FC2ブログ

楠正成と湊川神社。神能殿へおでかけた

こんにちは。

土曜日、ちょっくら阪急電車でおでかけしました。


湊川神社です。通称、なんこうさん。

交差点のまっただ中に鎮座ましましてます。門を背にすると


ね。


門を右に入ると、「嗚呼忠臣楠子之墓」


水戸光國が建立した、楠正成の碑です。(画像:湊川神社。上記墓の前)


楠正成(大楠公)は、永仁2(1294)年、河内国赤坂水分(大阪府千早赤阪村)に生まれ。元弘元(1331)年、正成38歳の折、鎌倉幕府を倒して天皇自らが政治をとり、れっつメイク・ベター日本!な後醍醐天皇に応え、天皇の許へ。

が、後醍醐天皇は捕らえられ隠岐島に配流。

それに臆せず、れっつふぁいといけいけどんどん!したのが、河内国の千早城の楠木正成。



正成公のいけいけどんどんな快進撃は全国の勤王軍への加勢を促し、ヘタレな北条氏率いる幕府軍は敗退。

建久3(1192)年から続いた鎌倉幕府は、ついに滅亡。

都に戻った後醍醐天皇親政による「建武の中興」も長くは続かず、鎌倉幕府打倒に尽力した足利尊氏の謀反を発端として、再び戦乱。

勅命を受けた新田義貞&正成は一旦は尊氏を九州へ追いやるものの、


尊氏、戻ってきた。

兵庫で迎えたのが、再び、新田義貞&正成。

正成はやばいと思ったか、桜井の駅(大阪府三島郡島本町桜井)で、御子の正行(小楠公)に後事を託して別れ。


桜井の別れ、です。

足利尊氏&直義(弟)連合は、大軍。一説に数万。
対して数百の正成軍は16度も激しい戦いをしたといわれますが、ついにここ、湊川で


弟・正季ら一族と刺し違えて、殉死。

このとき誓ったのが、


うん、違うね。


「七生滅賊(しちしょうめつぞく)」。

七度生まれ変わっても、国賊・足利を滅ぼしたる!です。


楠正成が湊川で討死にしたその後も、正成の子孫達は足利幕府に抵抗し続けました。

 1429年には楠光正、1437年には楠兄弟、1447年には楠雅楽助らが足利幕府に反旗を翻し、楠一族の抵抗が終息した7年後。

「応仁の乱」。

足利幕府崩壊。

終始一貫、朝廷側で奮闘した正成。

特に幕末明治後、朝廷側の忠臣として光輝くこととなりました。


明治元(1868)年、明治天皇は正成の忠義を後世に伝えるため、神社を創建するよう千両を添えて、勅命を下します。

明治2(1869)年。御墓所・殉節地を含む7,232坪(現在7,666坪)を境内地と定め、明治5(1872)年5月24日、創建されたのがここ、湊川神社。


ふぅーん。


嗚呼忠臣楠子之墓。きっふんに乗ってます。


碑文のてんこく。


菊水は、あんまりいいイメージがないなぁ。

で。

私らしくなく明治創建の神社へ来たのは


阪神囃子同盟(阪神間のお囃子方の団体)主催の催しを鑑賞に。


湊川神社には、神能殿という能楽堂があるんですよー♪


天王寺楽所による舞楽「萬歳楽」、能「羽衣」、舞囃子などもりだくさん。

すっごく楽しみにしてて、すっごく楽しかった舞台でした♪
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

おはようございます

私事ですが、水戸光圀の歴史書は、
偏向の感じをしていますが。

特に「楠正成」関係は後の明治前の反徳川思想に、
繋がって来たようだと思えます(勝手な想像かな?)

個人的には足利の方を贔屓しています。
新田勢は多摩地区で敗走の折に、
国分寺など放火して逃げたなど聞くと、
贔屓したくなくなります。



内緒様

こんにちは。いつもありがとうございます♪

早めに現地について、わっくわっく♪しながら狛ちゃんずに会ってきました!

私はタブレットで代替してます。パソコン、昇天しました…((T_T))

one0522様

引き続き、コメントありがとうございます!

ご指摘の通りだと思います。水戸学、きらーい。明治、きらーい。

現在も旧水戸藩徳川家と湊川神社の繋がりは強く、神社からのご寄付多々。あんまり、好きじゃないです。

明日から明治神宮で、文楽の公演があるんですよー。
チケット完売ですが、無料で見れるとこがあるようです。

わざわざ舞台を建造しての上演なので、すごいなぁ、と。

見に行くぅー!と叫んでたら「国立文楽劇場があるでしょ」と突っ込まれました。ちがーう、普段と違うとこで見るのがいいんですっ。

お仕事関連のとこでもお休みのときに行くと、楽しいですね。

春は、石山寺、宇治、野宮神社(源氏物語公演)、伏見稲荷(「小鍛冶」で三条宗近の相槌を稲荷明神が勤めた)などへ行くつもりです。チラシ持参でーす♪
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼