FC2ブログ

天女の息子は誰だ?余呉湖羽衣伝説もうひとつ

こんばんは…昨夜は、こてん、っと沈没したお子ちゃまです。
さて、余呉湖天女の羽衣伝説の第二段。

「近江国風土記」の羽衣伝説では、まんまと(こら)天女と子供をなした伊香刀美ですが、羽衣を取り返した天女は一目散に天へご帰宅。

最後には「伊香刀美、独り空床(からのとこ)を守り、嘆詠すること断まざりき。」な結末になりました。


和歌は皆様ご存じの小倉百人一首ですが。


余呉湖のある伊香地域には、もうひとつの羽衣伝説があります。
これは昔話として伝承されてきたお話です。


ある日、余呉湖湖辺の村、川並の桐畠太夫が漁をしていると、どこからともなくいい香りがしてきました。



香りに惹かれて歩いていると、一本の柳に色鮮やかな薄物がかかっています。


振り返れば美しい天女が。



天女は「私は天に住む者。余呉の美景に憧れて年に一度、水浴びしてます。羽衣がないと帰れないの。返してくださいっ。」と、懇願します。
しかし、桐畠太夫は羽衣を隠して返しません。


争った果てに、天女は諦めて桐畠太夫の妻となります。


天女は毎日天上界の事を思い泣き暮らします。やがて、一人の男の子を産みました。(あら不思議)

ある日、「おまえの母は天女様 お星の国の天女様 おまえの母の羽衣は 千束千把の藁の下」と子守が歌うのを聞いてしまいます。



天女、裏庭の藁の下を探します。


もしもし、そこは茶畑ですが。


ありました!世紀の大発見です!羽衣、ありました!


ごもっとも。

天女は天へご帰宅あそばしました。
残された男の子は母親が恋しくて泣き続けます。

その声、法華経の如し。



それ故、余呉三山のひとつ、菅山寺の僧・尊元阿闍梨職がその子を引き取ります。

後に菅山寺に参詣した菅原是善卿が、その子に惚れ込み養子として引き取り育てました。

その子こそ、かの菅原道真でした。



これが、道真誕生伝説として『日本地誌大系』に記載のあるお話です。

成長した道真は勅使として再び川並の土地に来て、生い立ちを語ります。それにより、余呉の川並に道真の像を祀りました。それが史跡として残る北野神社なのです。
(もとは余呉町字川並砂新田にありましたが、現在は移転し稲荷神社を合祀されて長浜市余呉町川並にあります。)



【天女まめまめ知識】

天女が現れるときには、前触れがあります。
まず、虚空に音楽が聞こえてきます。それを奏でるのは迦陵頻伽。

音楽に続いていい香りがして、お花が飛び交う中、天女が現れます。

★能楽「吉野天人」の一節★
迦陵頻伽の音楽だけ残して立ち去った少女(おとめ)を待つ僧(ワキ)が謡います。

『不思議や虚空に音楽聞こえ。異香薫じて花降れり』

はい。空想してください。そこへ、シテの吉野天人が登場。


★能楽「羽衣」の一節★
白龍という漁夫が羽衣発見の場面。白龍(ワキ)が謡います。

『我三保の松原に上り。浦の景色を眺むる処に。虚空に花降り音楽聞こえ。霊香四方に薫ず。これ常事と思はぬ處に。これなる松に美しき衣掛かれり。寄りて見れば色香妙にして常の衣にあらず』

おおおー!見つけちゃったー!大変だー!

です。




いつも応援いただきありがとうございます。「近江国風土記」よりも人間くさい天女が母とは、菅原道真、恐るべし!ここは素直に驚いておくのが大人ってもんです。はははー。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぼっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

そうだったのか!!!

道真公のお話、変に感動してしまいました。
多いのもありますが、天満宮によくぶち当たるので馴染み深いんですよね。
牛さん居たら幸せ。

でもあれですね、羽衣盗った男も天女もあまり性格よくないですね(小声

さかした様

こんばんは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

ねねね、性格わるいですよね。ひそひそ。私ならどん引くんですけどね、ひそひそ。さらっと流してお話しましたけど、ね。

西洋の物語なら「結婚しました。めでたしめでたし」ですが、日本の場合は結婚後の顛末まで語り、概して悲しい結末を迎える、ってのが学者さんの見解らしいんですよー。

リアルですよねえ。


おお、面白いです!

天女伝説の天女、双方とも強いですね!
羽衣見つけた瞬間におさらばとは・・・。
旦那がイケメンだったらまた結果は違ったんでしょうが・・・。

菅原道真の話は初めて知りました。
しかし法華経のような泣き声とはまたすごい泣き声ですね。
安芸門徒の母は、父方の法華宗の読経を初めて聞いた時に、
「こんな騒がしいのが御経!?
 私なら五月蠅くて永眠りから覚めるわ!」
と思ったようで、そんな泣き声で泣かれたら
そりゃあ父さんもイクメンする前にノイローゼになるだろうなあと思いました。

トロロヅキ様

こんばんは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

天女にしてみれば、人間ふぜいがこのわたくしを妻にするなんてー!きいー!っと、ずーっと思ってたんでしょうね。

でもまだこの二つは、強引に子供を作っても置いてきぼりくらって寂しい独り身逆戻りの旦那のお話と、法華経の泣き声のおかげでいいおうちに引き取られた息子道真のお話で、まだ笑ってすませられる範囲なのですが…。

もっとひどぉいお話があるので、お楽しみにねー。

実は今日は長浜も散策。長浜城がえらいこと混んでまして。まー、驚いたー。今回は浅井長政の気遣いし過ぎ文書が満載でした。

プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼