「軍師官兵衛」の信長鑑賞の能楽は「葵上」。曲趣紹介です。


大河の「軍師官兵衛」。第24話「帰ってきた軍師」。
有岡城で信長様が濃姫を横に戦勝祝いの宴を催していた場面。

あれは能楽「葵上」でした。
今日は「葵上」と、能楽における女の鬼についてご紹介します。


能楽「葵上」のシテは、六条御息所の生霊。

大河の能楽の場面は、この構図。(お囃子・地謡は省略)



正先に置かれた着物で病に伏せる葵上を表しています。

お話の内容としては、源氏物語をほぼ踏襲しています。


物ノ怪により病に伏せる葵上の枕元に、朱雀院に仕える臣下(ワキツレ)が亡霊を呼び寄せる呪術をつかう照日ノ巫女(ツレ)と参り、巫女が物ノ怪の正体を占う祈祷を始めます。

「天清浄地清浄。内外清浄六根清浄」

梓弓を打ち鳴らすと

「三つの車に法(のり)の道。火宅の門をや出でぬらん。夕顔の宿の破れ車。遣る方なきこそ悲しけれ」と、六条の御息所の生霊が破れ車(やれぐるま)にのって現れます。

光源氏の愛を失った悲しみと恨みを葵上の枕元で嘆きます。



六条の御息所ほどの方がなんてこと。思い止まり下さいな、と言われても、御息所の感情は次第に高ぶっていきます。



「瞋意の炎は身を焦がす。思い知らずや。思い知れ」(枕乃段)

夢の中でさえ戻らないのが私の光源氏との契り。それでもなお思いは増すばかり。そんな自分の姿は…。


扇で顔を隠します。

恥ずかしい、という理性はある点が悲しいところ。しかし、御息所は「枕に立てる破れ車。うち乗せ隠れ行こうよ」と、葵上を幽界へ連れ去るわよ、という声を残して姿を消します。(中入)

臣下は急ぎ、比叡山横川の小聖という行者を呼び寄せ、怨霊退散の祈祷を始めます。

「行者は加持に参らんと。役の行者の跡を継ぎ。胎金両部の峯を分け。七宝の露を払いし篠懸(すずかけ)に」

大河では、この「すずかけに」の、「かけに」から音声が始まっています。なぜー?

やがて鬼女の姿になった六条の御息所が現れます。



おシテの六条御息所の上半身の装束の模様。鬼の定番のこれ。



鬼の装束についてはこちらの過去記事に→→→
鬼女か否かの見分け方は装束にあり。「安達原」島熊山桜能


そして、面は「般若」。


このイラストは「M/Y/D/S イラスト素材百科」の「M/Y/D/S」様より利用規約に基づきお借りしています。イラストの転載はできません。

般若の上の部分は苦しみや悲しみの表情。
そして下の部分は怒りの表情。
角が生えるのは女の鬼だけ。


小聖は続けます。(大河で聞き取ってみよう(*^^*))

「不浄を隔つる忍辱(にんにく)の袈裟。赤木の数珠の刺高(いらたか)を。さらりさらりと押し揉んで。一祈りこそ祈ったれ」

不動明王の真言「曩莫三曼多縛日羅赦(なまくさまんだばさらだ)」をとなえ、葵上に迫ろうとする六条御息所の怨霊と激しく戦います。

お囃子のみが流れる中を二人の攻防は続きます。これを「祈(イノリ)」といいます。(大河はここまででした)



たとえどんな悪霊でも行者の法力尽きるものか!と、重ねて祈祷し続けます。

祈り伏せる言葉については、過去記事をご覧ください。→→→
「安達原」で鬼を祈り伏せる言葉の数々・島熊山桜能



行者に祈られて、六条御息所の怨霊は苦しくて下を向きます。すると、「般若」の面の苦しみや悲しみの表情が現れます。
しかし、逆襲し襲い掛かるときには顔を上げて、口を開けた怒りの表情で行者に向かっていきます。

二つの表情を一つの面で表している「般若」の能面だから表現できる場面です。(古式の鬼女の面と能面との相違点)


激しい争いののち、六条御息所はついに法力に祈り伏せられます。

「あらあら恐ろしの般若声や。これまでぞ怨霊この後又も来るまじ」と、 ふと我に返って気付いた浅ましい我が姿を恥じ、最後は心を和らげ成仏します。

おしまい。


能楽「葵上」のおシテ、六条御息所。
高貴な女性の嫉妬の執念がこの曲の主題です。
女の嫉妬に狂う激しく醜い姿であっても、気品漂うしっとりとした品位が求められる難しい曲です。


参考文献
観世左近著「観世流百番集」より『葵上』(檜書店発行 昭和45年版)



皆様の応援のおかげで更新頑張れます。見逃した方はぜひ再放送で。どアップの般若の面が映ります。うふふふふふ。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 古典芸能へ




ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

口から血ぃ流してニヤつく桐谷美玲ちゃんがかわいかったです(こなみ
だしちゃん登場の頃はあー( ゚Д゚)って感じでしたが回を重ねるごとによくなっていてかなり好きになってました。

能はさっぱりなんですが(つか、古典芸能自体さっぱり)、つねまるさんの解説はすごくわかりやすいですよねぇ。
そっかぁ六条御息所だったのかぁ(なんかかなり感動しています)。

No title

 さすが、つねまる様。 私もNHKの官兵衛を観ていて、「オッ、能だ!」 と少し気を惹かれましたが、流派は?→京近くなら金剛?→上村松園→舞妓 と恥ずかしい連想。 葵上は稽古しましたが難しかった! 事前に2013/02/03のNHK・FM放送(シテ・地頭 岡久廣師)の謡を聞いてから稽古に臨んだのですが・・・・・ なお、おシテ岡師の強い声が鬼女物にぴったりで、繰り返し聴いています。

さかした様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

だしちゃん、可愛かったですねえ。最後はよかったですよねえ。
血ぃだらーっとしただしちゃん、そうだ、その目を忘れるなー!っと応援しました。

古典芸能は、楽しいですよん。「葵上」は、嫉妬に狂った貴婦人が化けて出てきて鬼になってやっつけられた話。ほーら、簡単でしょお?

ガラスの仮面の「紅天女」を能楽にして下さるお茶目な先生もいらっしゃるのですよー。それが実は当代きっての名手の梅若玄祥先生ってとこが、ツボなんですが…えへ。

お気楽に楽しんでくださいませ。

chorusan様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

岡久広先生!大阪で「放下僧小歌」の仕舞を拝見しました。
師匠が「岡先生のは東京流の放下僧なんやで。しっかり拝見しいや」と仰ったように、緩急が大きなメリハリのあるお舞台でした。
お声も太くて朗々とされていたのをすごく覚えています。

今回の大河では、能楽場面に出演される先生方もふつーに、キャストの流れにクレジットされているので、巻き戻して確認してます。

普段関西では拝見できない先生方がいらっしゃって、とても楽しいです。

舞妓さんは、chorusan様の脳内変換でのお楽しみですねー。うふふ。

「葵上」は、枕乃段の仕舞から入ったので、素謡のとき「思い知らずや。思い知れ」と続けて謡ってしまいました。

もちろん先生からは、「んー。わかるけどな、ちゃうねんな。本、ちゃんと見なさい。めっ」と叱られましたよー。えへー。

No title

こんばんは。
コメント有難うございました。

あの場面、「葵上」 だったんですか。
私、お能はさっぱり分からないもので(汗)
関係ないけど、源氏物語の女性の中では、プライドの高い葵上が1番好きで、子供の名前に頂きました。

『史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅』  素敵ですねぇ。
またお邪魔させて下さい。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

衣装で見分けるとはシランカッタ

戦国時代の人は・・・・見てて意味判ってる・・はず。

もともと源氏物語は男性が読んでた。

R指定?されたのって江戸期だった記憶が・・汗

万見仙千代様

こんばんは。はじめましてです。ご多忙の中、弊記事までお越しいただきありがとうございます。

葵上がお好きだったのですか。昔は彼女の良さがわからず、もっと甘えたらいいのになーっと単純に思ってました。

現地に行くと、ついつい海辺や川岸で遊んでしまったり、ぼけーっとして時間がなくなります。駄目ですねえ。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

時乃★栞様

こんばんは。ご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。なのに、いつもいつも読み逃げしてて申し訳ないです。

能楽はねえ…通になったら物凄く奥深いのでしょうが、日々のお稽古はまるで体育会。情緒より動けー!ってな具合で。
装束の模様のおされ感は半端ないです。細かい模様がそりゃもう、いろんな曲を象徴して…るらしいです。

大人指定かあ。江戸時代は日常が大人指定のくせに、愉快ですわ。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼