南極観測船ふじ。名古屋港で博物館になって30年

こんにちは。


南極観測船ふじと、愛知県警の海のパトカー。


海ってだけで、何故かかっこよく見えるマジック。


海でも赤色灯を回して、ピーポーピーポーっていうのかな。


南極観測船ふじは、今は博物館。


海上自衛隊艦番号AGB-5001。

昭和40年(1965)年3月18日に進水、7月15日に竣工。

同年から南極観測船としての役割を海上保安庁の「宗谷」より引継ぎ、昭和58年(1983)年4月まで海上自衛隊により運用され南極地域観測隊輸送に従事。(wikipediaより引用)

1984年4月11日の退役後、翌年から名古屋港で「南極の博物館」として係留。一般公開されています。



日本初の極地用の本格的な「砕氷艦」です。


ブリッジ。


脱出です。


お船って、あっちこっちにお名前が書いてあるので探すのが楽しいです。


寒いだろうなー。


自衛隊のお船にも同じようなのがありました。

あっちは偵察、こっちは観測。


泳げるかどうか以前に凍死しそうです。


日本から南極まで約1ヶ月。現地でのお仕事含めたら長期間ですもんね。


ふじと昭和基地間の輸送を担うヘリコプターです。


前任の宗谷は海上保安庁管轄でしたが、

1963年8月20日の閣議決定「南極地域観測の再開について」において、輸送手段を防衛庁の担当とし自衛隊法を改正の上、新南極観測船は防衛庁が運用することに。

なので、ヘリコプターには「海上自衛隊」のロゴ。


カタカナってむずかしい。ほほほ。


うふふ。


おっきなネジみたいなのは


ふじのスクリュー。


・・・です。

そして、ふじに背を向けて


タロジロです。


いつも応援いただきありがとうございます。
そ、そうか。名古屋港へふじが来てから30年かぁ。早いなー。朝のお散歩で立ち寄ったので内部は見てませんが、確かここにもリアルマネキンな人達がいたような。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ

お手数をおかけ致します。ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは

南極観測船ふじ・・・男の子時代のアコガレでした。
今は名古屋にいらっしゃるのですねぇ。

ふじには乗ったことありませんが、宗谷には乗ったことあります(自慢)
港まつりの一般公開の時ですが・・・

タロとジロ、懐かしいですね。

No title

タロジロは帰って来れたけど一緒に行った他の子はダイピニス。。。
みんなみんな、お気の毒な事です。

こんばんは

ふじ
中を見せてくれるんですね。
こういうの大好きだから、見てみたいものです。
長ーい航海だから、床屋さんからお医者さんから、何もかもあるんでしょうね。
長い航海とか宇宙ステーション生活とか、要するに外界と隔絶された所でお仕事をされる方は、本当に尊敬します。
私だったら、絶対に耐えられないもの。

No title

こんにちは。お邪魔します。
ご無沙汰しちゃいましてすみません~

南極観測ふじ、懐かしい響きです。
今は名古屋港で展示されているのですね。
タロジロちゃん方が狛犬さんされているんですねー!!♡
(守っているんか怒っているのかビミョーですが・・(^^;)

オトーサン様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。
お返事が遅れて申し訳ございません。

そー。

ふじさん、女の子だってアコガレて、いそいそと見に行ったもんですわよー。

宗谷、いいなー。いいなー。

フェリーじゃないお船って、ワクワクしますよね。

タロジロ、もっとくまくましてると思ったら、わんこらしい子達でちょっとびっくりでした。

お風呂に入れたら、ちっちゃいかしら?

山田様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。
お返事が遅れて申し訳ございません。

そーなんですよねぇ。

いろいろと調べると、奥が深いお話のようですね。

ついついセンチな気持ちが先走りますが、冷静な視点で見ないといかんこともあるのだなぁと感じています。

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。
お返事が遅れて申し訳ございません。

そーなんです。ふじ、中を見学できるんですよ。

そして内部では、生野銀山のごときシュールなマネキンがお迎えしてくれます。

お医者さんは必須ですが、特に歯科治療室があるのが、興味深いです。
やっぱし、歯は大事ですね。

事務所に半日いるだけでもうんざりなのに、閉鎖的な空間で長期間暮らすのは想像を絶しますわ。

むりー。

おきまちあき様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。
お返事が遅れて申し訳ございません。

こちらこそご無沙汰しておりまして。

そー。懐かしの南極観測船ふじくんですが、名古屋港へ来てから30年。

あっ!ちゅー間でございます。

そして、名古屋港のこまーず、タロジロ。うふ。

怒りながらおまもりしてるので、すこーし荒っぽいかもしれません。

もふもふの毛なので、雨の日はチワワんになってるかも。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ブログの投稿!

毎日の投稿は大変です!老生3年前かSNSのFACE BOOKの「綾部の文化財」(応援する有志)と個人のFACEBOOKをやらざる羽目になって大変です!毎朝4時おきでメールのチェックとFACE BOOKの個人と同上をやっています!体力の限界を感じますね!つねまるさんも2日に一度の記事で良いと思慮します!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ご挨拶

ご無沙汰しておりました。
おやすみされるのにビックリいたしました。
早いお帰りをお待ち申し上げます。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼