FC2ブログ

夏越の祓を和菓子で味わう。もちもち水無月。

こんにちは。

夏越の祓に行ってきたら、和菓子の「水無月」を食べます。


白いういろうに、小豆のせ。三角に切ってあります。

小豆は、魔よけの力をもち邪気を払うもの。
三角に切るのは、魔よけ、疫病よけのためと、氷を表現。

白いういろうも、氷を表しています。

なぜこの季節に氷?


旧暦6月1日は「氷の節句」または「氷の朔日」。
「氷室」の氷を口にして暑気を払う御所の年中行事。

冬の氷を京都の北山の氷室に保管し宮中に献上する習わしは『延喜式』に残っており、また、この氷室の氷の溶け具合でその年の豊凶を占っていました。

当時は氷室の氷を口にすると夏痩せしないと信じられ、臣下にも氷片が振舞われたようです。

しかし、庶民には氷なんて高嶺の花。そこで、「なんちゃって氷」として白いういろうを用いたのです。

色と、形と…ほぉら、氷に見える見える見える・・・。


おすましさんに見える京都の方ですが、妙に親近感をもつお話。

水無月は、6月の和菓子です。
お店によって大きさも味わいも微妙に違っていて、食べ比べるのが楽しいです。四季の中で一番素朴で好きな和菓子です。


それは、ういろうだから、かしらー?

ういろうといえば、私の出身地、名古屋。別に毎日食べてたわけではないのですが、好きです。

「白黒抹茶、あずきコーヒー柚子さくら。一口ういろぉー四季づくしぃー♪」は、名古屋市民の魂の歌。

名古屋のあんみつには、ういろぉが入っていますが、なにか?


いつも応援いただきありがとうございます。大阪でも夕方には売り切れてしまうので、予約しました。今夜のご飯は水無月と蒸し野菜(レンジでチン♪)と、焼酎緑茶割り。お饅頭でビールも日本酒も飲めます。夏太りするわたくしです。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぼっち、ありがとうございます。



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

徳平先生

おはようございます。
水無月は見た目ほどには甘くなくて、あっさりしてます。小豆の味を楽しめますよー。
腹持ちがいいので、朝御飯にも…(・・;)

メタボちゃんは、袴が似合ってよいぞよいぞ、です。

No title

水無月祓は続百番集の方ですね。 最初、なんだろう? でしたが、ネットで調べました"^_^"  下賀茂神社は学生時代よくいきました。 連理の枝の方は知っていました。

No title

こんばんは~♪
美味しそうですね(*^^)
またまた狛犬さん、相当こだわりがあるようですねσ(゚ー^*)

青柳〜

こんばんは。
白黒抹茶♪なつかしー。
私もういろう大好きなんですよ。
岡崎の時はスーパーで売っていたので普段からういろうをかじってました。
青柳だとカエル饅頭ときしめんパイも息子のお気に入りです。
水無月ってそういういわれのある御菓子なのですね。
昨日からこちらのブログでとてもお勉強させて頂いています。
明日早速探してきます。
あと、秦野の出雲大社が7/6も大祓やっているみたいなので行こうかと思います!

chorusan様

こんばんは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

続百番集ですが、季節の謡として面白いです。謡うのを忘れて読み込んでしまいました。
初見の際は、水無月祓ってなんじゃそら?でしたが、輪くぐりのお祭りと判れば話は楽しくなりました。

季節に応じた曲は、とても勉強になりまする。謡えるのと面白いのは別のお話で。えへ。音痴です。

まり姫様

こんばんは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

美味しそうでしょー。ういろうと小豆好きにはたまりません。
でも私には五平餅が食べたい一等賞です。暑苦しくてもいい!焼きたてが食べたい!きゅーん。

今日は暑かったですねぇ。まり姫様、ご自愛くださいまし。

まる様

こんばんは。ご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。


>青柳だとカエル饅頭ときしめんパイも息子のお気に入りです。

にゃー!!カエル饅頭、きしめんパーイ!
好きですとも!どっちも、そりゃあもう。青柳、っと、すーっと出して下さるまる様に、感謝です。ううう(T_T)

最近はういろうも、夏限定!とか、いろいろあるみたいですね。
でも、私は、白、さくらが好きです。もっきゅもっきゅ、したい。


>水無月ってそういういわれのある御菓子なのですね。

青柳ういろうの白を三角に切ってゆであずきのせたら、水無月・・・ないしょ。


>昨日からこちらのブログでとてもお勉強させて頂いています。

あははー。ははは…は、は、は、恥ずかしいっ。
モットーは、酒のつまみになれば幸い、ですのでお気楽に。

>あと、秦野の出雲大社が7/6も大祓やっているみたいなので行こうかと思います!

あ、ぜひ!気は心、きっと今がまる様にとって一番御利益(りえきじゃないです。あせるわー。この漢字、いまいち)のある時かもしれません!

茅の輪を引っこ抜いてよし、もしくは、ミニミニ茅の輪をくださるとこもありますので、玄関に飾って魔除けに。

残り半年もまる様にとってよき日々となりますように。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼