FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関西学生能楽連盟春季大会

こんにちは。

大阪で起きた地震の折りにはご心配賜りまして、心より御礼申し上げます。おかげさまで、最後まで残っていた大阪モノレールが全通開通し、公共交通機関はこれで全て復旧したそうです。

※6月24日追記
大阪モノレール、車両点検のため本日より終日運休。再開未定になりました。

まだ、同じ北大阪でもライフラインが復旧していない地域があり、1日でも早く元の暮らしに戻るよう祈っているところでございます。

さて、地震の前日、日曜日。


大阪市中央区の山本能楽堂へおでかけしました。

この日は、関西学生能楽連盟の春季大会。


今年でなんと、65回目。つまり、65年間も続いている催しなのです。

大学の入学式の日に、うっかり能楽部ブースを覗いてしまったのが運のつき。ズブズブと底無し沼にはまり、今に至る。

ほほ。

まさかお仕事になるとはなー。


この山本能楽堂は、私が在学中、通ったとこです。

多いときは週に4日以上。お稽古はもちろん、週末は催しのお手伝い、夏休みは虫干しのお手伝い、年末は大掃除のお手伝い。


観客席(見所=けんしょ。といいます)が桟敷席で、味わい深いです。


番組とパンフレット。

現在は、関学、関大、神戸女学院大学、甲南、武庫川女子大が加盟、総勢百人弱。

私が現役の頃は、この他に、大阪市立大学、大阪歯科大学、近大、神戸大、大阪樟蔭女子大、帝塚山大学(ここのみ金春流、ほかは観世流)があり、総勢200名以上の大所帯でした。

どうしても各大学とも部員数の減少は否めず、廃部になった大学もあり、今加盟していても存亡の危機である大学はあります。

そんな部員不景気ななかでも、こうして会を続けてくれた現役さんと各大学の師匠、連盟顧問の先生方には感謝の言葉以外にありません。

まーーーーったく能楽を知らないのに、美人あるいは男前の先輩がいるとか、昼飯おごってもらえるとか、ノートがもらえるなど、ふじゅ・・・けほん、様々な理由で、ちょーマイナーな能楽部へ入ってしまった不運な子達の集まりの能楽部員ですが、実はこの学生さん達ってのは特別な存在で。

能楽部から玄人になった人は多いです。春季大会の講演でも顧問の先生がお話されてました。

玄人になったとして、食べていけるんか?社会保障面では辛いぞ、という不安がある元企業人としては、それよりも、ほんとは、玄人にならなくていいから、卒業してからもお稽古を続けてほしい子達です。

学生の4年間で、ゼロから能のシテをつとめることができるまでに成長します。

無論、その影には師匠の指導やOB.OGによる協力がありますが、

学生の4年間は一般のお社中さんの10年以上に相当する、といわれております。

どの部活でも言えることですが、学生時代、ひとつのことに熱中した経験は、基礎から叩き込まれ、ちょっとやそっとじゃ忘れないほど実はこっそり身に付いているのだと思います。

卒業したあとは他のことしたいとか、時間的な余裕、金銭的な余裕がないのは百も承知で、年に一度の自分の出身校の自演会に賛助出演するとか、ふらーっと師匠の稽古場へ遊びに行くとか、何らかの形で触れ続けてほしいです。

そしてなにより。

年に一度だけでも、ほんとに素晴らしい先生の舞台を見てほしい。

先日、梅若万三郎先生と塩津哲生先生他、名手勢揃いの能「大原御幸」を拝見して改めて思いました。


様々な理由で、今、絶対に見なくてはならない舞台ってのはあります。

私は学生時代に、先代の観世銕之丞先生、片山九郎右衛門先生、大槻秀夫先生など東西問わず大勢の素晴らしい先生方の舞台を拝見したので、それがとても心に残っています。

チケット代でバイト代や仕送りが雲散霧消しましたが。

そんな番組に出会ったならば、中途半端ではなく、本気で能楽に取り組んだ能楽部面々なら舞台を見れば何かが心にずどーんっと来ると思います。

そしてこれは、能を見たことない方々にもお伝えしたいことでもあります。見たことがないからこそ、本物を見なくては、能楽ってつまらないとか、退屈、と思われかねません。

地元にこんな人来るのよ。これ、どう?等という疑問がありましたら、まず、その方について検索してみることをお勧めします。
大方、感想や批評等の記事がヒットします。

まー、そんなこんなを語った気がするけど、大部分は大爆笑してたから、楽しい話をしてたであろう、春季大会後の宴会を経て。

うん、真っ昼間の午後3時過ぎから宴会で、謎の鍋なんかをつつきあった後で。

師匠が「同じ値段ならうまいもん食おう飲もう」と言うので何人かと某国ホテルへ場所替え。



これを見た師弟の会話

「うおお!銀座のマグロはシュッとした顔してます!」
「回ってへんやろ?」
「次回はぜひ、立ち食い席行こっ」
「新大阪にあんで♪」
「うどんやん」
「うまいやん?」
「うまいけど、シュッとしてません」
「大阪やもん♪」

大阪へ来て人生半分以上を過ごしてますが、いまだに大阪人はわかりません。


ぜってぇ同じ値段ちゃうわ!と突っ込みつつ、楽しい時間を過ごしました。

ビールのあと、てんてーの貴重なほにゃらというボトルを飲み干したり、肉を食べたり肉を食べたり肉を食べたりパンケーキなんかも食べた気がします。

現役さんに、デートでカクテル飲むときは、グラスの形に注意しろとか、おばちゃん化したのはないちょ。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。