました。マニアックでしょか…f(^_^;
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。