FC2ブログ

名神大社・気比神宮。仰天の狛犬。わんわん。

こんにちは。




【祭神】
主祭神・伊奢沙別命(いざさわけのみこと)
筍飯大神(けひのおおかみ)・御食津大神(みけつおおかみ)とも称す。天筒山に現れ、境内の聖地・土公に降臨。

食物を司り、また古くより海上交通、農漁業始め衣食住の生活全般を護り給う神として崇められてきました。

702年、文武天皇詔により、社殿を修営。下記六柱が加えられます。

「本宮」
仲哀天皇・神功皇后を合祀  
  
「四社乃宮」
応神天皇(総社宮)・日本武尊(東殿宮)・玉姫命(平殿宮)・武内宿禰命(西殿宮)

延喜式神名帳に「越前國敦賀郡気比神社七座並名神大社」と記載あり。


1336年、南北朝争乱。気比神宮大宮司氏治は後醍醐天皇を奉じて金ヶ崎城を築城。



足利軍を迎え撃つが、敗北。一門は討死し、社領減封。


1570年、信長の朝倉攻め。大宮司憲直等一族は越前国主朝倉氏側に。
神兵社僧を発して信長軍に立ち向かい、天筒山城に立て籠り抗戦。



敗北。社領没収、社殿焼失、一族郎党離散。

1614年、福井藩主結城秀康により、社殿造営、社家復興、社領寄進。
以降、明治まで続き本殿は国宝に指定されます。



しかし、空襲により社殿では大鳥居だけが焼け残りました。

では、今の境内、お散歩しましょ。


灯台みたいで、かわいい。



本宮と関係の深い神々。伊佐々別・天利劔・天伊弉奈姫・天伊弉奈彦・擬領・劔・金・林・鏡の9社。



祭神:豊受大神(外宮)、天照皇大神(内宮)


そして、大鳥居へ戻りまして。



猿田彦神社に立ち寄ります。



天孫降臨の際に邇邇芸尊を、天の八衢(やちまた)に立って高天原から葦原中国までを照らし道案内した神、猿田彦。

ここでも、気比大神の道案内として鎮座しています。(鎮座は1775年)
「サル」の音から、庚申さんと結びつけられることが多いです。



さあて。おーい、遊ぼー!



ごきげんさんです。


しかし、お背中、シュールです。


ふむ!


後ろから、きゅっ、としたいけど、シュールです。














耳なし芳一…いや、耳なし狛一。お経じゃないけど、なんか怖い。


しっぽーーー!!



仲良きことは美しき哉。


気比神宮の猿田彦神社は、楽しいところ。うふふふ。


いつも応援いただきありがとうございます。気比神宮はまだまだ他にも楽しい仲間がいるんですよー。でも、今回はこれにておひらき。またの機会をお楽しみに…f(^_^;
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぼっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

猿田彦命と言えば!

つねまる様

本日2回目のコメントです。(このコメントへのご返信は無用ですからね^^)
猿田彦命と言えば、私の故郷である加西市で毎年行われる「北条節句祭り」において、龍王舞と言われる神事がございます。
この舞では、猿田彦命が表現されており、兵庫県重要無形民族文化財にも指定されています。
ご参考までに、舞の紹介とYOUTUBE動画のリンクを貼りますので、御手隙の折に一度ご覧くださいね。
http://prosv8.tok2.com/~harima/hojyo/m-ryuu.htm

http://youtu.be/6ip24cmIP4o

また

随分とスマートな狛犬氏ですねぇ。
おもしろいw

No title

こんばんわ~

本当に飛鳥時代の狛犬さんみたい!

それに、栄養も偏っている気がします^^

少しは動き回って、ガッツリ食べたがいいかも知れませんネ。

徳平先生

さるたひこぉー!!

失礼。お返事無用とのことでしたが、黙っておれませぬ。

動画を見る前に、ちょっと調べたら。
猿田彦の被る帽子は、鳥兜なんですねー。楽人を現す装束ですねー!
鳥兜、本当にヒヨコのピヨピヨの姿をしてるから、大好きなんです。
ピヨピヨを頭にのせたら、はい、鳥兜…みたいな。

徳平様のお祭情報はツボります。ありがとうございました。

さかした様

こんばんは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

しゅんなり、っとしてて、きれいな姿ですよねー。
でも、こう、きゅーっと撫でたくなる微妙な肉付きがたまりませんの。

うふふ。

piglet01様

こんばんは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

こまこまくん達の栄養のご心配まで賜り御礼申し上げます(*^▽^*)

教科書で見た飛鳥時代の髪型と、弥勒菩薩像のような柔らかな曲線を描くこの狛犬さん。

がっつり食べて、どすこい系になったら、泣きます( ノД`)…
この微妙なお肉具合、きっとインストラクターがついてるかと。

No title

前回に続いて今回の狛犬も素晴らしいですね。
越前狛犬いいなぁ。
ぜひいつか行こう!
ご紹介ありがとうございました。

たっつん様

おはようございます。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

とても衝撃的な狛犬さんでした。越前狛犬さんという犬種(?)がいるのですね。面白いなあ。

たっつん様がお越しになったら、しっぽ振ってお出迎えしそうです。

No title

こんばんは~♪
私も神社は好きですが、狛犬さんまでじっくり観察をしたことがなかったですねー。
こうしてみると面白いですね(笑)

まり姫様

こんばんは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

神社は、ぽけーっとしに行くところだったんですが、こんなわんこいましたー!ってご報告してるうちに、はまりました。

理想は栂尾の高山寺の狗児くんです。狛犬じゃないけど、国宝の仏像よりも、私の中の一番ぶらぼーな彫刻。

高山寺ホムペ(お宝コーナー)→→→http://www.kosanji.com/sm/national_treasure/

通い詰めて、ついに、レプリカ、買ってしまった馬鹿です。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼